« 【過去問通勤ドリル】第3回 平成27年 経済学経済政策 第3問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第5回 平成27年 運営管理 第4問 »

2016年6月10日 (金)

【過去問通勤ドリル】第4回 平成27年 企業経営理論 第3問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】    平成27年 企業経営理論 第3問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

企業の経営資源と持続的な競争優位に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  ある市場において、競合企業が業界のリーダーのもつ経営資源を複製する能力をもっていても、市場規模が限られていて複製を行わないような経済的抑止力のある状況では模倣しない傾向がある。
イ  競合企業に対する持続可能な競争優位の源泉となるためには、代替可能な経営資源の希少性が長期にわたって持続する必要がある。
ウ  時間の経過とともに形成され、その形成のスピードを速めることが難しく、時間をかけなければ獲得できない経営資源には経路依存性があり、模倣を遅らせることで先発者を保護する。
エ  代替製品の脅威は事業の収益性に影響を与えるが、競合企業は代替資源で同様の顧客ニーズを満たす製品を提供できる。
オ  独自能力の概念では、競争戦略の実行に不可欠な経営資源であっても、自社製品や事業のオペレーションを特徴づける独自なものでなければ、その資源は競争優位の源泉とはならない。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次直前>2016年合格目標:1次直前総まとめ講座【重要テーマ総チェック・7月開講】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験まであとわずか!あなたは、重要テーマを残らずチェックできていますか?~

この講座は、ズバリ「1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェックすること」で
す!LECの看板講師陣が全精力を傾けたレジュメ&講義で合格力を引き上げます!

★☆☆1次直前!総まとめ講座の3つのポイント☆☆★
1.繰り返し出題されているテーマを残さずチェックすることで足切りを防ぐ!
2.「OUTPUT&INPUT」の双方向講義で応用レベルまで引き上げる!
3.独学では学べない、「本試験で使える、解答へのアプローチ法」で得点を+α!

●開催校●
大阪・梅田駅前本校 、東京・新橋本校
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
持続的な競争優位性を構築するために、企業の持つ独自の経営資源を活用できる組織的な能力(ケイパビリティ)に着目した戦略(リソース・ベースド・ビュー)に関する問題である。経営資源をバリューチェーンやVRIOフレームワーク等の視点から整理し、コアコンピタンス:「他社に提供できないような利益を顧客にもたらすことのできる、企業内部に秘められた独自のスキルや技術の集合体」を形成し、競争優位の源泉とする考え方である。なお、コアコンピタンスには、以下の3つの条件を持った経営資源である必要がある。
① 顧客に認知される価値
② 競合企業とは違いのある競争能力
③ 多様な仕様へのアクセスが可能
ア 適切である。 その市場のリーダーの持つ経営資源を複製しても独自能力として競争優位性の構築にならず、さらに市場規模が小さいという経済的抑止力が働けばフォロワーとして利益を得るというインセンティブも生じないので、競合企業は模倣しない傾向になる。
イ 適切でない。 VRIOフレームワーク※では、競争優位性が持続可能な固有のコンピタンスとなる経営資源は、稀少性だけでなく模倣困難性があり、その経営資源を活用できる組織体制となっていることが必須である。したがって、この「代替可能な経営資源」が競争優位性において持続可能な固有のコンピタンスになるためには、模倣困難性を有し、かつ、経営資源を活用できる組織体制が必要である。
      ※VRIOフレームワーク=V:価値があるか、R:稀少性があるか、I:模倣困難か、O:組織体制は適切か~により経営資源やケイパビリティを判断する手法
ウ 適切である。 経路依存性はパス依存性やロックインとも呼ばれ、歴史的経験に依存する経営資源は、模倣困難性を持つため先発者の保護につながる。
エ 適切である。 代替資源が稀少性のない模倣可能な資源であれば、競合企業も模倣による代替製品の供給が可能であり、顧客ニーズを満たす製品を提供できる。
オ 適切である。 独自能力(コアコンピタンス)となる条件の一つに「競合企業とは違いのある競争能力」がある。自社製品や事業のオペレーションを特徴づける独自性のない経営資源では、競争優位の源泉とならない。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第3回 平成27年 経済学経済政策 第3問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第5回 平成27年 運営管理 第4問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第4回 平成27年 企業経営理論 第3問:

« 【過去問通勤ドリル】第3回 平成27年 経済学経済政策 第3問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第5回 平成27年 運営管理 第4問 »