« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

【日程変更のご連絡】15年向け2次アドバンス講座・答練<通学クラス>

『2次アドバンス講座・2次アドバンス答練』 スケジュール変更のご案内

平成27 年度1次試験日程の発表に伴い、下記広告物における掲載講座の日程変更が生じました。つきましては、
下記変更後のスケジュールをご確認いただき、お間違えのないようご注意ください。受講生の皆様におかれまして
は、お手数をおかけいたしますが、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

■【対象コース】
①2 次アドバンス講座および答練が含まれる講座・・・・・ 1 次2 次ダブル合格コース/2 次合格レギュラーコース
②2 次アドバンス答練が含まれる講座・・・・・・ 1 次2 次プレミアム合格コース/1 次2 次速修コース

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.lec-jp.com/shindanshi/support/pdf/NV1506007_15upper_teisei.pdf

| | トラックバック (0)

【経営情報システム】 平成21年度 第20問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【経営情報システム】 平成21年度 第20問 暗号化・SSL(5)

 インターネットでの暗号通信としてSSL(Secure Socket Layer)が広く利用されてい
る。今日ではさらに、より安全性の高い次世代SSLとしてEVSSL(Extended Valida
tion SSL)が普及しつつある。これに関する記述として最も適切なものはどれか。

ア EV SSLの利用で、中間者(man-in-the-middle)攻撃を回避できる。

イ EV SSLは証明書に、SSLサーバ証明書では必須でなかったドメイン名を記載し
 て、サーバを特定している。

ウ SSLと異なりEV SSLでは、発行者の住所(事業所所在地の要約)が証明書に、記
 載され、証明書から発行者の実在性を高いレベルで確認できる。

エ SSLはセッション層(レイヤ5)で暗号化するが、EV SSLはIP層(レイヤ3)で
 暗号化するので、より安全である。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<参加無料・予約不要>1次本試験 超・直前イベント

①最終チェック!小規模企業振興基本法・2014年白書
 小規模企業振興基本法は、中小企業政策転換という側面を持ちます。
 直前期に、確認の意味も込め、小規模企業の特徴と、2014年白書から小規模関連で注意
  しておきたいポイントを概観します。

 担当講師:小松 秀春 LEC専任講師

■日時等

8月1日(土)
 14:30~15:30

実施校:新宿エルタワー本校

 ※同時配信あり
 ※新宿エルタワー本校での生講義を各本校へ同時中継いたします。
 ※札幌本校につきましては、16:00~「決起会×出題テーマ予想」のみ同時中継いたし
   ます。
  同時配信校は変更になる場合がございます。最新情報はLEC診断士ホームページにて
  ご確認ください。

詳しくはこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/1ji/event/taisaku/

②1次超直前決起会×出題テーマ予想
 1次試験まで残り1週間。受験生の皆様を講師陣が最後まで応援いたします!
 前日・当日の心構えから本試験出題予想まで大庭講師が伝授します!
 合格への決意を強固なものとし、万全な状態で本試験に臨みましょう!
 
 担当講師:大庭 聖司 LEC専任講師

■日時等

8月1日(土)
 16:00~17:30

実施校:新宿エルタワー本校

 ※同時配信あり
 ※新宿エルタワー本校での生講義を各本校へ同時中継いたします。
 ※札幌本校につきましては、16:00~「決起会×出題テーマ予想」のみ同時中継いたし
   ます。
  同時配信校は変更になる場合がございます。最新情報はLEC診断士ホームページにて
  ご確認ください。

詳しくはこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/1ji/event/chokuzen/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
インターネットの利用において、より信頼性の高い暗号通信を行う際に必要となるEVS
SL(Extended Validation Secure Socket Layer)証明書に関する出題である。現在、
広く利用されているSSL(Secure Socket Layer)は、共通鍵暗号方式や公開鍵暗号方
式を組み合わせた暗号化やデジタル証明書を利用したデータの改ざん検出などを利用し
た仕組みである。EV SSLでは、通常のSSLよりも高い信頼性を提供するため、サ
ーバ証明書発行時に厳格な実在証明審査が行われる。マイクロソフト社のInternetExplor
er 7 等ではEV SSL証明書を提供しているサーバにアクセスした際にアドレスバーが
緑色で強調表示され利用者にサイトの信頼性が高いことを示す仕組みが導入されている。
SSLに関する問題が、平成16 年第16 問で出題されている。内容を確認して欲しい。

ア 適切である。 中間者攻撃とは、偽サイトへ誘導しそこで個人情報を入力させるフィッ
シング詐欺などの「なりすまし」の手口である。なおフィッシングとは、偽装したメール
やWebサイトで利用者を偽のホームページなどに誘い、個人情報などを不正に詐取する
行為である。フィッシング対策協議会が2008 年9 月に発行したフィッシング対策ガイド
ラインによれば、サイトを運営するサービス事業者が実施すべき複数の対策の1 つに、重
要情報を入力するページはSSLで保護することが挙げられており、特にサーバ証明書に
ついてはEV SSL証明書の導入によりWebサイトへより高い信頼を与えることが記
載されている。EV SSLの利用が即フィッシング対策になると考えるよりは、より信
頼性の高い技術の採用、運用面の工夫、利用者への啓蒙・教育を通じてセキュリティの向
上を図ることが必要である。EV SSLの利用で中間者攻撃を回避できると断言しづら
いが、他の選択肢と比較して最も適切と考えられる。

イ 適切でない。 ドメイン名の記載はSSLサーバ証明書でも必須の記載項目である。

ウ 適切でない。 EV SSLでは、証明書に記載される事業所所在地の要約はウェブサ
イト所有者の住所であって発行者の住所とは異なる。証明書から実在性を高いレベルで確
認したい対象は、発行者ではなく発行を受ける所有者であるため、適切でない。

エ 適切でない。 EV SSLはセッション層(第5層)で暗号化をする。これは、SS
Lも同様であってIP層(第3層)で暗号化するものではない。なお、IP層で暗号化する
プロトコルにはIPsec等がある。

よって、アが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

【経営情報システム】 平成20年度 第15問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【経営情報システム】 平成20年度 第15問 暗号化・SSL(4)

 ある企業B社では、役員の確定申告に際して電子申告を奨励することになった。電子申告を始めるためには、最初に開始手続を行うが、その手続の1つとして認証機関から電子証明書を発行してもらう必要がある。この電子証明書についての説明として、最も適切なものはどれか。

ア 公開鍵で暗号化された文書を復号する際には、通常は私有鍵が使われるが、電子証明書がついている公開鍵であれば、その公開鍵で復号することができるという利点を持っ ている。

イ 公的個人認証用の電子証明書を発行するのは信頼のある公的機関であることが必要であり、具体的にはGPKI(政府認証基盤)がその役割を担っている。

ウ 電子証明書は、データの作成や送付をしたのが本人であることを証明するために、送付するたびに認証局より自動的に発行される。

エ 電子署名などに使う公開鍵が本人のものであることを証明するのが、電子証明書の役割である。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
e-Tax利用による電子申告を行う際に必要となる電子証明書に関する出題である。
暗号化/復号化に関する私有鍵(秘密鍵)/公開鍵に関する技術的な部分と、認証局(CA)と電子証明書、電子署名などのスキームに関する部分を問われた出題であった。スキームに関する部分は、企業経営理論の組織論の部分で労務管理に関する知識として訊かれることがあってもおかしくない内容であり、今後に注意が必要である。
「暗号化」に関する問題が、平成15 年第15 問(設問3)、平成17 年第16 問で出題されている。内容を確認して欲しい。

ア 適切でない。 公開鍵で暗号化された文書が、公開鍵で復号できてしまうのであれば電子証明書の有無に関わらず、暗号化自体が無意味なものとなってしまうため、そのような形式はない。あくまで公開鍵で暗号化し、私有鍵(秘密鍵)で復号するというのが、公開鍵暗号方式の基本である。なお、形式的に鍵を逆のパターンとして利用するのが「電子署名の生成・検証」である。

イ 適切でない。 e-Tax利用による電子申告で使用できる電子証明書※は、電子署名法の特定認証業務の認定を経た上で、政府認証基盤(GPKI)のブリッジ認証局と相互認証を行っている認証局が作成した電子証明書のうち、e-Taxで使用可能であることが確認されたものである。つまり、電子証明書の発行を具体的かつ直接的に担っているのはGPKI(政府認証基盤)そのものではなく、その相互認証を行っている認証局であり、民間企業による認証も可能である。

ウ 適切でない。 有効期限つきで発行され、システムにインストールされる形で利用される。ただし、有効期限内であっても、「秘密鍵の紛失や漏洩」「証明書を所有する資格の喪失」などで証明書が利用できなくなる場合がある。その際には、証明書失効リスト(CRL)が発行され、利用者に公開されることになる。

エ 適切である。 電子署名では、署名を検証した公開鍵に対する私有鍵(秘密鍵)を所有する人が署名した、ということを証明できるに過ぎない。よって、偽の公開鍵を送りつけることで「なりすまし」が可能になるため、公開鍵の所有者を証明する必要がある。この公開鍵の所有者を証明する目的で電子証明書の仕組みが考えられた。

よって、エが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

【経営情報システム】 平成16年度 第16問 設問2

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【経営情報システム】 平成16年度 第16問 設問2 暗号化・SSL(3)

 当社では、これまでレンタルサーバを利用してWebサイトを立ち上げていた。
しかし、社内からの提案もあり、自社Webサーバを独自で構築・管理することにし、Webサーバによる情報発信に加えて、社内外から社員のコミュニケーションを図るため、グループウェアを導入することとした。
 グループウェアに社外から安全にアクセスできるように、SSLを使うことにした。これについて最も適切なものはどれか。

ア SSLのサーバかぎは作成時点でroot 権限者(root ユーザ、スーパーユーザ、また はアドミニストレータ)も読めないようになっている。

イ SSLの推奨ポート(well known port)番号は433 番である。

ウ SSLはWebサービスで利用される一機能であるが、FTPでも使用できる。

エ サーバ証明書にある公開かぎで秘密情報を暗号化して通信する。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<参加無料・予約不要>1次本試験 超・直前イベント

①最終チェック!小規模企業振興基本法・2014年白書
 小規模企業振興基本法は、中小企業政策転換という側面を持ちます。
 直前期に、確認の意味も込め、小規模企業の特徴と、2014年白書から小規模関連で注意
  しておきたいポイントを概観します。

 担当講師:小松 秀春 LEC専任講師

■日時等

8月1日(土)
 14:30~15:30

実施校:新宿エルタワー本校

 ※同時配信あり
 ※新宿エルタワー本校での生講義を各本校へ同時中継いたします。
 ※札幌本校につきましては、16:00~「決起会×出題テーマ予想」のみ同時中継いたし
   ます。
  同時配信校は変更になる場合がございます。最新情報はLEC診断士ホームページにて
  ご確認ください。

詳しくはこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/1ji/event/taisaku/

②1次超直前決起会×出題テーマ予想
 1次試験まで残り1週間。受験生の皆様を講師陣が最後まで応援いたします!
 前日・当日の心構えから本試験出題予想まで大庭講師が伝授します!
 合格への決意を強固なものとし、万全な状態で本試験に臨みましょう!
 
 担当講師:大庭 聖司 LEC専任講師

■日時等

8月1日(土)
 16:00~17:30

実施校:新宿エルタワー本校

 ※同時配信あり
 ※新宿エルタワー本校での生講義を各本校へ同時中継いたします。
 ※札幌本校につきましては、16:00~「決起会×出題テーマ予想」のみ同時中継いたし
   ます。
  同時配信校は変更になる場合がございます。最新情報はLEC診断士ホームページにて
  ご確認ください。

詳しくはこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/1ji/event/chokuzen/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
SSLに関する知識の理解を問う問題である。

アは不適切である。サーバ鍵はroot 権限で読むことが可能である。

イは不適切である。SSLのポート番号というものはなく、SSLを利用する上位プロトコル別にポート番号が異なる。たとえば、HTTPでSSLを利用する場合(HTTP over SSL)のポート番号は、443 である。このほかにもFTPでSSLを利用するポート番号(989番、990 番)や、POP3でSSLを利用するポート番号(995)などがある。

ウは適切である。SSLは、OSI参照モデルの第4層(セッション層)で機能するため、HTTPやFTP等の上位プロトコルの暗号化が可能である。

エは不適切である。サーバ証明書にある公開鍵で送るものは、クライアントが生成する乱数である。その乱数からサーバ鍵とクライアント鍵を作成する。秘密情報は、サーバが送付する際はサーバ鍵で暗号化し、クライアントが送付する際はクライアント鍵で暗号化する。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

【経営情報システム】 平成15年度 第15問 設問3

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【経営情報システム】 平成15年度 第15問 設問3 暗号化・SSL(2)

 インターネットでの通信販売を行っている会社がある。Webサイトで顧客から受注し、クレジットカードで決済するので、情報セキュリティが重要である。
 顧客とのデータ交換や顧客データの管理を安全に行うために、暗号化について検討している。利用する暗号についてのアドバイスとして、最も適切なものはどれか。

ア SSLは、公開かぎ暗号、共通かぎ暗号、ハッシュ関数のすべてを使っており、安全 性が高いので利用すべきである。

イ WebサーバでSSLを使えば、データは暗号化されているので、ファイルサーバは、 ファイアウォールで保護する必要はない。

ウ アルゴリズムが公開されている暗号方式は、解読される危険があるので、できれば使 わない方がよい。

エ 公開かぎ暗号ではブロック暗号が使われ、共通かぎ暗号ではストリーム暗号が使われ るので、状況に応じて使い分けるのがよい。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<参加無料・予約不要>1次本試験 超・直前イベント

①最終チェック!小規模企業振興基本法・2014年白書
 小規模企業振興基本法は、中小企業政策転換という側面を持ちます。
 直前期に、確認の意味も込め、小規模企業の特徴と、2014年白書から小規模関連で注意
  しておきたいポイントを概観します。

 担当講師:小松 秀春 LEC専任講師

■日時等

8月1日(土)
 14:30~15:30

実施校:新宿エルタワー本校

 ※同時配信あり
 ※新宿エルタワー本校での生講義を各本校へ同時中継いたします。
 ※札幌本校につきましては、16:00~「決起会×出題テーマ予想」のみ同時中継いたし
   ます。
  同時配信校は変更になる場合がございます。最新情報はLEC診断士ホームページにて
  ご確認ください。

詳しくはこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/1ji/event/taisaku/

②1次超直前決起会×出題テーマ予想
 1次試験まで残り1週間。受験生の皆様を講師陣が最後まで応援いたします!
 前日・当日の心構えから本試験出題予想まで大庭講師が伝授します!
 合格への決意を強固なものとし、万全な状態で本試験に臨みましょう!
 
 担当講師:大庭 聖司 LEC専任講師

■日時等

8月1日(土)
 16:00~17:30

実施校:新宿エルタワー本校

 ※同時配信あり
 ※新宿エルタワー本校での生講義を各本校へ同時中継いたします。
 ※札幌本校につきましては、16:00~「決起会×出題テーマ予想」のみ同時中継いたし
   ます。
  同時配信校は変更になる場合がございます。最新情報はLEC診断士ホームページにて
  ご確認ください。

詳しくはこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/1ji/event/chokuzen/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
暗号化に関する問題である。SSLは公開かぎ暗号、共通かぎ暗号、ハッシュ関数のすべてを使う。専門的であり、難易度の高い問題である。

イは、ファイアウォールによる保護がないと、ファイルサーバがインターネットから不正侵入させる危険性が高いため、誤りである。

ウは、「暗号方式のアルゴリズムが公開されている」から、「解読される危険性(暗号強度)」が高いという事実はないので、誤りである。代表的な暗号化方式であるRSA、DESなどもアルゴリズムが公開されている。

エは、「公開かぎ暗号/共通かぎ暗号」と「ブロック暗号/ストリーム暗号」には直接関係がないので、誤りである。なお、ブロック暗号とは、不定長の平文を先頭から順に一定の長さのブロックに区切って、ブロック単位で暗号化・復号化を行う方法のことである。逆に、1 ビット、または数ビット単位で暗号化・復号化を行う方法をストリーム暗号と呼ぶ。

よってアが正しい。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

【経営情報システム】 平成14年度 第3問 設問2

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【経営情報システム】 平成14年度 第3問 設問2 暗号化・SSL(1)

販売会社のWebサーバと購買者のWebブラウザ間の通信内容を第三者から秘匿するた
めに多く利用されているSSLの説明として、最も適切なものはどれか。

ア 公開鍵暗号方式を用いて相互認証するHTTPプロトコルである。

イ サーバの提供するWebぺージ上にスクリプトを記述する暗号方式である。

ウ サーバの提供する情報をハイパーテキスト化し内容を隠蔽することである。

エ ブラウザの要求に対してサーバが起動する暗号プログラムのことである。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
SSL(Secure Socket Layer)は、Netscape Communication 社が開発した暗号方式である。
公開鍵暗号方式により相互認証を行い、共通鍵暗号方式によりデータの暗号化を行う。SSL により、プライバシー情報やクレジットカード番号などの第3者に知られたくないデータを、盗聴、改ざん、なりすましなどの不正行為を防ぎ、安全にデータの送受信が行えることができる。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

「2015年中小企業白書・小規模白書概観」コンパクト学習

●●●登録者限定公開●●●

~中小企業経営・政策 強化対策!~

内容的には今年の診断士試験にはほぼ出ないとされる2015年中小企業白書・小規模白書ですが、本試験の作問者としては多少内容を意識しているものと思われます。どのような中身かを見ておくことで、2015年受験対策を強化します。

■担当講師

 小松 秀春 LEC専任講師

詳しくはこちら↓

http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/1ji/event/hakusho/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<無料体験講座>「1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義」

~初心者必須!無料ダイジェスト講義~

LECの看板講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジェ
スト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。7月は限定3回ですので、お見逃し
なく!!

【同日開催】初学者向けガイダンス「企業内診断士の魅力」
合格後も従来の勤務先に留まり、企業内診断士として活躍される方も数多くいらっしゃい
ます。
「企業内診断士の魅力とは何か?」「どのような知識が現場で役に立つのか」「そのよう
な知識を得るためにはどのような学習すればよいか」等、
中小企業診断士、企業内診断士に関心を持たれたすべての方にお送りする、初学者向けガ
イダンスです。

■日程等

7月26日(日)13:00~15:00
 「運営管理 60分ダイジェスト講義」
 担当講師:大庭 聖司 LEC専任講師
 実施校:新宿エルタワー本校

詳しくはこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/guidance/taiken_kouza.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| | トラックバック (0)

【運営管理】 平成19年度 第34問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【運営管理】 平成19年度 第34問 商品陳列(5)

陳列に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア アイランド陳列を行う場合には、顧客の回遊性を損なわないよう留意すること
 が必要である。

イ ジャンブル陳列やアイランド陳列など、陳列に変化をつける方法を総称して変
 化陳列という。

ウ 人体寸法に合わせて、人が無理なく商品を手にとれる高さのことを、ゴールデ
 ン・ゾーンという

エ 陳列棚の商品区分は、視野にかかわらず横割りが理想的である。

オ 陳列には、商品を豊富に並べる量感陳列と、小物などと並べてテーマや季節感
 を演出する展示陳列がある。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
ア 適切である。 アイランド陳列は、通路に陳列台を設けて商品を訴求する。よって、回
遊性を低下させないように留意する必要がある。

イ 適切である。 陳列に変化をつけて訴求する方法を、変化陳列という。

ウ 適切である。 人が無理なく商品に接することができる高さのことをゴールデンゾーン
といい、一般的に60~160 ㎝の間とされる。

エ 適切でない。 陳列台の商品区分は、一般的に縦割りで行う。これは、顧客が視点を動
かさずに無理なく商品グループを見ることができるからである。

オ 適切である。 商品陳列は量感陳列と展示陳列に区分される。量感陳列は、商品をまと
めることで活気とボリューム感、安さを訴求する。展示陳列は商品の機能や、利用シーン
などを表現するものである。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

【運営管理】 平成18年度 第31問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【運営管理】 平成18年度 第31問 商品陳列(4)

商品パッケージの陳列面を「フェイス」という。フェイス配分に関する説明とし
て、最も不適切なものはどれか。

ア ある数を超えてフェイス数が増えると、増加させた1フェイス分の売上増加効
 果は高まる。

イ 一定数までフェイス数を増やすと売上増加効果がある。

ウ フェイス数を増加させることで、販売機会損失の防止、発注・補充コストの削
 減などが期待できる。

エ フェイス配分は、販売実績を基準にして行うのが効果的である。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
本問では選択肢アとイが相反関係の説明になっているため、いずれかが正解であることが
すぐにわかる。また選択肢イとウが同様の内容となっているため、選択肢アが正解となる
ことがわかる。厳密な専門知識がなくても常識や経験で十分正解できる極めて容易な問題
である。

ア 適切でない。 視認率がアップすると売上もアップする。しかし、人間の資格は一定範
囲までしかないため、それ以上に陳列しても効果がでない。そのため、フェイス数の効果
も一定数までしかなく、それ以上に増やしても売上増加効果は少ない。

イ 適切である。 一定数まではフェイス数の売上増加効果がある。

ウ 適切である。 選択肢の通りである。

エ 適切でない。 売り場スペースの配分は、販売実績や貢献度、あるいは戦略的に重点販
売したい商品を基準に決定する。

よって、アが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

【運営管理】 平成17年度 第16問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【運営管理】 平成17年度 第16問 商品陳列(3)

店舗施設の考え方に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 一般的に店舗の間口が狭いよりも広い方が出入口の客動線がよくなる。

イ 売場のレイアウトを考える際には、動線計画(歩きやすく)、商品構成(見やす
 く)、販売形態(買いやすく)を整理することが重要である。

ウ 商品の陳列の高さに関しては、中・大規模店舗でも小規模店舗でも、可能なか
 ぎり天井近くまで高く上積みして商品のボリュームをできるだけ大きく見せる
 ことが良いとされている。

エ 商品の有効な陳列の高さは、人が立った状態で軽く商品に手が触れる範囲の、
 床から70~125cm 程度が最良とされている。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
店内レイアウトについての基本知識を問う問題である。

アは適切である。選択肢の通りである。

イは適切である。選択肢の通りである。

ウは不適切である。天井高さにある商品は人目に留まらず、手に取ることもできないため、商品陳列として好ましくない。この常識を逆手に取って、天井近くまで商品陳列してボリューム感を演出しているのがドンキホーテの圧縮陳列であるが、一般の店舗には適さない。

エは適切である。ゴールデンゾーンについての記述である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

【運営管理】 平成16年度 第19問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【運営管理】 平成16年度 第19問 商品陳列(2)

店舗における消費者への訴求要素のうち、最も不適切なものはどれか。

ア POP(Point of Purchase)とは、多くの場合、購買時点で情報を表示する
 ことを意味している。

イ VMD(Visual Merchandising)とは、視覚的に訴えた商品構成や陳列などに
 より、販売の促進を図ることである。

ウ 一般にファサードと呼ばれるのは、建物正面の外観のことである。

エ 小売店舗のゴールデンゾーンとは、売り場の什器で最も購買されやすい高さの
 範囲を指し、一般に床からの高さが500 ㎜~1,200 ㎜の範囲をいう。

オ 店舗正面上部の立ち上がり部分を一般にパラペットと呼び、店名などの看板が
 設置されることが多い。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】

アは適切である。購買時点の広告と訳されるPOP(ポップ)は、顧客の購買時点での購
買意欲を高め、購買決定に大きな役割を果たす。

イは適切である。VMD(ブイエムディー)とは商品の特性や使用場面を顧客の視覚に訴
えることで、商品への興味や理解を促し、購買に結びつけるように演出する方法である。

ウは適切である。ファサードとは、建物正面、1階の店頭とその上のパラペット部分を足
したものである。

エは不適切である。ゴールデンゾーンとは、売り場の什器で最も購買されやすい高さの範
囲を指す。最も良く目につき、最も手に触れやすい位置として、「地上60cmから125c
m」「男性の場合地上70cmから160cm、女性の場合地上60cmから150cm」といった
数値が挙げられている。地上500mm(50cm)は、女性が一寸無理をすれば届く高さよ
りもさらに低い。従って、ゴールデンゾーンの範囲とは考えられない。

オは適切である。パラペットとは、屋上、あるいは建築物の上方につける欄干様の壁、胸
壁で、店名などの看板が設置され、通行客に対して、店舗の存在を訴求する機能を持つ。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

【運営管理】 平成15年度 第19問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【運営管理】 平成15年度 第19問 商品陳列(1)

売り場の什器と商品の関係で、最も不適切なものはどれか。

ア ウォークインクーラー ― ビール

イ ガラスケース ― 宝石

ウ ゴンドラ ― 缶詰

エ トルソー ― ハム、ソーセージ

オ リーチインクーラー ― ワイン

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
店舗陳列の什器に関する出題である。

アは適切である。ウォークインクーラーとは、前面ドアが店内に、背面のドアが倉庫側に
ある冷蔵ケースのことである。ビールなどの飲料を陳列するのに使われる。背面から商品
補充ができるので、作業上、品質管理上の利点がある。

イは適切である。ガラスケースとは、透明なガラスでできたケースのなかに宝石などの商
品を陳列する什器である。主に対面販売で一般的に用いられるショーケースである。宝石
はクローズドケースになっていることが多い。

ウは適切である。ゴンドラとは何段かの棚がある陳列台である。多くの商品が収納できる。
スーパーマーケットやコンビニエンスストアで一般的に使われている。
エは不適切である。トルソーとは、洋服等を着せ付けて陳列するためのものである。ハム、
ソーセージは一般的には冷蔵ケースに陳列する。

オは適切である。リーチインクーラーとは前面に扉がついた冷蔵ケースである。ワインの
ほか飲料の販売全般で使用される。

よってエが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

【企業経営理論】 平成20年度 第2問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【企業経営理論】 平成20年度 第2問 コアコンピタンス(5)

経営資源と企業の戦略に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア ある経営資源を保有しない企業は、すでに保有している企業に比べて、その複製が困 難であると、コスト上の不利益を被りやすい。

イ 企業が特定の経営資源を獲得、開発、活用する能力は、企業の歴史的経緯に依存しているので、先行企業は持続的な競争優位を得やすい。

ウ 企業の競争優位と個々の経営資源の関係が不明確になるのは、内部者にとってその経営資源があまりに当然なものであったり、経営資源が個別に分離しにくく一体となって 競争優位をつくり出しているからである。

エ 競争優位の源泉である特殊な経営資源の外部からの調達可能性が高く、その調達コストが低いほど、それを調達する企業はコスト上優位になり、競争優位性を長期的に維持 できる。

オ 保有する経営資源が希少であることは大事であるが、そのような経営資源は特殊であ るため、顧客の価値と合致しないことが起こりやすくなるので、これだけでは競争優位にはつながりにくい。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

0719

<1次試験直前イベント>中小企業経営・政策「付属統計資料特講」

~新橋本校限定イベント!中小科目最後の総仕上げ!~

本講義は、付属統計資料の中身を概観します。
例年、白書巻末の「付属統計資料」よりいくつかの小問の出題があります。細かいところを追おうとすると大きな狙いを掴みそこなう恐れがあるため、出題実績がある箇所を中心に、これらの表の意味と、大まかな傾向を押えていきます。
適宜問題にも触れつつ、中小企業・小規模事業者の現況を数字で理解するための、新橋本校当日限定の特別講義です。

■日時等 【参加無料・予約不要】

7月19日(日)16:00~17:00

 担当講師:小松 秀春 LEC専任講師
 

 実施校:新橋本校 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
経営資源と戦略の関係が問われた。選択肢の記述はいずれも「必ずそうである」とは断言できないようにみえるが、最も論理性を欠く記述はどれかを見つけ出せる判断力が問われている。

ア 適切である。 「複製が困難」な経営資源を保有していない企業は、既にその経営資源 を保有している企業に比較して相対的に、その資源の外部からの調達や、困難な複製に よるコスト面での不利益を被りやすいと言える。「複製が困難」な経営資源を「先進技 術」や「特許」などと置き換えるとわかりやすいだろう。

イ 適切である。 企業が他社に先んじて特定の経営資源を獲得、開発、活用する能力は、
それ自体が他社との競争における優位性となりうる。また、こうした能力は企業文化と密接に結びついており「企業の歴史的経緯」に基づいて獲得されているといえよう。

ウ 適切である。 明文化されていない企業文化が競争優位性の源泉である場合、企業文
化を当然のものとして享受している内部者にとってはその優位性の構成要素を逐一認識 することが難しいことはありうるだろう。

エ 適切でない。 特殊な経営資源の外部からの調達可能性が高く、そのコストが低ければ、 その経営資源を欲する企業はいずれも容易にそれを調達できることになるため、これら全ての企業が「それ(特殊な経営資源)を調達する」ことにより「コスト上優位になり、 競争優位性を長期的に維持できる」という記述は論理性を欠いている。

オ 適切である。 経営資源が希少であることは競争優位を築く上で重要な要素である。し かし、その経営資源が顧客にとって価値のないものであれば需要は発生せず、競争優位 の源泉とはなりえない。そのままでは顧客が価値を見出すことのない希少な経営資源の 競争優位性を構築するためには、その特殊さを顧客の価値基準に合致させる工夫や努力 が必要である。

よって、エが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

【企業経営理論】 平成19年度 第4問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【企業経営理論】 平成19年度 第4問 コアコンピタンス(4)

IT(情報技術)を利用した新規事業の成功事例が次々に生まれている。このような新規事業に関する説明として最も適切なものはどれか。

ア IT は誰もが利用できる完結した技術システムであり、コア・コンピタンスである固有の情報や知識などの資源をベースにする必要がまったくない点が、IT ビジネスの大きな特徴である。

イ IT 利用によって、顧客に提供する製品・サービスの価値や情報を広く伝えることが出 来るようになるが、その反面で、IT 機器への投資が巨額になるので収益性が低下することは避けられない。

ウ IT 利用によって、顧客の求める価値を提供できるようにビジネスを設計することが大切であるが、その設計アイデアは概して他社に見えやすく、模倣されやすいので、それを防ぐ手段を講じることの重要性を軽視してはならない。

エ IT を利用した新規事業の成功事例は、しばしばビジネス・モデルと呼ばれるが、これ はビジネスのアイデアやデザインについて知的財産権が確立されたものを指している。

オ IT を利用して自社に特徴的な分業の構造、インセンティブのシステム、情報、モノ、 カネの流れなどを統合化する場合、独創性に欠けたものになるので自社の強みが薄らぐ ことに注意しなければならない。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

0719

<1次試験直前イベント>中小企業経営・政策「付属統計資料特講」

~新橋本校限定イベント!中小科目最後の総仕上げ!~

本講義は、付属統計資料の中身を概観します。
 例年、白書巻末の「付属統計資料」よりいくつかの小問の出題があります。細かいとこ
ろを追おうとすると大きな狙いを掴みそこなう恐れがあるため、出題実績がある箇所を中
心に、これらの表の意味と、大まかな傾向を押えていきます。
 適宜問題にも触れつつ、中小企業・小規模事業者の現況を数字で理解するための、新橋
本校当日限定の特別講義です。

■日時等

7月19日(日)16:00~17:00

 担当講師:小松 秀春 LEC専任講師

 実施校:新橋本校

 【参加無料・予約不要】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
IT(情報技術)を活用した新規事業について考えさせる考察問題である。選択肢の内容をしっかりイメージできるかどうかがポイントである。

ア 適切でない。 「固有の情報や知識などの資源をベースにする必要がまったくない」という箇所が誤りである。ITがいくら完結した技術システムであったとしても、そこに 独自の資源を付け加えなければ差別化できず、ビジネスとして競争力を持たない。

イ 適切でない。 「IT機器への投資が巨額になるので収益性が低下する」という箇所が 誤りである。IT機器は確かに高額かもしれないが、自社で全てを保有する必要性はなく、レンタルやアウトソーシングを活用することもできるだろう。また、仮に自社で全 てを保有した場合でも、その投資の効果により、収益力の高い事業の構築が可能になる こともあり得るであろう。

ウ 適切である。 ITを活用したビジネスはインターネットを通して容易にアクセスすることができるので、コア・コンピタンスを盗んだり、模倣したりすることが容易である。また、IT技術を活用すれば、新規事業に必要な経営資源を手にいれたり、販売先を見つけたりすることも容易にできる。よって、ITを利用しない他の事業を行うときよりも、アイデアが盗まれないように細心の注意を払う必要がある。

エ 適切でない。 ビジネス・モデルは知的財産権が確立されたものばかりではない。ビジ ネス・モデルとは、収益を上げる仕組みのことであり、“富山の置き薬”や“ガマの油 売り”なども立派なビジネス・モデルである。

オ 適切でない。 「独創性に欠けたものになる」という箇所が誤りである。自社に特徴的 なものを統合化すれば、独創性のあるものになるであろう。

よって、ウが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

【企業経営理論】 平成18年度 第5問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【企業経営理論】 平成18年度 第5問 コアコンピタンス(3)

競争優位に結びつく経営資源に関する説明として、最も不適切なものはどれか。

ア ある資源の供給が不足している状況で、その入手可能性をもつ企業は、強い交渉力や その資源を活用した競争優位を構築できる。

イ 企業に固有で外部調達が難しい情報的経営資源は有力な差別化要因であるが、近年で はインターネットを通じて容易にそのすべてを外部に移転したり、外部から入手できる ようになったので、インターネット上での情報公開や電子メールの使用について社内ルールを厳しくすることが重要になっている。

ウ 顧客ニーズは、自社に独自な経営資源を分析するとともに、顧客の選好、競合品や代 替財などの選択肢、関連財や補完財の供給などを考慮することによって充足される。

エ 時間をかけて形成され獲得される資源は、企業の競争優位の源泉になることが多いが、技術革新や市場の変化のスピードが速い場合は企業の戦略不適合のリスクを高める。

オ 製品に用いられる特殊素材や独創的な生産方式など、物理的に複製困難な資源や重要な技術に関する特許をもつ企業に対抗するためには、代替的な技術や製品の開発が必要になる。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

0719

<1次試験直前イベント>中小企業経営・政策「付属統計資料特講」

~新橋本校限定イベント!中小科目最後の総仕上げ!~

本講義は、付属統計資料の中身を概観します。
例年、白書巻末の「付属統計資料」よりいくつかの小問の出題があります。細かいところを追おうとすると大きな狙いを掴みそこなう恐れがあるため、出題実績がある箇所を中心に、これらの表の意味と、大まかな傾向を押えていきます。
適宜問題にも触れつつ、中小企業・小規模事業者の現況を数字で理解するための、新橋本校当日限定の特別講義です。

■日時等 【参加無料・予約不要】

7月19日(日)16:00~17:00

 担当講師:小松 秀春 LEC専任講師
 

 実施校:新橋本校 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
ア 適切である。 組織間関係を思い浮かべるとわかりやすい。皆が欲する資源を保有して いる企業は、他の企業に対して強い交渉力を持つ。また、その資源を活用して競争優位 を築くことができる。

イ 適切でない。 「情報的経営資源」とは、ノウハウや技術、信用、ブランドなどを指す。 汎用性を持つこともあるが、企業によって異なることも多い。よって、情報的経営資源は容易に外部に移転したり、容易に外部から入手できるものとはいえない。

ウ 適切である。 内部環境(自社独自の経営資源)を分析して自社の強みを知り、外部環 境(顧客の選好、競合品や代替財、関連財や補完財)を分析して自社の強みを生かせる 領域を知ることで、顧客ニーズを充足できる可能性が高まる。

エ 適切である。 外部環境が変化してしまえば、それまで強みであった経営資源が強みで なくなることがある。さらに、場合によってはその経営資源が新しい経営戦略を実行するうえでの足かせになることもある。組織文化の逆機能や埋没費用などを思い浮かべるとよい。

オ 適切である。 物理的に複製困難な資源や重要な技術を手に入れるのは難しい。また、入手できたとしても時間がかかるので、その資源や技術に替わるものを開発するか、製品の代替品を開発する必要がある。

よってイが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

<絶賛好評発売中>2015年合格目標:1次直前総まとめ講座

<絶賛好評発売中>2015年合格目標:1次直前総まとめ講座

~1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェック~

この講座のコンセプトは、ズバリ「1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェックすること」です!LECの看板講師陣が全精力を傾けたレジュメ&講義で合格力を引き上げます!

★1次直前!総仕上げ講座の3つのポイント★

◇繰り返し出題されているテーマを残さずチェックすることで足切りを防ぐ!

1次過去問では繰り返し出題される問題がいくつもあります。それは今年の本試験でも出題される可能性が非常に高いテーマとなります。まずは繰り返し出題される重要なテーマをチェックし、40点を確実にクリアする「基礎力」を身につけます。

◇「OUT本講座では、まずは、基本的な問題を解き、間違えた内容をINPUTします。

その上で応用レベルの問題を解くことによって、段階的に、学んだ知識を深堀り・強化します。
60点突破のために、知識を「暗記」ではなく「深く理解」することで本試験で難しい問題が出題されても、解答できる「応用力」を身につけます。PUT&INPUT」の双方向講義で応用レベルまで引き上げる!

◇独学では学べない、「本試験で使える、解答へのアプローチ法」で得点を+α!

合格者と不合格者の得点の差は、1問や2問です。その1問、2問の差を埋めるのは難しく、合格するためには乗り越えなければならない大きな壁となります。
    独学ではなかなか気づくことができない、合否がわかれる問題を埋めるには「陥りやすい思考プロセス」「出題の意図や背景」を知ることで得点する可能性が高まります。
LECだからこそできる、過去問の分析から見えてくる、合格に必要な解答へのアプローチ法をお伝えします。

こんな方におススメ!
・最後の追い込みでなんとか1次試験突破をしたい方に!
・本試験問題、模試で点数が伸び悩んでいる方に!
・インプット知識を最終整理したい方に!
・法改正などの最新動向をチェックしたい方に!

15年1次直前総まとめ講座PR動画↓
https://youtu.be/rmuDSg2ZPvc

詳しくはこちら↓
https://online.lec-jp.com/disp/CSfLastPackGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=100033507

本試験までまだ時間はあります!!

最後の最後の総仕上げとして、1次直前総まとめ講座をご活用ください。

合格確率が高まること、間違いなし!!

| | トラックバック (0)

【速報】1次本試験会場の未定部分の発表と一部変更

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、(一社)中小企業診断協会より、試験会場の未定部分の発表と一部変更がありました。

また、受験票の発送についての案内も発表されています。

是非、ご確認ください。

詳しくはこちら↓

・受験会場について

http://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_h27_shiken/H27_1ji_shiken_kaijouzu.html

・受験票の発送について

http://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_h27_shiken/H27_1ji_shiken_jyukenhyou.html

| | トラックバック (0)

【企業経営理論】 平成17年度 第2問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【企業経営理論】 平成17年度 第2問 コアコンピタンス(2)

事業戦略を展開する場合、他社の模倣や追随を受けにくい競争優位を織り込むことが重要である。そのような対応として最も適切なものはどれか。

ア これまで練り上げてきた生産システムや販売システムを一貫性のある全社的な事業シ ステムとして構築する。

イ 熟練が必要な手間のかかる工程を合理化し、工場を自動化して生産能力を増強する。

ウ 将来性のある独自な製品事業分野であっても現在の収益に貢献していない場合は資源 配分を制限する。

エ 製品ラインを絞り込み、複雑な分業工程をやめて、汎用機械による量産を促進する。

 
オ ブランドの強化を図るために、コスト優位を発揮してシェアを追求するべく量販店で の販売キャンペーンに注力する。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

0719

<1次試験直前イベント>中小企業経営・政策「付属統計資料特講」

~新橋本校限定イベント!中小科目最後の総仕上げ!~

本講義は、付属統計資料の中身を概観します。
 例年、白書巻末の「付属統計資料」よりいくつかの小問の出題があります。細かいとこ
ろを追おうとすると大きな狙いを掴みそこなう恐れがあるため、出題実績がある箇所を中
心に、これらの表の意味と、大まかな傾向を押えていきます。
 適宜問題にも触れつつ、中小企業・小規模事業者の現況を数字で理解するための、新橋
本校当日限定の特別講義です。

■日時等

7月19日(日)16:00~17:00

 担当講師:小松 秀春 LEC専任講師

 実施校:新橋本校

 【参加無料・予約不要】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
競争優位を築く方法を具体的に考えさせる問題である。単なる知識ではなく、その知識を診断士の実務に当てはめた場合にどのように使うことができるかという実践的な力および考える力が問われている。

アは、これまで築き上げてきた独自の生産システムや販売システムを一貫性のある全社的な事業システムに転換することで他社の模倣や追随を受けにくくなるので、正しい。その根拠として、次の出典がある。「ビジネス・システムは、それを築くためには長い時間と継続的な投資を必要とするが、いったんそれが築かれてしまえば、製品・サービス・レベルの差別化と比較して、より持続力のある競争優位性を発揮しやすい」(大滝精一他『経営戦略』有斐閣アルマ182 頁)。

イは、熟練が必要な手間のかかる工程を合理化し、自動化することは暗黙知を誰もが扱える客観的な形式知に変換することでもあるので、他社から模倣されやすくなる。よって不適切である。

ウは、将来性のある独自の分野ほどそれが確立されれば模倣や追随を受けにくくなるので、たとえ現在の収益に貢献していなくても将来性を考えて資源を配分することは充分にあり得る。よって誤りである。

エは、汎用機械による量産を促進することで他社の追随や模倣を受けやすくなる。他社はその汎用機械を導入すれば簡単に追随、模倣が可能になるからである。よって誤りである。

オは、販売キャンペーンそのものは模倣されやすい。よって誤りである。選択肢を読めば、文脈からでもアを正解に選ぶことができる。また消去法を使っても、イ~オは不適切と簡単に判断できる。考えさせる問題であるものの、選択肢のレベルは容易なので間違ってはいけない問題である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

【企業経営理論】 平成15年度 第8問設問3

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【企業経営理論】 平成15年度 第8問設問3 コアコンピタンス(1)

コア・コンピタンスであるための条件の説明として最も不適切なものはどれか。

ア 具体的な製品やサービスに結びつき、販売力を高める能力であること。

イ ビジネスの全プロセスをカバーするフルセットな能力であること。

ウ 広く顧客から認知される価値を生み出す学習能力をもつこと。

エ ライバルよりも優れた競争能力であること。

※答えは、お知らせのあとにあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

0719

<1次試験直前イベント>中小企業経営・政策「付属統計資料特講」

~新橋本校限定イベント!中小科目最後の総仕上げ!~

本講義は、付属統計資料の中身を概観します。
例年、白書巻末の「付属統計資料」よりいくつかの小問の出題があります。細かいところを追おうとすると大きな狙いを掴みそこなう恐れがあるため、出題実績がある箇所を中心に、これらの表の意味と、大まかな傾向を押えていきます。
適宜問題にも触れつつ、中小企業・小規模事業者の現況を数字で理解するための、新橋本校当日限定の特別講義です。

■日時等 【参加無料・予約不要】

7月19日(日)16:00~17:00

 担当講師:小松 秀春 LEC専任講師
 

 実施校:新橋本校 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
コア・コンピタンスとは、他社が真似できない独自の能力のことである。例えば、特許取得済みの技術、生産管理ノウハウ、組織マネジメント、ブランド、商標などの知的財産権などがある。コア・コンピタンスは自社特有の「強み」のことであり、ビジネスプロセスの一部分に特化していればよく、フルセットな能力である必要はない。

よってイが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

【財務・会計】 平成21年度 第20問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【財務・会計】 平成21年度 第20問 株価評価の指標(5)

 次のZ社の資料と文章に基づいて、下記の設問に答えよ。

〔資料〕
 ・売上高         :20億円
 ・税引後当期利益   :1億円
 ・当期支払配当総額  :1,000万円
 ・純資産額            :10億円
 ・発行済株式数       :100万株
 ・株価               :1,500円

 上の資料から、Z社のPERは A 倍と計算される。

 文中の空欄Aに入る値として、最も適切なものはどれか。

ア 2
イ 10
ウ 15
エ 20

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■1次ヤマ当て講座の3つのポイント

①講義時間は60分!
 この限られた時間で「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的に攻略します。
どのような受験生の方でも高い効果と効率を目指し、最後の直前総仕上げ学習を行い合格力に磨きをかけます。

②スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 本試験までの限られた時間の中で効率的に1次試験の直前対策をしたい方のためにスマホ対応講座としてヤマ当て講座を再構築いたしました。通勤/通学中でもスマホを手に持つだけで学習できるよう、パワーポイントの映像で要点をつかみやすい講座になっています。

③直前期におさえておきたい4科目を厳選!
 ・経営法務
   重要テーマの総まとめに加え、法改正部分もコンパクトに学習できます。
・中小企業経営・政策
   1次試験で法改正、新政策部分も問われる可能性が高い科目です。本講座で効率的
   に学習しましょう。
・財務・会計
   苦手意識をもつ受験生が多い科目です。直前期のピンポイント学習で合格をひきよ
   せましょう。
・経済学・経済政策
   今年度の1次試験で難化が予想される科目です。本講座で学習の最終確認をしまし
   ょう。

こんな方におススメ!
・最後の追い込みでなんとか1次試験突破をしたい方に!
・本試験問題、模試で点数が伸び悩んでいる方に!
・インプット知識を最終整理したい方に!

詳しくはこちら↓
https://online.lec-jp.com/disp/CSfLastPackGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=100036876

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
 株価分析指標であるPERおよびPBRに関する出題である。同テーマは頻度が高く、平成20 年度第13 問、平成19 年度第12 問、平成17 年度第12 問および平成14 年度第17問で出題されている。本問では、単位が億円、万円、円および万株となっているので、計算上、ケアレスミスがないように注意しなければならない。

PER(株価収益率)を算出する問題である。PERは次の計算式により算出できる。

PER=株価/EPS(1株当たり当期純利益)

本問では、EPS=税引後当期利益/発行済株式数=1億円/100 万株=100 円と計算される。なお、便宜上、百万単位で整理すると計算しやすい。
1億円→100 百万円
100 万株→1百万株

PER=1,500 円/100 円=15(倍)

よって、ウが正解である。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

【財務・会計】 平成20年度 第13問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【財務・会計】 平成20年度 第13問 株価評価の指標(4)

 株式評価に関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a PBRの値が1より小さいと、株価は1 株当たり純資産より高く評価されている。

b PBRの値が1より小さいと、株価は1 株当たり純資産より低く評価されている。

c PERは、EPSを株価で除して算出される。

d PERは、株価をEPSで除して算出される。

〔解答群〕

ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
 株式評価指標であるPBRおよびPERに関する問題である。関連する過去の出題には、平成19 年度第12 問、平成17 年度第12 問、平成14 年度第17 問と比較的頻度の高いテーマである。

 PBR(株価純資産倍率)は、株価が1株あたり純資産(BPS)の何倍で評価されているかを示す指標であり、次の式で表される。

PBR=株価/1株当たり純資産(BPS)<1

 この式から、PBRが1より小さいということは、株価が1株当たり純資産より低く評価されていることが分かる。したがって、aは適切でなく、bが適切である。 PER(株価収益率)は、株価が1株あたり利益(EPS)の何倍で評価されているかを示す指標であり、次の式で表される。

PBR=株価/1株当たり利益(EPS)

したがって、PERは、株価をEPSで除して算出されるので、cは適切ではなく、dが適切である。

よって、エが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

【財務・会計】 平成19年度 第12問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【財務・会計】 平成19年度 第12問 株価評価の指標(3)

次のA社の資料に基づき、下記の設問に答えよ。

〔資料〕
 ・株価純資産倍率(PBR)=1.5 倍
 ・配当性向=60%
 ・配当利回り=4%

資料より求められるA社の株価収益率(PER)として最も適切なものはどれか。

ア 4 倍
イ 9 倍
ウ 15 倍
エ 40 倍

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■1次ヤマ当て講座の3つのポイント

①講義時間は60分!
 この限られた時間で「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的に攻略します。
どのような受験生の方でも高い効果と効率を目指し、最後の直前総仕上げ学習を行い合格
力に磨きをかけます。

②スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 本試験までの限られた時間の中で効率的に1次試験の直前対策をしたい方のためにスマ
ホ対応講座としてヤマ当て講座を再構築いたしました。通勤/通学中でもスマホを手に持
つだけで学習できるよう、パワーポイントの映像で要点をつかみやすい講座になっていま
す。

③直前期におさえておきたい4科目を厳選!
 ・経営法務
   重要テーマの総まとめに加え、法改正部分もコンパクトに学習できます。
・中小企業経営・政策
   1次試験で法改正、新政策部分も問われる可能性が高い科目です。本講座で効率的
   に学習しましょう。
・財務・会計
   苦手意識をもつ受験生が多い科目です。直前期のピンポイント学習で合格をひきよ
   せましょう。
・経済学・経済政策
   今年度の1次試験で難化が予想される科目です。本講座で学習の最終確認をしまし
   ょう。

こんな方におススメ!
・最後の追い込みでなんとか1次試験突破をしたい方に!
・本試験問題、模試で点数が伸び悩んでいる方に!
・インプット知識を最終整理したい方に!

詳しくはこちら↓
https://online.lec-jp.com/disp/CSfLastPackGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=100036876

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】
 株価分析指標に関する出題である。

150708_1

150708_2_4

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

【財務・会計】 平成14年度 第17問 設問2

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【財務・会計】 平成14年度 第17問 設問2 株価評価の指標(2)

次の文章を読んで、以下の設問に答えよ。

 投資家はある株式の価格が割高であると判断すれば当該株式を売却し、逆に割安で
あると判断すれば当該株式を購入する。「割高か割安か」を判断する基準は投資家によ
ってさまざまである。利回りを重視する投資家もいるだろうし、①PERやPBRと
いった指標を重視する投資家もいるだろう。最近では、キャッシュ・フローに着目し
②PCFRを重視すべきであるといった主張もある。判断基準の選択は投資家自身
が行うものであり、したがって投資家によって異なるものである。

文中の下線部②のPCFRの算定公式として最も適切なものはどれか。

150707

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1

1次本試験を受験する方は、試験まで残り時間はもうあとわずかです。
受験生にとってこれからの学習計画で合否が分かれるといっても過言ではありません。
みなさまの貴重な直前期のために、LECではさまざまな直前講座をご用意いたしました。
本講座を活用していただき、8月の1次試験合格を勝ち取ってください。
LECは、中小企業診断士試験合格が叶うよう、あなたを全力でサポートいたします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】

 株価に関する指標の問題である。基本的な問題であるので確実に得点することが大切である。

 PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は、株価を1株当たりキャッシュフローで割って求める(キャッシュフロー÷株式発行総数)。ここでキャッシュフローは便宜上、(当期)純利益と減価償却費との合計額が用いられる。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

【財務・会計】 平成14年度 第17問 設問1

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【財務・会計】 平成14年度 第17問 設問1 株価評価の指標(1)

次の文章を読んで、以下の設問に答えよ。

 投資家はある株式の価格が割高であると判断すれば当該株式を売却し、逆に割安であると判断すれば当該株式を購入する。「割高か割安か」を判断する基準は投資家によってさまざまである。利回りを重視する投資家もいるだろうし、①PERやPBRといった指標を重視する投資家もいるだろう。最近では、キャッシュ・フローに着目した②PCFRを重視すべきであるといった主張もある。判断基準の選択は投資家自身が行うものであり、したがって投資家によって異なるものである。

文中の下線部①のPERに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア PERはEPSを株価で割った値である。この比率が高いと利益に対して株価が割高 であると判断される。

イ PERはEPSを株価で割った値である。この比率が高いと利益に対して株価が割安 であると判断される。

ウ PERは株価をEPSで割った値である。この比率が高いと利益に対して株価が割高 であると判断される。

エ PERは株価をEPSで割った値である。この比率が高いと利益に対して株価が割安 であると判断される。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■1次ヤマ当て講座の3つのポイント

①講義時間は60分!
 この限られた時間で「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的に攻略します。
どのような受験生の方でも高い効果と効率を目指し、最後の直前総仕上げ学習を行い合格
力に磨きをかけます。

②スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 本試験までの限られた時間の中で効率的に1次試験の直前対策をしたい方のためにスマ
ホ対応講座としてヤマ当て講座を再構築いたしました。通勤/通学中でもスマホを手に持
つだけで学習できるよう、パワーポイントの映像で要点をつかみやすい講座になっていま
す。

③直前期におさえておきたい4科目を厳選!
 ・経営法務
   重要テーマの総まとめに加え、法改正部分もコンパクトに学習できます。
・中小企業経営・政策
   1次試験で法改正、新政策部分も問われる可能性が高い科目です。本講座で効率的
   に学習しましょう。
・財務・会計
   苦手意識をもつ受験生が多い科目です。直前期のピンポイント学習で合格をひきよ
   せましょう。
・経済学・経済政策
   今年度の1次試験で難化が予想される科目です。本講座で学習の最終確認をしまし
   ょう。

こんな方におススメ!
・最後の追い込みでなんとか1次試験突破をしたい方に!
・本試験問題、模試で点数が伸び悩んでいる方に!
・インプット知識を最終整理したい方に!

詳しくはこちら↓
https://online.lec-jp.com/disp/CSfLastPackGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=100036876

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】

 株価に関する指標の問題である。基本的な問題であるので確実に得点することが大切である。

 PER(株価収益率)は、株価を1株当たり利益(EPS)で除して計算される。これは株価が1株当たりの利益の何倍となっているかを示す指標である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

【経済学・経済政策】 平成20年度 第9問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【経済学・経済政策】 平成20年度 第9問  マンデル=フレミング・モデル(2)

 下図は、開放経済下におけるマクロ経済モデルを描いたものである。この図に関する次の文章中の空欄A~Cに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

150703

 いま、小国モデル、完全資本移動、固定為替レート制、物価の硬直性、静学的な為レート予想を仮定する。下図は、これらの前提に基づき、生産物市場の均衡を表すIS 曲線、貨幣市場の均衡を表すLM 曲線、自国利子率(r)と外国利子率(r *)が均等化することを表すBP 曲線を描いたものである。
 ここで政府支出が増加すると、IS 曲線が右方にシフトし、新たなIS 曲線とLM 曲線の交点において【A】になる。このため、【B】が生じる。結果として、【C】になる。

〔解答群〕
ア A:国際収支(経常収支と資本収支の合計)が赤字
  B:外貨準備の減少と貨幣供給の減少
   C:LM 曲線が左方にシフトして国際収支の均衡が回復するが、財政政策
      は景気拡大に無効

イ A:国際収支(経常収支と資本収支の合計)が黒字
   B:外貨準備の増加と貨幣供給の増加
   C:LM 曲線が右方にシフトして国際収支の均衡が回復し、財政政策は景
      気拡大に有効

ウ A:国際収支(経常収支と資本収支の合計)が黒字
   B:円高
   C:LM 曲線が左方にシフトして国際収支の均衡が回復するが、財政政策
      は景気拡大に無効

エ A:経常収支が黒字
   B:外貨準備の増加と貨幣供給の増加
   C:LM 曲線が右方にシフトして経常収支の均衡が回復し、財政政策は景
      気拡大に有効

オ A:資本収支が赤字
   B:円安
   C:LM 曲線が右方にシフトして資本収支の均衡が回復し、財政政策は景
      気拡大に有効


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

0705

<無料公開講座>「まだ間に合う!ラスト1ヶ月の学習プランはこれだ!」

2015年度本試験まで、あと約1ヶ月。 この1ヶ月のすごし方が本試験の合否を左右すると
いっても過言ではありません。
ここまでの学習戦略をもう一度見つめ直し、本試験までの残された期間でいかに再構築し
ていくべきかを一緒に考えましょう!

 ≪同日開催≫
  『1次ファイナル全国模試』
  会場受験日程:2015/7/4(土) 10:00~17:00・7/5(日) 10:00~15:00

■開催日時
 7月5日(日) 15:30~16:30

■実施校
 池袋本校 (参加無料・予約不要)

 ≪同時配信実施校≫
  本イベントは、生講義を全国のLEC各本校へ同時配信いたします。
  ぜひ、お近くのLECでご受講ください!

  梅田駅前本校、京都駅前本校、札幌本校、仙台本校、静岡本校、名古屋駅前本校、
  岡山本校、広島本校、松山本校、富山本校、高松本校、長崎本校、那覇本校

■担当講師
 金城 順之介 LEC専任講師

詳細はこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/event/ikebukuro150705/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】

 本問は、IS-LM-BP分析に関する問題である。内容としては、基本的なものである。(固定為替レート制における財政拡大政策の効果※)
 当初は、IS曲線、LM曲線、BP曲線の交点Eで国民所得がY*となっていたとする。
 ここで政府支出が増加すると、IS曲線が右にシフトする。その結果、国内の利子率は上昇し、国内債券価格が下落するため資本が自国に流入する(点e)。資本が流入すると資本収支が改善するので国際収支が黒字になる。つまり外貨準備が増加する。ここで、固定為替レート制の場合、外貨準備が増加すると、中央銀行が為替レートを固定させるために自国通貨を増加させる義務を負う。つまり、貨幣供給が増加するのである。さらに貨幣供給が増加するとLM曲線が右にシフトする。その結果、国民所得がY´となり、景気が拡大するのである。
 以上より、空欄Aには「国際収支(経常収支と資本収支の合計)が黒字」、空欄Bには「外貨準備の増加と貨幣供給の増加」、空欄Cには「LM曲線が右方にシフトして国際収支の均衡が回復し、財政政策は景気拡大に有効」が入る。

よって、イが正解である。

150703_2

※固定為替レート制の場合、中央銀行の役割に注目する必要がある。つまり、財政政策や金融政策を発動した場合、為替レートを固定させるために中央銀行が貨幣供給を増やしたり減らしたりする必要が出てくるのである。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

【経済学・経済政策】 平成14年度 第3問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【経済学・経済政策】 平成14年度 第3問  マンデル=フレミング・モデル(1)

 通貨・経済危機に瀕した発展途上国は、固定相場制か変動相場制かの選択を迫られ
ることが多い。為替相場制と景気対策に関する考え方として、マンデル=フレミング・
モデルが存在する。そのモデルに関し、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群
から選べ。

a 固定相場制下では、金融緩和政策の方が財政拡張政策よりも景気浮揚効果が大きい。

b 固定相場制下では、金融緩和政策の方が財政拡張政策よりも景気浮揚効果が小さい。

c 変動相場制下では、金融緩和政策の方が財政拡張政策よりも景気浮揚効果が大きい。

d 変動相場制下では、金融緩和政策の方が財政拡張政策よりも景気浮揚効果が小さい。

〔解答群〕
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

0705

<無料公開講座>「まだ間に合う!ラスト1ヶ月の学習プランはこれだ!」

2015年度本試験まで、あと約1ヶ月。 この1ヶ月のすごし方が本試験の合否を左右すると
いっても過言ではありません。
ここまでの学習戦略をもう一度見つめ直し、本試験までの残された期間でいかに再構築し
ていくべきかを一緒に考えましょう!

 ≪同日開催≫
  『1次ファイナル全国模試』
  会場受験日程:2015/7/4(土) 10:00~17:00・7/5(日) 10:00~15:00

■開催日時
 7月5日(日) 15:30~16:30

■実施校
 池袋本校 (参加無料・予約不要)

 ≪同時配信実施校≫
  本イベントは、生講義を全国のLEC各本校へ同時配信いたします。
  ぜひ、お近くのLECでご受講ください!

  梅田駅前本校、京都駅前本校、札幌本校、仙台本校、静岡本校、名古屋駅前本校、
  岡山本校、広島本校、松山本校、富山本校、高松本校、長崎本校、那覇本校

■担当講師
 金城 順之介 LEC専任講師

詳細はこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/event/ikebukuro150705/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】

 この問題は、マンデル=フレミング・モデルにおける、2つの為替相場制での基本的な政策の効果を問うものである。
 固定相場制では、財政拡張政策により自国利子率が上がり、資本が自国に流入するため、自国通貨に増価圧力がかかるが、介入によりマネーサプライを増加させるので、利子率が下がり景気上昇につながる。しかし、金融緩和政策を行う場合、自国利子率下落による減価圧力を介入によって妨げ、マネーサプライを減少させるため、財政拡張政策のような景気浮揚効果が得られない。
 一方、変動相場制においては、金融緩和政策により自国利子率が下がり、資本が外国に流出するため、自国通貨が減価し、(マーシャル=ラーナー条件が成り立てば)貿易収支が改善して景気上昇につながる。しかし、財政拡張政策を行う場合、自国利子率が上がり、資本流入によって自国通貨が増価するため、金融緩和政策のような景気浮揚効果が得られない。

 正解は、選択肢ウである。

 
 ちなみに、通貨危機後に変動相場制を採った国は資本移動の自由化を、固定相場制を採った国は資本移動の規制を目的としている。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

【経済学・経済政策】 平成19年度 第5問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

さて、本日も1次試験本試験問題をピックアップしてお送りいたします。
毎日の通勤・通学時に1次学習の総仕上げに是非お役立てください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

【経済学・経済政策】 平成19年度 第5問  IS-LM分析(3)

 下図はIS 曲線とLM 曲線を描いたものである。それぞれの説明として、最も適切
なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

150701


a 貨幣供給の減少はLM 曲線を右方にシフトさせる。

b 貨幣需要の利子弾力性が大きいほど、LM 曲線は、より急な形状で描かれる。

c 限界消費性向の値が大きいほど、IS 曲線は、より急な形状で描かれる。

d 政府支出の増加はIS 曲線を右方にシフトさせる。

e 投資の利子弾力性が小さいほど、IS 曲線は、より急な形状で描かれる。

〔解答群〕

ア a とb
イ a とc
ウ b とe
エ c とd
オ d とe


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

0705

<無料公開講座>「まだ間に合う!ラスト1ヶ月の学習プランはこれだ!」

2015年度本試験まで、あと約1ヶ月。 この1ヶ月のすごし方が本試験の合否を左右すると
いっても過言ではありません。
ここまでの学習戦略をもう一度見つめ直し、本試験までの残された期間でいかに再構築し
ていくべきかを一緒に考えましょう!

 ≪同日開催≫
  『1次ファイナル全国模試』
  会場受験日程:2015/7/4(土) 10:00~17:00・7/5(日) 10:00~15:00

■開催日時
 7月5日(日) 15:30~16:30

■実施校
 池袋本校 (参加無料・予約不要)

 ≪同時配信実施校≫
  本イベントは、生講義を全国のLEC各本校へ同時配信いたします。
  ぜひ、お近くのLECでご受講ください!

  梅田駅前本校、京都駅前本校、札幌本校、仙台本校、静岡本校、名古屋駅前本校、
  岡山本校、広島本校、松山本校、富山本校、高松本校、長崎本校、那覇本校

■担当講師
 金城 順之介 LEC専任講師

詳細はこちら↓
http://www.lec-jp.com/shindanshi/event/ikebukuro150705/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【解答】

【解説】

 本問は、IS-LM分析に関する内容となっている。IS曲線とは、財市場の均衡を表す利子率と国民所得(GDP)の組み合わせを表し、LM曲線とは、貨幣市場の均衡を表す利子率と国民所得(GDP)の組み合わせを表す。またIS-LM分析とは、財政政策や金融政策の効果を分析するものである。

a 適切でない。 貨幣供給量の減少は、LM曲線を左方シフトさせる。

b 適切でない。 貨幣需要の利子弾力性とは、利子率が1%変化した場合、貨幣需要が何 %変化するかを意味する。またこの貨幣需要の利子弾力性が大きいほど、LM曲線の傾 きは小さくなる。

c 適切でない。 投資乗数は、1/(1-限界消費性向)で示される。そのため、限界消 費性向の値が大きいほど投資乗数が大きくなる。また貨幣市場で利子率が低下し投資が 増加したとき、より大きく国民所得が増加するためIS曲線の傾きが緩やかになる。

d 適切である。 政府支出の増加による乗数効果の働きによりGDPは増加するので、I S曲線はGDPの増加する右方向にシフトする。

e 適切である。 投資の利子弾力性とは、利子率が1%変化した場合、投資が何%変化す るかを意味する。つまり投資の利子弾力性が小さいほど、貨幣市場で利子率が低下した ときに投資があまり増加しない。したがって、国民所得があまり増加しないためIS曲 線の傾きが急になる。

よって、オが正解である。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

| | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »