« 【過去問通勤ドリル】第12回 平成27年 運営管理 第7問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第14回 平成27年 経営情報システム 第7問 »

2016年6月19日 (日)

【過去問通勤ドリル】第13回 平成27年 企業経営理論 第14問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
第13回   平成27年 企業経営理論 第14問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

バーナードの理論において、組織の権威の根拠を従業員に求めたとき、上意下達のリーダーシップが維持されると考えられる理由として、最も適切なものはどれか。

ア  従業員が組織の権威を受け入れている場合、組織的なコミュニケーションに従わないことは、自らの利害を損ねることになるから。
イ   組織の権威を受け入れた従業員の間には、組織に反抗する非公式組織が形成されないから。
ウ  組織の権威を伝達するためには、ビジョンを提示し、自ら部下の規範となる行動を行い、その結果を評価することができるカリスマ的リーダーシップが求められるから。
エ  リーダーが何を命令しようが、従業員がそれに従おうとしない限り、命令は実行されないから。
オ  リーダーシップには、単に従業員に命令を下して目的を達成する機能だけではなく、人間関係に配慮して集団凝集性を高める機能の両方が求められるから。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>金城順之介の「あと5点!上乗せ道場」【大阪、東京W開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~「60点のカベ」をなかなか突破できないあなたを金城講師が徹底サポート~

「急所問」から厳選された重要論点を必達レベルに仕上げることで多くの受験生が苦しむ
「60点のカベ」を乗り越えるチカラを伝授します。

○開催科目○
・企業経営理論、運営管理、中小企業政策
●日程●
梅田駅前本校 2016/6/26(日)
新橋本校   2016/7/9(土)

○講師○
金城順之介 LEC専任講師
わかりやすい講義には定評があり、受講生から圧倒的な支持を受けている人気講師です。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
バーナードが提示した権威受容説についての問題である。桑田耕太郎・田尾雅夫著「組織論」P230から出題されている。「権威受容説」では、権威とは、それが受け入れられなければ有効でない。もし、それが拒否されるような、たとえ従うとみえても、「面従腹背」のようなサボタージュを受ければ、権威は実効的ではない。権威とは受け入れられて始めて有効になる。つまり下方、従業員に発すると考える。
ア 適切である。 組織的なコミュニケーションに従わないことは組織に属する従業員間のコンフリクトに繋がり、自らが少数派であればその利害を損ねることになる。これを避けるため、自主的に権威に従うのは、権威受容説の説明として適している。
イ 適切でない。 権威を受け入れたとみせかけて、反抗的な非公式組織を形成することは可能である。これが上述の「面従腹背」の状態である。非公式組織とは,個人間の接触・相互作用を通して自然発生的に形成されるもので,意識的な構造や制度をもたない社会的結合を意味し、公式組織の意向に左右されず、非公式組織は生成されうる。
ウ 適切でない。 カリスマ型リーダーシップも上方からの権威である。カリスマ型リーダーシップとは、神から授かったような超人的な才能を保持する人間こそがカリスマ型リーダーであり、その才能を保持することで、リーダーは部下から大きな服従心を得る、とするものである。社会学者マックス・ウェーバーによって定義づけられた考え方である。
エ 適切でない。 「リーダーが何を命令しよう」が、「従業員が心の中ではそれに従おうしない」としなくとも、命令が実行される状態が「面従腹背」の状態なので、これが権威受容説の説明として適しているとはいえない。
オ 適切でない。 リーダーシップの機能として集団凝集性を高めることが求められているわけではない。リーダーシップは、集団の目的を効果的に達成していくためにリーダーが集団成員に対して行使する対人的な影響力のことであるのに対し、集団凝集性とは集団が構成員を引き付けて、その構成員を集団の一員となるように動機付ける度合いのことなので、リーダーシップの存在は必要条件ではない。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第12回 平成27年 運営管理 第7問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第14回 平成27年 経営情報システム 第7問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第13回 平成27年 企業経営理論 第14問:

« 【過去問通勤ドリル】第12回 平成27年 運営管理 第7問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第14回 平成27年 経営情報システム 第7問 »