【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験

2015年度の中小企業診断士1次試験の過去問をピックアップして紹介していきます。

2016年8月 5日 (金)

【過去問通勤ドリル】第60回 平成27年 中小企業経営・政策 第17問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第60回   平成27年 中小企業経営・政策 第17問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

家具小売業を経営するA氏から、「従業員の将来の生活を考えて、安全確実な退職金制度を確立したい」との相談を受けた中小企業診断士のB氏は、「中小企業退職金共済制度」を紹介することにした。
この制度に関する、B氏のA氏への説明として、最も適切なものはどれか。

ア  掛金の一部については非課税になります。
イ  新規加入時には掛金の一部を国が助成します。
ウ  (独)中小企業基盤整備機構と退職金共済契約を結びます。
エ  納付した掛金合計額の範囲内で事業資金などの貸付けを受けることができます。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>来年合格をめざすあなた!1次ベーシック講義【大阪8/6(土)開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●梅田駅前本校●
 8/6(土)13:00~14:00 企業経営理論 高村 憲司 LEC専任講師

上記の他、「2017年1次ベーシック講座」の無料体験も各地で開催されます。
講義だけでなく、終了後に講師へいろいろ質問できます。お気軽にご相談ください。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
中小企業退職金共済制度についての問題である。(独)勤労者退職金共済機構と退職金共済契約を結び、掛金を払うだけで簡単に退職金制度を設けることができる。掛金は非課税であり、新規加入時等には掛金の一部を国が助成する。

ア 適切でない。 掛金は、全額損金または必要経費となる。
イ 適切である。 新規加入時には、加入後4か月目から1年間、掛金月額の1/2(上限5,000円)を国が助成する。
ウ 適切でない。 中小企業基盤整備機構ではなく、(独)勤労者退職金共済機構である。
エ 適切でない。 従業員のための退職金制度なので、事業資金の貸付制度は存在しない。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

【過去問通勤ドリル】第59回 平成27年 運営管理 第38問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第59回   平成27年 運営管理 第38問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

物流センターに関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  3PL(Third Party Logistics)は、荷主企業の物流業務を受託する企業であるが、物流センターを保有していないこともある。
イ  VMI(Vendor Managed Inventory)は、物流センターの在庫情報を卸売業者が小売業者に提供するシステムである。
ウ  WMS(Warehouse Management System)は、物流センター内の生産性向上を目的として人員最適化に用いられるシステムである。
エ  物流センターでは、利用者の求めに応じて保管の役割のほか、値付けや包装などを行うことがあり、これを荷役という。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次模試>2016年合格目標:2次ファイナル全国模試【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの模試は実力判定だけじゃない!実力アップの仕組みがある!~

LECの解説冊子は、LECの学習ノウハウが凝縮されています。設問の全体構造の捉え方、事
例を解くための分析プロセス、解答のアプローチ法など、本試験レベルの問題を通じて、
LECのノウハウをぜひ、吸収してください!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
物流センターのシステムに関する問題である。様々な用語、略号が出て来るが、その内容をそれぞれ正確に理解しておきたい。
 
ア 適切である。 3PLとは、荷主の物流機能全般を一括して受託する外部の専門業者のことである。自社の物流資産を用いるアセット型のほか、物流資産を持たないノンアセット型もある。
イ 適切でない。 VMIとは、ベンダー(卸売業者)が小売業者のために、情報の提供だけでなく、在庫管理までも提供することである。
ウ 適切でない。 WMSとは、倉庫や物流センターを効率的に運用する管理システムのことで、配車計画や保管計画、ピッキングなどの活動を情報システムで一括管理し、全体の流れをコントロールすることである。物流センター内の生産性向上のみを目的とするものではない。
エ 適切でない。 物流センターでは、要求に応じて、値付けや包装をすることもあるが、これは「荷役」ではなく、「流通加工」や「包装」という機能に該当する。物流には大きく分けて5大機能があり、「荷役」や「流通加工」、「包装」のほか、「輸送(配送)」、「保管」がある。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

【過去問通勤ドリル】第58回 平成27年 中小企業経営・政策 第14問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第58回   平成27年 中小企業経営・政策 第14問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 
小規模事業者は、地域の経済や雇用を支える極めて重要な存在であり、経済の好循環を全国津々浦々まで届けていくためには、その活力を最大限に発揮させることが必要不可欠である。
平成25年の通常国会において、「  A  」が成立したが、  B  の基本理念にのっとりつつ、小規模企業に焦点を当て、「  A  」をさらに一歩進める観点から、平成26年の通常国会において「小規模企業振興基本法(小規模基本法)」および「  C  による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律(小規模支援法)」が成立した。
   
(設問1)
文中の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
 
ア  A:小規模企業活性化法          B:中小企業基本法
イ  A:小規模企業活性化法          B:中小企業憲章
ウ  A:中小企業経営力強化支援法    B:中小企業基本法
エ  A:中小企業経営力強化支援法    B:中小企業憲章
 
(設問2)
文中の下線部に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  この法律において「小企業者」とは、おおむね常時使用する従業員の数が5人以下の事業者をいう。
イ  この法律において「小規模企業者」とは、中小企業基本法に規定する小規模企業者をいう。
ウ  この法律において政府は、小規模企業をめぐる情勢の変化などを勘案し、おおむね5年ごとに基本計画を変更するものとした。
エ  この法律は、小規模企業の事業活動の活性化を図る観点から、中小企業基本法等の一部を改正し、「基本理念」と「施策の方針」を明確化するものである。
 
(設問3)
文中の空欄Cに入る語句として、最も適切なものはどれか。
 
ア  商工会及び商工会議所
イ  中小企業再生支援協議会
ウ  都道府県
エ  認定支援機関

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次・2次>おためしWeb受講講座【まずは無料で】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~まずは無料で!おためしWEB受講制度~

LECの中小企業診断士講座ってどんな感じ?
そんな、あなたの疑問を解消します!1次試験だけでなく、2次試験の講座を無料で受講
できます。
まずは、試してみて下さい!

○対象講座
 1次ベーシック講座
 2次ベーシック講座
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
(設問1)ア
(設問2)エ
(設問3)ア
 
【解説】
「小規模企業活性化法」と「小規模基本法」「小規模支援法」についての問題である。

(設問1)
平成25年の通常国会において、「小規模企業活性化法」(空欄A)が成立したが、「中小企業基本法」(空欄B)の理念にのっとりつつ、小規模企業に焦点を当て、「小規模企業活性化法」をさらに一歩進める観点から、平成26年の通常国会において「小規模基本法」と「小規模支援法」が成立した。
よって、アが正解である。

(設問2)
小規模企業振興基本法(小規模基本法)について問われている。
ア 適切である。 小規模基本法では、新たに「小企業者」が規定された。常時使用する従業員の数が5人以下の事業所をいう。
イ 適切である。 「小規模企業者」とは、従来の中小企業基本法における小規模企業の定義と同じである。
ウ 適切である。 小規模企業施策について、5年間の基本方針を定め、政策の継続性・一貫性を担保する仕組みを作っている。
エ 適切でない。 これは「小規模企業活性化法」についての説明である。小規模基本法は中小企業基本法の一部改正ではなく、新たに制定されたものである。
よって、エが正解である。

(設問3)
小規模支援法の正式名称は、「商工会及び商工会議所(空欄C)による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律」である。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

【過去問通勤ドリル】第57回 平成27年 運営管理 第35問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第57回   平成27年 運営管理 第35問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

店舗における商品の在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
  
ア  売場の棚に陳列する商品のフェイス数は、均一にした方が補充頻度を一定にしやすい。
イ  需要予測を実需が上回った場合、過剰在庫が発生しやすい。
ウ  店舗では、リードタイム期間の平均需要量を発注点とすると、欠品を起こすことがない。
エ  発注から納品までのリードタイムを短くすると、発注点を低くできる。
オ  万引き等によるロスがあると、自動発注時の発注量が増加する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次対策>「2次直前対策講座」 特集ページ【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~あなたを合格させる、問題・添削・講義がここにあります~

LECの2次直前対策講座は、「自分に合わせて選べるカリキュラム」がその特徴です! 2次
試験対策の学習をすでになされている方だけでなく、8月から初めて2次対策に取り組む方
のためにも、パック・オプションをご用意しております。 あなたの2次試験合格が叶うよ
う、全力でサポートいたします。

ポイント1. ココが違う!LEC 2次直前講座
 1.講義の質・・・96.3%の受講生が「わかりやすい」と講義を評価
 2.問題の質・・・本試験の論点を突く。少ない演習で大きな効果
 3.添削の質・・・個々のレベルアップに繋がる丁寧な添削

ポイント2. 自分の状況に合わせて選べる、各種カリキュラム

ポイント3. セットでさらにお得な2次対策講義☆★☆
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
店舗における在庫管理に関する問題である。思考力が問われる問題であるが、在庫管理手法や発注手法の知識が定着していれば、適切な選択肢を選ぶことは難しくなかった。
  
ア 適切でない。 売場に陳列する商品のフェイス数を均一にするよりも、商品の売れ行きによってフェイス数を変えた方が補充頻度は一定になりやすい。例えば、売行きの良い商品のフェイス数を多くし、反対に売れ行きの良くない商品のフェイス数を少なく設定した場合の方が、商品が品薄になる時点が同時期になりやすくなり、補充頻度は一定になりやすい。
イ 適切でない。 需要予測を実需が上回った場合は、欠品が生じやすいため不適切である。過剰在庫が生じるのは需要予測が実需を上回った場合である。
ウ 適切でない。 リードタイム期間の平均需要量を発注点とした場合、商品が入荷するまでに売り切れてしまう可能性が高く、欠品が生じやすい。よって発注点は安全在庫を考慮して設定することで欠品の抑制ができる。いずれにせよ消費者需要が不確実性の高いものであることから、欠品が確実に防げる手法は存在しない。
エ 適切である。 発注点は、発注点=対象期間の平均需要量×調達期間+安全在庫によって求められる。よって調達期間が短くなることで、発注点は低くなる。昨今、流通業において多頻度小口納品が求められるのも、調達期間を短縮することで在庫を少なくしつつ欠品を抑制できるためである。
オ 適切でない。 万引きなどによるロスが発生した場合、自動発注時の発注量は増加しないため不適切である。自動発注はPOSと連動させて構築されるのが一般的であり、販売データが生じた場合に売れた分だけ補充する仕組みである。よって万引きが生じた場合販売データが発生しないため自動発注は行われない。またPOS上の在庫数と実際の在庫数に乖離が生じる。
よって、エが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

【過去問通勤ドリル】第56回 平成27年 中小企業経営・政策  第13問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第56回   平成27年 中小企業経営・政策  第13問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

中小企業基本法の定義に基づく中小企業者に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
 
ア  従業員数60人で資本金が6千万円の食料品小売業は中小企業に該当し、従業員数3人で資本金100万円の食料品小売業は小規模企業に該当する。
イ  従業員数80人で資本金が2億円の化粧品卸売業は中小企業に該当し、従業員数5人で資本金が500万円の化粧品卸売業は小規模企業に該当する。
ウ  従業員数80人で資本金が3千万円の飲食業は中小企業に該当し、従業員数5人で資本金500万円の飲食業は小規模企業に該当する。
エ  従業員数500人で資本金が2億円の機械器具製造業は中小企業に該当し、従業員数20人で資本金が3千万円の機械器具製造業は小規模企業に該当する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格:1次2次プレミアム1年合格コース【早割&合格お祝い金!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★7月末までの早期申込割引「4万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
中小企業基本法から、中小企業者の定義に関する問題である。毎年必ず出題される重要論点である。確実に得点したい。160801a
 
ア 適切でない。 従業者数・資本金ともに、中小企業の定義を超えており不適切である。小規模企業についての記述は正しい。
イ 適切である。 中小企業・小規模企業とも基準を満たしており正しい。
ウ 適切である。 中小企業・小規模企業とも基準を満たしており正しい。
エ 適切である。 中小企業・小規模企業とも基準を満たしており正しい。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日)

【過去問通勤ドリル】第55回 平成27年 運営管理 第34問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第55回   平成27年 運営管理 第34問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

物流センター内のエリア管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  エリアごとに作業員を決める固定ロケーション管理は、人別の業務評価がしやすい。
イ  固定ロケーション管理は、在庫量を一定に保ちやすい。
ウ  フリーロケーション管理では、保管スペースの有効活用がしやすい。
エ  フリーロケーション管理は、固定ロケーション管理よりも人によるピッキング作業の効率がよい。
オ  ロケーション管理では、物流センター内の人員配置を適切にマネジメントすることが重要である。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次科目別>2017年合格目標:1次科目別徹底攻略パック【新発売】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~不合格科目を徹底攻略!1次科目別合格を狙う!~

1次科目別徹底攻略パックは、2017年1次試験の科目合格を狙うコースです。
すでに複数の科目合格をされている方や、再チャレンジされる方、これまで独学で学習し
てきた方に最適なコースです。このコースの特長は、科目ごとのインプット講義及びアウ
トプット(演習)がセットになっている点で、知識の習得から確認までができるカリキュラ
ムです。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
物流機能の基礎知識、物流センターのロケーション管理に関する問題である。フリーロケーション管理と固定ロケーション管理の内容・違いが理解できていれば、解ける問題である。
固定ロケーション管理とは、荷物ごとに保管する場所を決めて管理する方法で、ピッキングの効率は高いが、保管効率は低い。対してフリーロケーション管理は、空いている場所に荷物を保管してゆく方法で、保管効率は高いが、ピッキングの効率は低い。

ア 適切でない。 固定ロケーション管理では、ロケーションごとに仕事量が異なるため、人別の業績評価は容易でない。
イ 適切でない。 固定ロケーション管理では、在庫量を目視で確認しやすいが、在庫量を一定に保ちやすいとまでは言えない。
ウ 適切である。 フリーロケーション管理では、固定ロケーション管理と比べて、空きスペースを有効に活用することが可能である。
エ 適切でない。 フリーロケーション管理では、保管スペースが定まった場所ではないため、固定ロケーション管理より、人によるピッキング作業の効率は低い。
オ 適切でない。 フリー、固定とも、人員配置よりも「固定ロケーションの場合のスペース配分」や、「フリーロケーションの場合の管理システム」などのロケーションのマネジメントが重要である。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

【過去問通勤ドリル】第54回 平成27年 運営管理 第36問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第54回   平成27年 運営管理 第36問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

チェーン小売業の物流に関する記述として、最も適切なものはどれか。
   
ア  DC(Distribution Center)では在庫を持たず、複数店舗へ納入する商品を一括して納入業者から受け取り、店舗別に仕分けして出荷する。
イ  カテゴリー納品は、カテゴリーごとに適切な配送スケジュールを組み、物流センターから店舗へ納品することをいう。
ウ  小売店舗への共同配送は、店舗の人時生産性向上につながる。
エ  専用物流センターを持つ小売業と納入業者の取引価格設定は、原則として物流センターまで届けることを前提に設定されている。
オ  多頻度小口配送は、車両積載効率を向上させコスト削減につながる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
Shikaku
<生ガイダンス>初学者向け・資格説明会のご案内【当日申込特典10000円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECのガイダンスは、インターネットで検索できることは話しません。~

LECは効率を度外視し、少人数制のガイダンスを貫いています。だから、“あなた”が合
格するとどんなメリットがあるのか、“あなた”にはどんな学習スタイルが向くのか、膝
を詰めてお話しできます。アナログですが、結局何事も人にきくことが一番の近道です

●池袋本校●
 7/31(日)13:00~黒川 貴弘 LEC専任講師
 生講義 「1次ベーシック講座60分ダイジェスト」
●新宿エルタワー本校●
 7/30(土)14:00~金城 順之介 LEC専任講師
 生講義 「1次ベーシック講座60分ダイジェスト」

★資格説明会 参加者特典
 ①当日成約割引・予約割引
  資格説明会当日にお申込いただくと、当日申込特典として10,000円を講座受講料から
  割引いたします。
 ②ビジネスにも役立つすぐれもの「儲ける仕組みをつくるビジネスフレームワーク集」
  無料進呈
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
一括物流システムに関する問題である。選択肢の記述は全て基礎的な内容であり、落ち着いて内容を理解すれば解ける、比較的易しい問題である。
  
ア 適切でない。 DCとは在庫型物流センターのことで、商品在庫を持ち、店舗からの発注を受けるごとに商品をピッキングして配送する形態をとる。選択肢の内容は、TC(Transfer Center)、通過型物流センターの形態である。
イ 適切でない。 カテゴリー納品とは、売場構成や商品カテゴリーに合わせ、荷を揃えて、納品する方式である。配送スケジュール組みまでは含まない。
ウ 適切である。 共同配送は、実車率や積載率の向上による物流コストの削減以外に、店舗側にも生産性向上のメリットがある。
エ 適切でない。 日本の商習慣上、小売業の持つ物流センターの運営費は、ベンダー側が負担している。
オ 適切でない。 多頻度小口配送は、そのままでは車両積載効率が低下し、物流コストアップを招く。その対策として、共同配送で荷物を混載するなどで、車両積載効率を高め、コスト削減をはかっている。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

【過去問通勤ドリル】第53回 平成27年 経済学・経済政策 第20問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第53回   平成27年 経済学・経済政策 第20問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

いま、ある事業を独占的に提供している既存の企業Aがある。この事業には、新規参入を希望する企業Bも存在している。企業Aは、この事業で「高価格」戦略か「低価格」戦略を採用することができ、企業Bは、「参入」ないし「参入せず」を選択することができる。以下の樹形図は、このようなゲームの様子を整理したものであり、カッコ内の値は、左が企業A、右が企業Bの利得を表している。なお、政府は、この事業へ参入規制を設けて、新規企業Bが「参入」を選択できないように計らうこともできる。
このときの記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。


a  政府が参入規制を設けていない場合、企業Aが「高価格」を設定し、企業Bが「参入せず」を選択するのはナッシュ均衡である。
b  政府が参入規制を設けていない場合、企業Aが「低価格」を設定し、企業Bが「参入せず」を選択するのはナッシュ均衡である。
c  バックワード・インダクションの解では、政府が参入規制を設けていない場合、企業Bは「参入せず」を選択する。
d  バックワード・インダクションの解では、政府が参入規制を設けている場合、企業Aは「低価格」を選択する。
  
〔解答群〕
ア  aとc
イ  aとd
ウ  bとc
エ  bとd

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」【予約不要・参加無料】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 7/30(土)13:00~14:00 企業経営理論 金城 順之介 LEC専任講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 LEC専任講師
●梅田駅前本校●
 8/6(土)13:00~14:00 企業経営理論 高村 憲司 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、ゲーム理論に関する問題である。具体的には、バックワード・インダクション(後方帰納法)という内容が問われており、難易度は高い。難しければ復習しなくてもよい。

  
( )内の左の数値が企業Aの利得、右の数値が企業Bの利得である。
1.通常の展開形ゲームの場合の解(ナッシュ均衡)
手番として、最初に企業A、続いて企業Bがそれぞれ自らの利得が最大となる戦略を選択するものとする。
ここで仮に企業Aが「高価格」を選択するならば、企業Bは「参入」を選択すれば50の利得、「参入せず」ならば0の利得となる。したがって、企業Bは「参入」する。このとき、企業Aと企業Bはともに50の利得が得られる。
一方、企業Aが「低価格」を選択するならば、企業Bは「参入」を選択すれば-40の利得、「参入せず」ならば0の利得となる。したがって、企業Bは「参入せず」を選択する。このとき、企業Aは100、企業Bは0の利得が得られる。
上述のように、この場合、企業Aが先手なので、企業Aは自己にとって最適な方を選択するはずである。したがって、ナッシュ均衡は、企業Aは「低価格」を選択し、企業Bは「参入せず」を選択する。
したがって、bが妥当である。
2.バックワード・インダクションの場合の解
手番として、最初に企業A、続いて企業Bがそれぞれ自らの利得が最大となる戦略を選択するものとする。
ここで、先手である企業Aが仮に高価格戦略を採用した場合、企業Bが「参入」を選択すれば50の利得、「参入せず」を選択すれば0の利得となるので、「参入」を選択するはずである。次に、先手である企業Aが仮に低価格戦略を採用した場合、企業Bが「参入」を選択すれば-40の利得、「参入せず」を選択すれば0の利得となるので、「参入せず」を選択するはずである。
こうした企業Bの行動を先手である企業Aが把握していれば、企業Aは、低価格を採用するはずである。そうすれば、企業Bは「参入せず」を選択するので、企業Aの利得は100になり、高価格を採用するよりも利得が多くなるからである。
したがって、cが妥当である。
よって、b、cが正しく、ウが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

【過去問通勤ドリル】第52回 平成27年 運営管理 第35問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第52回   平成27年 運営管理 第35問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

店舗における商品の在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
  
ア  売場の棚に陳列する商品のフェイス数は、均一にした方が補充頻度を一定にしやすい。
イ  需要予測を実需が上回った場合、過剰在庫が発生しやすい。
ウ  店舗では、リードタイム期間の平均需要量を発注点とすると、欠品を起こすことがない。
エ  発注から納品までのリードタイムを短くすると、発注点を低くできる。
オ  万引き等によるロスがあると、自動発注時の発注量が増加する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
Ttl_1ji2ji_1y_pre
<コース>2017年合格:1次2次プレミアム1年合格コース【早割&合格お祝い金!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★7月末までの早期申込割引「4万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
店舗における在庫管理に関する問題である。思考力が問われる問題であるが、在庫管理手法や発注手法の知識が定着していれば、適切な選択肢を選ぶことは難しくなかった。

ア 適切でない。 売場に陳列する商品のフェイス数を均一にするよりも、商品の売れ行きによってフェイス数を変えた方が補充頻度は一定になりやすい。例えば、売行きの良い商品のフェイス数を多くし、反対に売れ行きの良くない商品のフェイス数を少なく設定した場合の方が、商品が品薄になる時点が同時期になりやすくなり、補充頻度は一定になりやすい。
イ 適切でない。 需要予測を実需が上回った場合は、欠品が生じやすいため不適切である。過剰在庫が生じるのは需要予測が実需を上回った場合である。
ウ 適切でない。 リードタイム期間の平均需要量を発注点とした場合、商品が入荷するまでに売り切れてしまう可能性が高く、欠品が生じやすい。よって発注点は安全在庫を考慮して設定することで欠品の抑制ができる。いずれにせよ消費者需要が不確実性の高いものであることから、欠品が確実に防げる手法は存在しない。
エ 適切である。 発注点は、発注点=対象期間の平均需要量×調達期間+安全在庫によって求められる。よって調達期間が短くなることで、発注点は低くなる。昨今、流通業において多頻度小口納品が求められるのも、調達期間を短縮することで在庫を少なくしつつ欠品を抑制できるためである。
オ 適切でない。 万引きなどによるロスが発生した場合、自動発注時の発注量は増加しないため不適切である。自動発注はPOSと連動させて構築されるのが一般的であり、販売データが生じた場合に売れた分だけ補充する仕組みである。よって万引きが生じた場合販売データが発生しないため自動発注は行われない。またPOS上の在庫数と実際の在庫数に乖離が生じる。
よって、エが正解である。 
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

【過去問通勤ドリル】第51回 平成27年 運営管理 第34問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第51回   平成27年 運営管理 第34問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

物流センター内のエリア管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  エリアごとに作業員を決める固定ロケーション管理は、人別の業務評価がしやすい。
イ  固定ロケーション管理は、在庫量を一定に保ちやすい。
ウ  フリーロケーション管理では、保管スペースの有効活用がしやすい。
エ  フリーロケーション管理は、固定ロケーション管理よりも人によるピッキング作業の効率がよい。
オ  ロケーション管理では、物流センター内の人員配置を適切にマネジメントすることが重要である。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次科目別>2017年合格目標:1次科目別徹底攻略パック【新発売】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~不合格科目を徹底攻略!1次科目別合格を狙う!~

1次科目別徹底攻略パックは、2017年1次試験の科目合格を狙うコースです。
すでに複数の科目合格をされている方や、再チャレンジされる方、これまで独学で学習し
てきた方に最適なコースです。このコースの特長は、科目ごとのインプット講義及びアウ
トプット(演習)がセットになっている点で、知識の習得から確認までができるカリキュラ
ムです。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
物流機能の基礎知識、物流センターのロケーション管理に関する問題である。フリーロケーション管理と固定ロケーション管理の内容・違いが理解できていれば、解ける問題である。
固定ロケーション管理とは、荷物ごとに保管する場所を決めて管理する方法で、ピッキングの効率は高いが、保管効率は低い。対してフリーロケーション管理は、空いている場所に荷物を保管してゆく方法で、保管効率は高いが、ピッキングの効率は低い。

ア 適切でない。 固定ロケーション管理では、ロケーションごとに仕事量が異なるため、人別の業績評価は容易でない。
イ 適切でない。 固定ロケーション管理では、在庫量を目視で確認しやすいが、在庫量を一定に保ちやすいとまでは言えない。
ウ 適切である。 フリーロケーション管理では、固定ロケーション管理と比べて、空きスペースを有効に活用することが可能である。
エ 適切でない。 フリーロケーション管理では、保管スペースが定まった場所ではないため、固定ロケーション管理より、人によるピッキング作業の効率は低い。
オ 適切でない。 フリー、固定とも、人員配置よりも「固定ロケーションの場合のスペース配分」や、「フリーロケーションの場合の管理システム」などのロケーションのマネジメントが重要である。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧