« 【過去問通勤ドリル】第18回 平成27年 経営情報システム 第10問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第20回 平成27年 経済学・経済政策 第9問 »

2016年6月25日 (土)

【過去問通勤ドリル】第19回 平成27年 運営管理 第13問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第19回   平成27年 運営管理 第13問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ものの流れの管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  ある在庫点から見て、ものの流れにおける上流側の在庫点の在庫の総和によって定義される在庫量をエシェロン在庫という。
イ  “顧客-小売業-卸売業-製造業-部品・資材サプライヤ”などの供給活動の連鎖構造を、サプライチェーンという。
ウ  サプライチェーンの上流に行くほど発注量の変動が大きくなる現象を、ブルウィップ効果という。
エ  多段階生産・在庫システムにおける見込生産と受注生産の分岐点を、デカップリングポイントという。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次道場>超実践 2次試験合格答案作成道場【30名限定、動画あり】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格答案を書くための決定版!あなたの解法プロセスを固めよう!~

☆☆★この道場で体得できること★☆☆
◎合格答案作成の基準を体で覚える!
◎自分だけの模範解答を作成!
◎作成答案の添削フォロー付き!各自の課題を浮き彫りにします。

●開催日程●
場所:新橋本校  講師:黒川 貴弘 LEC専任講師
2016/7/10(日) 、7/17(日)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
ものの流れの管理に関する問題である。流通の連鎖、流通在庫とその変動、見込生産と受注生産の切り離し点、などに関する多面的な問題で、生産管理と店舗・販売管理にまたがる総合的な内容となっている。
ア 適切でない。 上流側ではなく下流側の在庫の総和のことである。エシェロン在庫とは、自社を含めた下流側にある在庫の総量のことで、サプライチェーン全体で情報の共有化によって、適正な在庫水準を維持することが重要となる。
イ 適切である。 サプライチェーンとは、「顧客‐小売業‐卸売業‐製造業‐部品・資材サプライヤ」などの供給活動の連鎖構造のことをいう。またサプライチェーンマネジメント(SCM:Supply Chain Management)とは、「資材供給から生産、流通、販売に至る物又はサービスの供給連鎖をネットワークで結び、販売情報、需要情報などを部門間又は企業間でリアルタイムに共有することによって、経営業務全体のスピード及び効率を高めながら顧客満足を実現する経営コンセプト」(JIS Z 8141-2309)と定義されており、資材や原材料の調達、生産、物流、消費者への販売までの商流、物流、情報流を一つの大きな供給のチェーンとしてとらえ、サプライチェーン全体を管理し、全体最適化を図ることである。
ウ 適切である。 ブルウィップとは「牛追いムチ」のことで、サプライチェーンにおけるブルウィップ効果とは、小売業から卸売業、メーカーへと上流工程にいくほど最終需要の予測数量が大きく振れて、実際の需要を超えた在庫量がサプライチーン全体で保有されてしまう現象のことである。但し、サプライチェーン全体として情報共有するマネジメントによってブルウィップ効果の過大な予測数量を抑制することは可能である。
エ 適切である。 デカップリングポイント(De coupling Point)とは、見込生産と受注生産の切り離し点のことである。部品、中間製品などを見込生産し、顧客注文を受けてからその在庫を用いて最終製品の組立を開始する場合に、見込生産と受注生産の境目をデカップリングポイントと呼び、受注引当てポイントともいう。デカップリングポイントを生産の上流側へ設定すれば、見込生産の材料や工数は少なくデッドストック費用を削減できるが生産リードタイムは長くなる。これに対しデカップリングポイントを生産の下流側へ設定すれば、見込生産の材料や工数は多くなってデッドストック費用は増加するが生産リードタイムは短くなる。このようにデカップリングポイントを生産工程のどこに設定するかで生産リードタイムが異なるため、納期対応の早さの調整が可能となる。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第18回 平成27年 経営情報システム 第10問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第20回 平成27年 経済学・経済政策 第9問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第19回 平成27年 運営管理 第13問:

« 【過去問通勤ドリル】第18回 平成27年 経営情報システム 第10問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第20回 平成27年 経済学・経済政策 第9問 »