« 【過去問通勤ドリル】第1回 平成27年度1次試験 企業経営理論 第1問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第3回 平成27年 経済学経済政策 第3問 »

2016年6月 8日 (水)

【過去問通勤ドリル】第2回 平成27年 運営管理 第3問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
          平成27年 運営管理 第3問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

製造プロセスのデジタル化に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  CADを導入することで複数台のNC工作機がコンピュータで結ばれ、効率的な設備の運用が可能となった。
イ  CAEを導入することで樹脂や金属製の立体物が造形され、開発コストの低減と開発期間の短縮が可能となった。
ウ  CAMを導入することでCADと連携したマシニングセンタへの指示プログラムが作成され、熟練工の高度な加工技術を再現することが可能となった。
エ  3次元CADと3Dプリンタを連携させることで構造解析・流体解析等のシミュレーションがコンピュータ上で可能となり、開発コストの低減と開発期間の短縮につながった。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>金城順之介の「あと5点!上乗せ道場 3科目集中」【大阪、東京W開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~「60点のカベ」をなかなか突破できないあなたを金城講師が徹底サポート~

「急所問」から厳選された重要論点を必達レベルに仕上げることで多くの受験生が苦しむ
「60点のカベ」を乗り越えるチカラを伝授します。

○開催科目○
・企業経営理論、運営管理、中小企業政策
●日程●
梅田駅前本校 2016/6/26(日)
新橋本校    2016/7/9(土)

○講師○
金城順之介 LEC専任講師
わかりやすい講義には定評があり、受講生から圧倒的な支持を受けている人気講師です。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
設計・製造支援システムからの出題である。生産情報システムでは頻出の分野であり、テキストをしっかり読んで用語を理解している受験生であれば、容易に答えが導き出せる問題であった。
ア 適切でない。 DNC(Distributed Numerical Control)に関しての記述である。NCとは、数値制御のことで、NCを組み込んだものがNC工作機械であり、内臓のソフトウェアによって加工指示情報に変換することで、旋盤やボール盤などの加工を実現している。それが発展し、コンピュータを内蔵したCNC(Computer Numerical Control)やネットワーク接続したDNCなどが登場してきた。CADに関してはイの解説を見てほしい。
イ 適切でない。 CAD(Computer Aided Design)に関しての記述である。CADとは、コンピュータ支援による設計のことで、2次元及び3次元の形状モデルを作成できる。CADは価格帯によって実現できる機能も大きく違いがあり、中から高価格帯の3次元CADでは、パラメトリックといった設計を自動化する多機能なCADもある。CAD利用により、設計情報をデータ化することで、簡単に再利用を行う事ができ、開発コストの低減や、期間の短縮に貢献することが可能である。CAEに関してはエの解説を見てほしい。
ウ 適切である。 問題の内容の通りである。CAM(Computer Aided Manufacturing)とは、3次元CADで作成した製品形状データをもとに、NC工具の経路計算を行い、加工データを作成するものである。さらにCAMは、加工データを作るだけでなく、切削シミュレーションを行い、切削工具やホルダーの干渉や切削時間のチェックをすることも可能である。このように、事前シミュレーションを行うことにより、トラブルを未然に防止することが可能となる。
エ 適切でない。 CAE(Computer Aided Engineering)に関しての記述である。3次元CADの普及により、CAEの活用も増えてきている。CAEとは、コンピュータによる設計解析のことで、CADデータを用いたシミュレーション機能により、構造解析や応力解析などを行うことである。これにより、品質の作り込みに貢献するとともに、試作の回数を減らし、開発コストの削減に繋げることが期待できる。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第1回 平成27年度1次試験 企業経営理論 第1問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第3回 平成27年 経済学経済政策 第3問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第2回 平成27年 運営管理 第3問:

« 【過去問通勤ドリル】第1回 平成27年度1次試験 企業経営理論 第1問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第3回 平成27年 経済学経済政策 第3問 »