« 【過去問通勤ドリル】第5回 平成27年 運営管理 第4問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第7回 平成27年 経済学経済政策 第4問 »

2016年6月12日 (日)

【過去問通勤ドリル】第6回 平成27年 経営情報システム 第1問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】   平成27年 経営情報システム 第1問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 コンピュータは、業務に必要な各種の周辺装置を直接あるいはネットワーク経由等で接続して利用する。周辺装置を選択する場合は、各装置の特性を理解した上で、業務に適した装置を選択する必要がある。
周辺装置の特性に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア  外部記憶装置として利用される磁気ディスクは製造後にフォーマッ トを行わなければ利用できないが、SSDはフォーマットが不要でホットスワップ機能のもとでのディスク交換に向いている。
イ  カラープリンタで画像を印刷する場合は、画像のベクターデータとともに、XGA,WXGA等の解像度に関する情報がプリンタへと指示されるので、パラレルインタフェースが使用されている。
ウ  業務用のハンディターミナルに搭載されることの多い抵抗膜方式のタッチパネルは、スマートフォンに搭載されている静電容量方式のパネルと比べ、ペンや手袋等をしていても反応し、耐久性能や耐衝撃性能が優れている。
エ  有機ELディスプレイは有機EL素子自体が発光する特性を利用し、高輝度でコントラストが高く鮮明な表示が可能で、バックライトが不要なので消費電力も少ない。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」財務、企業経営【予約不要】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 6/19(日)16:00~17:00 企業経営理論 金城 順之介 講師
 7/16(土)13:00~14:00 財務・会計 大庭 聖司 講師
 7/30(土)14:00~15:00 企業経営理論  金城 順之介 講師
●新橋本校●
 6/23(木)19:00~20:00 企業経営理論 後藤 博  講師 
 7/18(月・祝)16:30~17:30 企業経営理論 後藤 博  講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 講師
●横浜本校●
 7/24(日)14:00~15:00 企業経営理論 黒川 貴弘 講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
コンピュータの周辺機器に関する問題である。選択肢に登場するキーワードは全て知識として押さえる必要はないが、少なくともSSD、有機ELに関する知識は押さえて欲しい。
ア 適切でない。 SSD(Solid State Drive)をパソコンに接続しただけでは、OS(オペレーティングシステム)の制限により認識されない。SSDをフォーマットして認識させる必要がある。SSD(Solid State Drive)とは、ROMの系統に分類されるフラッシュメモリを用いたドライブ装置であり、HDD(Hard Disk Drive)の代替として登場してきている。モーターやヘッドの機械駆動部品がないため、メディアの回転やヘッドのシーク待ちの必要がなく高速かつ静かで衝撃にも強く、消費電力も少ない。HDDに比べ高額ではあるが、ノートPCなどを対象に今後急速に普及していくと見られている。なお、ホットスワップ(ホットプラグ)機能とは、電源を切ることなく、接続(プラグ)を抜き差しできる機能のことである。
イ 適切でない。ベクターデータとは、点の座標とそれを結ぶ線(ベクター、ベクトル)などの数値データをもとにして演算によって再現する画像形式である。一方、画像を色のついたドットと呼ばれる点の羅列・集合として表現する画像形式をビットマップデータと言う(ビットマップデータの例としては、PNG、JPEG、GIF、BMP、TIFFなどがある)。画像印刷の際は、ベクターデータではなくビットマップデータがプリンタに指示される。また、プリンタとの接続のインターフェースは、現状、USB等のシリアルインタフェースが主流である。
ウ 適切でない。 抵抗膜方式のタッチパネルは、静電容量方式に比べ耐久性能や耐衝撃性能に優れてはいない。それ以外の記載は正しい。抵抗膜方式は、指やペンなどで押した画面の位置を電圧変化の測定によって検知する方式であり、静電容量方式は、画面に指で触れると発生する微弱な電流、つまり静電容量の変化をセンサーで感知し、タッチした位置を把握する方式である。抵抗膜方式は、問題文中にある業務用のハンディターミナルの他、ニンテンドーDSなどのゲーム機などで利用されている。一方、静電容量方式は、スマートフォンに多く採用されている。
エ 適切である。 有機ELは、電圧をかけると発光するディスプレイである。発行体をガラス基板に蒸着し、5~10Vの直流電圧をかけて表示を行う。発行体にはジアミン類などの輝度を得ることができ、視認性、応答速度、寿命、消費電力の点で優れている。さらにバックライトが必要な液晶よりも薄くできる点が特長である。
よって、エが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第5回 平成27年 運営管理 第4問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第7回 平成27年 経済学経済政策 第4問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第6回 平成27年 経営情報システム 第1問:

« 【過去問通勤ドリル】第5回 平成27年 運営管理 第4問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第7回 平成27年 経済学経済政策 第4問 »