« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

【過去問通勤ドリル】第24回 平成27年 経済学・経済政策 第12問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第24回   平成27年 経済学・経済政策 第12問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

常に一定の固定比率で一緒に消費されるような財を完全補完財という。完全補完財であるような2財の無差別曲線を示す図として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 



〔解答群〕
ア  図A
イ  図B
ウ  図C
エ  図D

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」財務、企業経営【予約不要】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 7/16(土)13:00~14:00 財務・会計 大庭 聖司 講師
 7/30(土)14:00~15:00 企業経営理論  金城 順之介 講師
●新橋本校●
 7/18(月・祝)16:30~17:30 企業経営理論 後藤 博  講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 講師
●横浜本校●
 7/24(日)14:00~15:00 企業経営理論 黒川 貴弘 講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
【解説】
本問は、特殊な形状の無差別曲線に関する内容となっている。過去にもほとんど同じ内容が出題されており、確実に正解できなければならない。



ア 不適切である。 図Aは、一般的な無差別曲線の図(無差別曲線が原点に対して凸となる右下がりの曲線)である。
イ 適切である。 図Bは、L字型の無差別曲線となっており、完全補完財の図である。完全補完財とは、常に2財を1組で消費する場合を意味する。
ウ 不適切である。 図Cは、右下がりの直線となる無差別曲線となっており、完全代替財の図である。完全代替財とは、効用を一定に維持するための2財の交換比率(限界代替率)が常に一定である場合を意味する。
エ 不適切である。 図Dは、無差別曲線が、右下がりで原点に対して凹となる曲線となっており、限界代替率が逓増する場合の図である。
よって、イが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

【過去問通勤ドリル】第23回 平成27年 企業経営理論 第19問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第23回   平成27年 企業経営理論 第19問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

組織スラックに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  組織スラックは、イノベーションを遂行するための資源となりうる。
イ  組織スラックは、緊急事態に対応するための余裕資源として、組織の安定に寄与する。
ウ  組織スラックは、新規行動案の探索をリスク回避的にする傾向にある。
エ  組織スラックは、複数の利害関係者の組織に対する要求を調整する機能を持つ。
オ  組織スラックは、利害関係者が組織に対して求める要求が、満足水準に基づくことから生じる傾向にある。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>2016年合格目標:1次ヤマ当て講座【1科目なんと2000円!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1科目なんと2,000円!7科目まとめて受講でさらにお得!~

安いからといって内容に妥協はしていません!60分に凝縮された講義を繰り返し繰り返し聞いて頭に叩き込んでください!

<1次ヤマ当て講座 3つのポイント>
・講義時間は60分!「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的攻略!
・スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
組織スラックについての問題である。スラック資源とは、現在の業務間で直接活用されていない余裕資源のことである。このスラック資源は、組織における長所(選択肢ア~エ)、短所(選択肢オ)両面で捉えられるので、問題を解く際には注意したい。
 
ア 適切である。 組織に十分なスラック資源がない場合には、組織は日常業務に関する意思決定を、革新(イノベーション)よりも優先的に処理する「プランニングにおけるグレシャムの法則」が作用する。イノベーションを起こすためには、そのために利用可能な資源(スラック)を持っていなければならない。
イ 適切である。 緊急事態には通常業務を抱えている部署では対応出来ない場合が多い。その際余裕資源である組織スラックが、緊急事態に対応することにより、組織の安定に寄与する。
ウ 適切でない。 「リスク回避」でなく、「リスク選好」的である。上記選択肢アの説明の通り、組織スラックがあることにより革新への対応が可能になる。よって組織スラックを保有していると認識していると、新規行動案において高リスク案の選択が可能になる。
エ 適切である。 複数の利害関係者がその対立関係により自己の利益を追求した目標を設定し,連合体内における目標の不一致がもたらされる。例えば、ある会社の株主は高い配当を要求し、従業員は高い賃金を求めるといったケースである。その際、資源の不足による両者対立を緩和するため組織スラックが資源供給を行ったり、まったく別のプロジェクトに乗り出すことによって対立から注目をそらすこと(先ほどのケースでは、利益が上がりそうな新規事業に乗り出すなど)により、その対立を解消・緩和させる役割を果たすことができる。
オ 適切である。 組織は満足水準が達成できないときにのみ情報を探求する。情報の探求が行なわれて解決策が発見される。満足水準が達成されればそれ以上の探求は行なわれない。それゆえ,組織の適応は満足水準の達成を限度とし,それ以上の改善の機会は見逃される。かくて,満足水準が容易に達成できるときには企業には非効率がしのびよる。この非効率な状態により組織スラック(ゆるみ、余裕)が発生することを説明している。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

【過去問通勤ドリル】第22回 平成27年 運営管理 第15問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第22回   平成27年 運営管理 第15問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

標準時間の算定に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  PTS法で標準時間を算定する際には、レイティングの操作をする必要がない。
イ  観測作業の速度が基準とする作業ペースより速いとき、レイティング係数の値は100より小さく設定される。
ウ  正味時間は、観測時間に余裕率を掛けることで算定される。
エ  標準時間は、正味時間と付帯作業時間から構成される。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次直前>1次直前総まとめ講座【重要テーマ総チェック・7月開講】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験まであとわずか!あなたは、重要テーマを残らずチェックできていますか?~

この講座は、ズバリ「1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェックすること」で
す!LECの看板講師陣が全精力を傾けたレジュメ&講義で合格力を引き上げます!

★☆☆1次直前!総まとめ講座の3つのポイント☆☆★
1.繰り返し出題されているテーマを残さずチェックすることで足切りを防ぐ!
2.「OUTPUT&INPUT」の双方向講義で応用レベルまで引き上げる!
3.独学では学べない、「本試験で使える、解答へのアプローチ法」で得点を+α!

●開催校●
大阪・梅田駅前本校 、東京・新橋本校
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
標準時間の策定に関する時間研究からの出題である。時間研究とは、作業を要素作業、または単位作業に分割し、作業の時間を測定する手法である。時間研究の目的は、熟練者の作業を計測して、標準作業時間を設定し、それをもとに作業方法を改善することである。毎年のように出題される内容であるため、テキストや過去問を繰り返し解いている受験生にとっては容易に解答できる問題であった。
ア 適切である。 PTS法は、作業を基本動作(微細動作)まで分解することが特徴である。基本動作レベルまで分解すれば、個人差が生じないという基本概念があるため、レイティング処理が不要となる。
イ 適切でない。 観測時間より作業ペースが速い場合は、レイティング係数は大きく設定される。これにより、観測時間にレイティング係数を乗ずることで、正味時間が調整されることとなる。
ウ 適切でない。 観測時間に掛けることで正味時間が算定されるのは、レイティング係数である。
エ 適切でない。 標準時間に構成されるのは、正味時間と余裕時間である。余裕時間とは、注油や作業指導など不規則的・偶発的に発生する作業のことである。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

【過去問通勤ドリル】 第21回 平成27年 企業経営理論 第18問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第21回   平成27年 企業経営理論 第18問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

組織の有効性や従業員のウエルネス(心身ともに良好な状態)の改善を目指して、人間的かつ民主的価値観のもとで計画的に組織変革に介入するマネジメント手法として、古くから組織開発が実践されてきた。組織開発が重視している価値観として、最も不適切なものはどれか。

ア  階層的な権威や支配にこだわらない。
イ  信頼関係で結ばれ、他者に対して開かれ、協力的な環境を持った組織が効果的で健全である。
ウ  組織メンバーは、責任感をもち、誠実で思いやりがある存在として尊敬に値する。
エ  変革の影響を受ける人を決定に参加させ、変革の実行に関与させる。
オ  問題解決の結果にはこだわらず、取り組みのプロセスを重視する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格目標:1次2次プレミアム1年合格コース【今なら5万円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★6月末までの早期申込割引「5万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
組織開発が重視している価値観についての問題である。組織開発とは、人の集まりを組織として機能するように作りこんでいくための働きかけのことで、組織の有効性や従業員の福祉改善を目指した人間的、民主的価値観の上に築かれる計画的な変革の介入方法全体を含んだ用語である。日本の例では、小集団活動などが挙げられる。組織開発において、力・権威・支配・コンフリクト・強制といった概念はあまり重視されず、「メンバーに対する尊敬」、「信頼と支援」、「力の平等化」、「問題に立ち向かう」、「参加」等が基礎的な価値観となる。スティーブン・P・ロビンス著「組織行動のマネジメント」P445-446が参考になる。
 
ア 適切である。 「力の平等化」の説明になる。効率的な組織においては、階層的な権威や支配には重きを置かない。
イ 適切である。 「信頼と支援」に当たる。効率的で健全な組織は、信頼、信憑性、開放性、協力的な環境といった特徴を持つ。
ウ 適切である。 「メンバーに対する尊敬」の説明になる。各メンバーは責任感があり、誠実かつ思いやりがあるとみなし、威厳と尊厳の念を持って対応しなければならない。
エ 適切である。 「参加」の説明である。変革の影響を受ける人が変革に関する決定に参加する度合いが高まると、そうした決定を実行することに対しますます関与を高める。
オ 適切でない。 選択肢にあるように「問題解決の結果にもこだわらない」と、組織開発の重視する価値観である「問題に立ち向かう」ことにならないので誤りである。「問題に立ち向かう」ことは問題を闇に葬らずオープンな姿勢で立ち向かうことをいい、取り込みのプロセスはもちろん、解決すること自体も重要である。
よって、オが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

【過去問通勤ドリル】第20回 平成27年 経済学・経済政策 第9問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】第20回   平成27年 経済学・経済政策 第9問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

日本銀行「企業物価指数」では円ベースの輸出入物価指数が公表されている。この統計を利用するためにも、ここで為替レートの変化と物価の動きとの関係を考えてみたい。
自国を日本、外国をアメリカとして、為替レートと輸出財・輸入財価格との関係に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア 円高にあわせて、ある輸入財の円価格が引き上げられれば、その輸入財のドル価格は一定に保たれている。
イ 円高にかかわらず、ある輸出財のドル価格を一定に保つためには、その輸出財の円価格を引き上げなくてはならない。
ウ 円安にあわせて、ある輸入財のドル価格が引き上げられれば、その輸入財の円価格は一定に保たれる。
エ 円安にかかわらず、ある輸出財の円価格が一定に保たれれば、その輸出財のドル価格は低下する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<超直前道場>付属統計資料+小規模企業対策 要点整理道場【新発売】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~試験1週間前の超直前講座!短時間で得点力アップ~

試験直前の1週間前、最後の中小得点アップのため、付属統計資料と小規模企業を焦点と
したピンポイント講義です。
講義後その場ですぐに確認をしていただく形式で、得点力アップを意識した3時間です。

★3時間の内容
①13:00~14:00 付属統計資料のポイント
②14:10~16:00 小規模基本法・小規模白書+小規模対象施策のポイントチェック

※本道場の内容は、「20時間で完成 中小企業経営・政策短期集中ゼミ」及び
「1次テーマ別答練」を圧縮・厳選したものです。

●日程●
新橋本校 7/31(日)
○講師○
小松 秀春 LEC専任講師

 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】

本問は、(絶対的)購買力平価説に関する内容となっている。(絶対的)購買力平価説の意義が理解できていれば正解できるであろう。
以下では日本の輸出入財の円価格をP、アメリカの輸出入財のドル価格をP*、円建て為替レートをeで表すことにする。
このとき、円価格P=為替レートe×ドル価格P*・・・①となる。
 
ア 不適切である。 ①式より、P*=Peという関係が成立するが、円高によってeが低下するときにPを上昇させれば、P*は必ず上昇することになる。
イ 不適切である。 上の説明から明らかなように、円高で(eが低下し)ドル価格を一定に保つためには、円価格を引き下げることが必要である。
ウ 不適切である。 P=eP*という関係が成立するが、円安なのでeが上昇する。このときP*も上昇すれば、必ずPも上昇することになる。
エ 適切である。 P*=Peより、円安でeが上昇するにもかかわらず、Pが一定に保たれるならば、P*は必ず低下する。
よって、エが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

【過去問通勤ドリル】第19回 平成27年 運営管理 第13問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第19回   平成27年 運営管理 第13問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ものの流れの管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  ある在庫点から見て、ものの流れにおける上流側の在庫点の在庫の総和によって定義される在庫量をエシェロン在庫という。
イ  “顧客-小売業-卸売業-製造業-部品・資材サプライヤ”などの供給活動の連鎖構造を、サプライチェーンという。
ウ  サプライチェーンの上流に行くほど発注量の変動が大きくなる現象を、ブルウィップ効果という。
エ  多段階生産・在庫システムにおける見込生産と受注生産の分岐点を、デカップリングポイントという。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次道場>超実践 2次試験合格答案作成道場【30名限定、動画あり】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格答案を書くための決定版!あなたの解法プロセスを固めよう!~

☆☆★この道場で体得できること★☆☆
◎合格答案作成の基準を体で覚える!
◎自分だけの模範解答を作成!
◎作成答案の添削フォロー付き!各自の課題を浮き彫りにします。

●開催日程●
場所:新橋本校  講師:黒川 貴弘 LEC専任講師
2016/7/10(日) 、7/17(日)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
ものの流れの管理に関する問題である。流通の連鎖、流通在庫とその変動、見込生産と受注生産の切り離し点、などに関する多面的な問題で、生産管理と店舗・販売管理にまたがる総合的な内容となっている。
ア 適切でない。 上流側ではなく下流側の在庫の総和のことである。エシェロン在庫とは、自社を含めた下流側にある在庫の総量のことで、サプライチェーン全体で情報の共有化によって、適正な在庫水準を維持することが重要となる。
イ 適切である。 サプライチェーンとは、「顧客‐小売業‐卸売業‐製造業‐部品・資材サプライヤ」などの供給活動の連鎖構造のことをいう。またサプライチェーンマネジメント(SCM:Supply Chain Management)とは、「資材供給から生産、流通、販売に至る物又はサービスの供給連鎖をネットワークで結び、販売情報、需要情報などを部門間又は企業間でリアルタイムに共有することによって、経営業務全体のスピード及び効率を高めながら顧客満足を実現する経営コンセプト」(JIS Z 8141-2309)と定義されており、資材や原材料の調達、生産、物流、消費者への販売までの商流、物流、情報流を一つの大きな供給のチェーンとしてとらえ、サプライチェーン全体を管理し、全体最適化を図ることである。
ウ 適切である。 ブルウィップとは「牛追いムチ」のことで、サプライチェーンにおけるブルウィップ効果とは、小売業から卸売業、メーカーへと上流工程にいくほど最終需要の予測数量が大きく振れて、実際の需要を超えた在庫量がサプライチーン全体で保有されてしまう現象のことである。但し、サプライチェーン全体として情報共有するマネジメントによってブルウィップ効果の過大な予測数量を抑制することは可能である。
エ 適切である。 デカップリングポイント(De coupling Point)とは、見込生産と受注生産の切り離し点のことである。部品、中間製品などを見込生産し、顧客注文を受けてからその在庫を用いて最終製品の組立を開始する場合に、見込生産と受注生産の境目をデカップリングポイントと呼び、受注引当てポイントともいう。デカップリングポイントを生産の上流側へ設定すれば、見込生産の材料や工数は少なくデッドストック費用を削減できるが生産リードタイムは長くなる。これに対しデカップリングポイントを生産の下流側へ設定すれば、見込生産の材料や工数は多くなってデッドストック費用は増加するが生産リードタイムは短くなる。このようにデカップリングポイントを生産工程のどこに設定するかで生産リードタイムが異なるため、納期対応の早さの調整が可能となる。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

【過去問通勤ドリル】第18回 平成27年 経営情報システム 第10問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第18回   平成27年 経営情報システム 第10問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

近年、情報ネットワークが発展・普及し、その重要性はますます高まっている。そのようなネットワークに関する以下の文章の空欄A〜Dに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 

ある限られたエリアの限定的なネットワークである[  A  ]から、別の[  A  ]のユーザにアクセスしようとすれば、[  A ] 同士をつなぐ[  B  ]と呼ばれるネットワークが必要となる。一方、ユーザ同士を電話回線などを利用して単に結びつけるだけでなく、コード変換などのサービスも提供しようとしたのが[  C  ]と呼ばれるサービスである。

現在のネットワークの普及には、インターネットの登場が大きな影響を与えた。[  B  ]や [ C  ]が提供する通信サービスもインターネットで代替できるようになり、安価かつ容易に広範囲な情報ネットワークを構築できるようになった。しかし、インターネットには通信のセキュリティの問題がある。遠隔の複数の拠点にまたがる組織の拠点間の通信セキュリティを高めるために利用できる技術として[  D  ]などが知られている。

 

〔解答群〕

ア  A:LAN    B:WAN    C:EDI    D:IPS

イ  A:LAN    B:WAN   C:VAN    D:VPN

ウ  A:WAN    B:LAN    C:EDI    D:VPN

エ  A:WAN    B:LAN    C:VAN    D:IPS

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格目標:1次ストレート合格コース【7月開講・早割3万円】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~基礎から段階的に学習し、1次試験合格を目指す超効率的カリキュラム~

長年の過去問分析から導きだされた「頻出テーマにだけにしぼったカリキュラム」と「3
ステップカリキュラム」で合格までご案内します!
過去問を中心にすえた学習カリキュラム、LECの3ステップカリキュラムで、インプット講
義後、演習講座を実施し、講義の内容が理解できたかどうかをチェックします。理解度が
わかってから次のレベルに進めるので、知識を曖昧にさせません。

★☆★6月末までの早期申込割引「3万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
LANなどのネットワークに関する穴埋め問題である。いずれの選択肢も重要な用語であるので、しっかりと理解したうえで解答したい。

A 「LAN」である。 LAN(Local Area Network)とは、同一建物や施設内などの限定的な場所でのネットワークのことである。
B 「WAN」である。 WAN(Wide Area Network)とは、LAN同士を結ぶ広域ネットワークの事である。WAN回線の接続方法として、専用線、広域イーサーネット、インターネットVPN、IP-VPN等の方式がある。専用線とは、拠点間に専用回線を敷設し使用するもので、他人が勝手に使用できないため、セキュリティが高いが専用線の費用が高くなる。広域イーサーネットとは、LAN回線に使用する技術であるイーサーネット接続で使用するスイッチングハブ(レイヤー2)を組み合わせて使用するもので、通常のルーター(レイヤー3)を使用する場合に比べ安価であるが、接続拠点のルーティング情報を管理・設定する点が煩雑である。
C 「VAN」である。 VANとはValue Added  Networkとの略で付加価値通信網と呼ばれる、回線事業者が提供するサービスで、単に電話回線ではなくコード変換などのサービスも付加して提供するサービスである。現在はインターネットの普及によりあまり使用されなくなっている。
D 「VPN」である。 VPNとは、Virtual Private Networkの略で仮想専用線と呼ばれる。トンネル技術等を用い、公衆回線をあたかも専用線の様に使用できる方法である。VPNはインターネット回線を利用するインターネットVPNと回線事業者が提供するIP-VPNがある。インターネットVPNよりIP-VPNの方が、一般的にセキュリティレベルが高い。
またその他用語の説明として、EDIとは標準化されたプロトコルにより、注文情報や請求情報等のビジネス情報を企業間取引に活用する技術の事。IPSとは、Intrusion Prevention Systemの略で侵入防止システムの事であり、情報ネットワークとは直接関係ない。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

【過去問通勤ドリル】第17回 平成27年 運営管理 第12問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第17回   平成27年 運営管理 第12問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

新QC7つ道具に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  2つの事象を行と列に設定し、交差するところに存在する情報を記号化してデータの傾向をつかむために、マトリックス図法を用いた。
イ  効果的な日程管理を行うために、PDPC法を用いた。
ウ  目標達成プロセスの過程で想定外の問題が生じたとき、できるだけ早く目標に向かって軌道修正するために、連関図法を用いた。
エ  問題の因果関係を明らかにすることで、問題の原因の絞り込み、問題解決の手がかりの発見、問題の本質的な原因の発見に役立てるために、系統図法を用いた。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」財務、企業経営【予約不要】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 6/19(日)16:00~17:00 企業経営理論 金城 順之介 講師
 7/16(土)13:00~14:00 財務・会計 大庭 聖司 講師
 7/30(土)14:00~15:00 企業経営理論  金城 順之介 講師
●新橋本校●
 6/23(木)19:00~20:00 企業経営理論 後藤 博  講師 
 7/18(月・祝)16:30~17:30 企業経営理論 後藤 博  講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 講師
●横浜本校●
 7/24(日)14:00~15:00 企業経営理論 黒川 貴弘 講師
●梅田駅前本校●
 6/25(土)16:00~17:00  企業経営理論 高村 憲司  講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
新QC7つ道具からの出題である。新QC7つ道具とは、問題の因果関係を整理することで、解決すべき要因を明確にするために用いられる分析手法である。
QC7つ道具と合わせて頻出の問題であるため、準備を十分に行った受験生であれば容易に解答できたと思われる。
ア 適切である。 問題内容の通りである。マトリクス図法とは、問題としている事象の中から、対になる要素を見つけて(例えば、対策と効果など)行と列に配置し、その交点から問題解決や問題達成の着想を得る手法である。
イ 適切でない。 アロー・ダイヤグラム法に関する記述である。アロー・ダイヤグラム法とは、目標を達成するための実施手段、あるいは作業に関する詳細な実施計画を図式化する手法で、代表的なものにPERT図がある。PDPC法に関してはウの解説を見てほしい。
ウ 適切でない。 PDPC法に関する記述である。PDPC法とは、目的達成が想定した通りに進まない不測事態に備え、懸念される状態を想定し、回避策をあらかじめ計画に織り込む手法である。これにより想定外の問題が生じたときにできるだけ早く目標達成に向けて軌道修正することが可能となる。
エ 適切でない。 連関図法に関する記述である。連関図法とは、複雑に絡みあった問題に対し、事実データに基づいて因果関係を論理的に明らかにすることで要因を特定する手法である。一方、系統図法とは、目標に到達するために必要な手段や、あるべき姿と現実にあるGAPを解決する手段を、多段階的に(系統的に)発想する際に用いる手法である。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

【過去問通勤ドリル】第16回 平成27年 企業経営理論 第17問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第16回   平成27年 企業経営理論 第17問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

職務再設計とは、職務を通じた動機づけを目的とした管理方法の総称であるが、その方法のひとつである職務拡大に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  新たな上司や同僚との調整コストが発生するというデメリットがある。
イ  個人が行うタスクの数や種類を増やし、職務に多様性を持たせる。
ウ  仕事のやりがいが感じられなくなった場合、同一レベルで同様のスキルを要する職務に配置換えを行う。
エ  職務の計画、実施、評価を、自分自身で管理できるようにする。
オ  複数の職務を横断させることでスキルの拡張を図る。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>2016年合格目標:1次ヤマ当て講座【1科目なんと2000円!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1科目なんと2,000円!7科目まとめて受講でさらにお得!~

安いからといって内容に妥協はしていません!60分に凝縮された講義を繰り返し繰り返し聞いて頭に叩き込んでください!

<1次ヤマ当て講座 3つのポイント>
・講義時間は60分!「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的攻略!
・スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
「職務拡大」についての問題である。「職務拡大」では個人のタスクの数、及び種類を増やし職務の多様性を拡大することで個人のモチベーションを高める。方向としては職務の水平的拡大になる。一方、職務の垂直的拡大が「職務充実」になる。スティーブン・P・ロビンス著「組織行動のマネジメント」P122が参考になる。
ア 適切でない。 「職務拡大」は隣接した業務を複数できるようにすることなので、部署をまたがることが前提ではない。したがって、新しい上司・同僚との調整コストは発生しない。
イ 適切である。 水平的に職務の多様性を増やすことで、個人のモチベーションを高める方策である職務拡大の説明になっている。
ウ 適切でない。 これは「ジョブローテーション」の説明である。これにより、従業員の活動を多様化して退屈さを減らし、モチベーションを高める。
エ 適切でない。 これは職務が垂直方向に拡大する「職務充実」の説明である。
オ 適切でない。 これも業務を組み合わせることで従業員がより多くを管理することができるようになる「職務充実」の説明である。
よってイが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

【過去問通勤ドリル】第15回 平成27年 経済学経済政策 第8問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第15回   平成27年 経済学経済政策 第8問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

中央銀行は、名目貨幣量を拡大させる金融緩和政策を実施することがある。この名目貨幣量拡大により、総需要が増加することで、名目賃金率と物価が上昇し始めると、企業側は総供給を増やそうとする。このときの労働者側の短期における行動について、自然失業率仮説の記述として最も適切なものはどれか。

ア  物価上昇は認識せず、名目賃金率上昇のみを認識するため、労働供給量を増やす。
イ  名目賃金率上昇と物価上昇をともに認識し、労働供給量を増やす。
ウ  名目賃金率上昇と物価上昇をともに認識せず、労働供給量を変えない。
エ  名目賃金率上昇は認識せず、物価上昇のみを認識するため、労働供給量を減らす。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次直前>1次直前総まとめ講座【重要テーマ総チェック・7月開講】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験まであとわずか!あなたは、重要テーマを残らずチェックできていますか?~

この講座は、ズバリ「1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェックすること」で
す!LECの看板講師陣が全精力を傾けたレジュメ&講義で合格力を引き上げます!

★☆☆1次直前!総まとめ講座の3つのポイント☆☆★
1.繰り返し出題されているテーマを残さずチェックすることで足切りを防ぐ!
2.「OUTPUT&INPUT」の双方向講義で応用レベルまで引き上げる!
3.独学では学べない、「本試験で使える、解答へのアプローチ法」で得点を+α!

●開催校●
大阪・梅田駅前本校 、東京・新橋本校
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、マネタリスト(フリードマン)の自然失業率仮説に関する内容となっている。フィリップス曲線と関連し、難易度は高い。ただし、過去に出題されたことがなく、重要度は低い。
マネタリストの自然失業率仮説は、労働者や企業に貨幣錯覚が存在することを前提とした議論である。
例えば、完全雇用が実現していた状況において、政府が財政支出を拡大したとしよう。このとき、一般物価が上昇する。ところが、短期的に、企業は自社製品価格が他社と比べて相対的に上昇したと錯覚する。そのため、企業は雇用を増やそうとする。また、雇用を増やすために名目賃金率が上昇しても構わないと考える。
一方、労働者は、この名目賃金率の上昇を実質賃金率の上昇と錯覚してしまうであろう。本当は、物価も上昇して名目賃金率も上昇しているので、実質賃金率は変わっていないはずである。しかし、短期的には実質賃金率が上昇したものと錯覚し、労働供給を増やそうとする。
以上より、互いに錯覚している間つまり短期的には、失業率は低下する。
しかし、長期的には、企業も労働者も錯覚に気付き、元の行動に戻すので、失業率も元の完全雇用のときの失業率つまり自然失業率に戻るのである。
本問では、特に労働者側の錯覚が中心に問われている。
ア 適切である。 労働者は、物価上昇を短期的には認識せず、名目賃金率上昇のみを認識するため、実質賃金が上昇したものと錯覚し、一生懸命働こうとして労働供給量を増やす。
イ 不適切である。 短期的には,労働者は物価上昇を認識しない。
ウ 不適切である。 労働者は、名目賃金率の上昇は認識する。また、労働供給量を増やす。
エ 不適切である。 労働者は、名目賃金率の上昇は認識し、物価上昇を認識しない。
よって、アが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

2015年版小規模企業白書掲載事例の動画

みなさん、こんにちわ。 

中小企業庁より、2016年版小規模事業白書に掲載されている事例の中から、10人の経営者を対象に動画が公表されています。

「2016年版小規模企業白書掲載事例の動画」 (中小企業庁HPへのリンク)
今年、診断士試験で中小を受験される方。学習の合間に2015年版の事例を見てみるのも良いでしょう!
企業の生の声を聞くことで、学習をより身近なものとして感じることができると思います。
「2015年版小規模企業白書掲載事例の動画」 (中小企業庁HPへのリンク)
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格目標:1次2次プレミアム1年合格コース【今なら5万円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★6月末までの早期申込割引「5万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
 
 
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

【過去問通勤ドリル】第14回 平成27年 経営情報システム 第7問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第14回   平成27年 経営情報システム 第7問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
RDBの設計においては、利用するマスタファイルやトランザクションファイルのテーブル定義が行われる。
ある業務で利用しているRDBでは、以下のようなマスタテーブルやトランザクションテーブルが定義されている。各テーブルが正規化されている場合、以下の空欄A〜Cに入る項目の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。



〔解答群〕
ア  A:顧客住所        B:仕入先コード    C:受注日付
イ  A:顧客電話番号    B:仕入先住所      C:販売金額
ウ  A:顧客電話番号    B:在庫量          C:値引率
エ  A:自社担当者名    B:仕入単価        C:仕入先住所

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格目標:1次2次プレミアム1年合格コース【今なら5万円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★6月末までの早期申込割引「5万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
正規化に関する問題である。RDB(リレーショナルデータベース)では、データの冗長性を排除し、データの一貫性と整合性を保つ必要がある。そのために行うのが正規化である。正規化は、一般的には第3正規化まで行われる。(実際には第5正規化なども存在する)第1正規化は、繰り返し項目を分離して独立した行にすること。第2正規化は、主キーが決まればひととおり決まる項目を取り出し、表を分離すること。第3正規化は、主キー以外の項目間に従属関係があれば、それらを取り出して表を分離することである。
また、RDBでは、顧客マスタや商品マスタのようなマスタファイルと、受注データのようなトランザクションファイルから成る。マスタファイルとは、基本となるファイルで、他のファイルから参照されるファイルである。一方、トランザクションファイルとは、逐次発生する情報処理の内容を記録するファイルである。上記を踏まえ、各ファイルについて保有すべき項目について確認していく。
A:顧客コードを主キーに一意に特定できる項目に限定されるべきである。 選択肢を見ると、顧客住所(ア)、顧客電話番号(イ、ウ)、自社担当者名(エ)が適当である。
B:商品コードを主キーに一意に特定できる項目に限定されるべきである。 選択肢を見ると、仕入先コード(ア)、仕入単価(エ)が適当である。仕入先住所(イ)は、商品マスタでなく、仕入マスタに保有すべきである。在庫量(ウ)は、トランザクションデータであるためマスタファイルに保有すべきである。
C:受注トランザクションデータである項目に限定されるべきである。 受注日付(ア)、販売金額(イ)、値引率(ウ)が適当である。仕入先住所(エ)は、仕入先マスタに保有すべきである。
よって、アが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

【過去問通勤ドリル】第13回 平成27年 企業経営理論 第14問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
第13回   平成27年 企業経営理論 第14問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

バーナードの理論において、組織の権威の根拠を従業員に求めたとき、上意下達のリーダーシップが維持されると考えられる理由として、最も適切なものはどれか。

ア  従業員が組織の権威を受け入れている場合、組織的なコミュニケーションに従わないことは、自らの利害を損ねることになるから。
イ   組織の権威を受け入れた従業員の間には、組織に反抗する非公式組織が形成されないから。
ウ  組織の権威を伝達するためには、ビジョンを提示し、自ら部下の規範となる行動を行い、その結果を評価することができるカリスマ的リーダーシップが求められるから。
エ  リーダーが何を命令しようが、従業員がそれに従おうとしない限り、命令は実行されないから。
オ  リーダーシップには、単に従業員に命令を下して目的を達成する機能だけではなく、人間関係に配慮して集団凝集性を高める機能の両方が求められるから。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>金城順之介の「あと5点!上乗せ道場」【大阪、東京W開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~「60点のカベ」をなかなか突破できないあなたを金城講師が徹底サポート~

「急所問」から厳選された重要論点を必達レベルに仕上げることで多くの受験生が苦しむ
「60点のカベ」を乗り越えるチカラを伝授します。

○開催科目○
・企業経営理論、運営管理、中小企業政策
●日程●
梅田駅前本校 2016/6/26(日)
新橋本校   2016/7/9(土)

○講師○
金城順之介 LEC専任講師
わかりやすい講義には定評があり、受講生から圧倒的な支持を受けている人気講師です。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
バーナードが提示した権威受容説についての問題である。桑田耕太郎・田尾雅夫著「組織論」P230から出題されている。「権威受容説」では、権威とは、それが受け入れられなければ有効でない。もし、それが拒否されるような、たとえ従うとみえても、「面従腹背」のようなサボタージュを受ければ、権威は実効的ではない。権威とは受け入れられて始めて有効になる。つまり下方、従業員に発すると考える。
ア 適切である。 組織的なコミュニケーションに従わないことは組織に属する従業員間のコンフリクトに繋がり、自らが少数派であればその利害を損ねることになる。これを避けるため、自主的に権威に従うのは、権威受容説の説明として適している。
イ 適切でない。 権威を受け入れたとみせかけて、反抗的な非公式組織を形成することは可能である。これが上述の「面従腹背」の状態である。非公式組織とは,個人間の接触・相互作用を通して自然発生的に形成されるもので,意識的な構造や制度をもたない社会的結合を意味し、公式組織の意向に左右されず、非公式組織は生成されうる。
ウ 適切でない。 カリスマ型リーダーシップも上方からの権威である。カリスマ型リーダーシップとは、神から授かったような超人的な才能を保持する人間こそがカリスマ型リーダーであり、その才能を保持することで、リーダーは部下から大きな服従心を得る、とするものである。社会学者マックス・ウェーバーによって定義づけられた考え方である。
エ 適切でない。 「リーダーが何を命令しよう」が、「従業員が心の中ではそれに従おうしない」としなくとも、命令が実行される状態が「面従腹背」の状態なので、これが権威受容説の説明として適しているとはいえない。
オ 適切でない。 リーダーシップの機能として集団凝集性を高めることが求められているわけではない。リーダーシップは、集団の目的を効果的に達成していくためにリーダーが集団成員に対して行使する対人的な影響力のことであるのに対し、集団凝集性とは集団が構成員を引き付けて、その構成員を集団の一員となるように動機付ける度合いのことなので、リーダーシップの存在は必要条件ではない。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

【過去問通勤ドリル】第12回 平成27年 運営管理 第7問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
第12回   平成27年 運営管理 第7問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

コンカレントエンジニアリングに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  企業の目標の達成を阻害する制約条件を発見し、それに対処するためのシステムの改善を図った。
イ  資材供給から生産、流通、販売に至る物またはサービスの供給連鎖をネットワークで統合化し、情報を共有することによって経営業務全体のスピードおよび効率を高めた。
ウ  製品の企画段階から設計、生産、販売までの過程を統合化し、リードタイムの短縮を実現した。
エ  製品のライフサイクルの中で使用される製品に関する種々のデータを互いに関連付けて、一元的な管理を行った。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<全国模試>2016年合格目標:1次ファイナル全国模試【6月&7月 W開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~本番レベルの完全予想問題を厳選出題!!~

出題傾向を徹底的に分析し、学習効果の高い本番レベルの問題を出題!模試で、”自分の
実力、弱点、課題、習熟度合い”を知り、LEC診断士講座専任講師陣が本試験を徹底的に
分析し、つくりこんだ厳選問題と解説で本試験傾向や難易度を体感すれば、合格がより一
層近づけます。

今年度は、A・Bの2日程で実施いたします。ご都合にあわせてお選びください。
【A日程】2016/7/2(土)・7/3(日)
【B日程】2016/6/25(土)・6/26(日)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
コンカレントエンジニアリングと生産情報システムに関する出題である。テキストにも書かれている内容であるが、少し読み取りにくい問題であった。
ア 適切でない。 マネジメントシステム改善に関する記述である。一般的にマネジメントシステムを構築する場合は、企業としての目標・あるべき姿を策定し、現状とのGAPを洗い出した上で、改善のシステム構築を行う。コンカレントエンジニアリングも改善手法の一部であるが、これに限定されるわけではないので、ここでは誤りである。
イ 適切でない。 SCM(サプライチェーンマネジメント)に関する記述である。SCMとは、消費者からの需要情報などIT連携によって、供給側と情報共有を図ることにより、販売・生産計画の精度を高め、業務の効率化や在庫の削減を実現する手法である。
ウ 適切である。 コンカレントエンジニアリングとは、製品設計、製造、販売などの各プロセスを同時進行的に進める開発手法である。具体的には、PDMのような製品情報を一元化したデータベースに情報統合し、上流工程から各部門が情報の検索・活用を行うことで、前工程の完了を待たずに並列に業務を進めることができ、リードタイム短縮を実現する手法である。
エ 適切でない。 PLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)に関する記述である。
    製品の企画から製品出荷後のアフターサービスまで製品を包括的に管理するITソリューションである。またPLMの一部にPDM(プロダクトデータマネジメント)と呼ばれるPLMに欠かせないシステムがある。こちらは開発プロセスにおいて、設計データを一元化して管理し、工程の効率化や期間の短縮を図るITソリューションのことである。本問題は、PLMとPDMどちらを指しているのか区別がつきにくい問題であった。PLMが、PDMといった製品データ管理システムの上位概念として製品ライフサイクル全般を結び付けて管理するものとして覚えてほしい。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

【過去問通勤ドリル】第11回 平成27年 経済学経済政策 第6問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】第11回   平成27年 経済学経済政策 第6問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

拡張的な財政政策、たとえば政府支出の拡大は、下図のIS曲線をISからIS′へとシフトさせる。ただし、YはGDP、rは利子率である。下図に関する説明として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。



a  政府支出拡大の結果、利子率の上昇によって投資が減少するため、GDPはY1となる。
b  E2では、貨幣市場において、貨幣の超過供給が発生している。
c  「r1-r0」で表される利子率の上昇は、政府支出拡大による、貨幣の取引需要増加の結果生じた。
d  「Y1-Y0」が政府支出の拡大分に相当する。



〔解答群〕
ア  aとc
イ  aとd
ウ  bとc
エ  bとd

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<特別イベント>キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~【参加無料・予約不要】

簿記・FPの知識を活かして中小企業診断士資格を狙う!
日商簿記検定とファイナンシャルプランナー技能士試験は、中小企業診断士試験と密接な
かかわりがあります。ですから、簿記とFPの学習をされている方は、診断士試験受験のア
ドバンテージをお持ちであると言っても過言ではありません!診断士資格を取得し、活躍
のフィールドを広げてみませんか?

自身もFP3級の資格をもつ小松講師は、LEC診断士講座の講師として、実務家として活躍中
です。イベント後には、講師に直接質問もできますのでぜひお気軽にご来校ください!

●実施日程
7月17日(日)16:00~17:00
●担当講師
小松 秀春LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、IS-LM分析に関する内容となっている。内容は基本的なレベルであり、正解できなければならない。

a 適切である。 政府支出が拡大するとIS曲線がISからIS´へと右にシフトする。その結果、利子率は当初のr0からr1へと上昇し、民間投資が減退する。仮に利子率がr0のままで不変であれば、国民所得(GDP)はY0からY2へと増加するはずであるが、投資の減退により景気が後退し、国民所得(GDP)はY1へと戻される。つまり、クラウディング・アウトが発生する。
b 不適切である。 E2は、LM曲線を境界線にして、右の領域にある。このとき、貨幣市場では、貨幣需要が貨幣供給を上回り、超過需要となっている。
c 適切である。 選択肢aで解説したように、政府支出の拡大によって利子率は当初のr0からr1へと上昇する。それは、政府支出の拡大に伴う乗数効果の働きによって国民所得(GDP)が増加し貨幣需要が増加するためである。
d 不適切である。 政府支出の拡大分に相当するのは、Y2-Y0である。つまり、政府支出に伴う乗数効果の働きによって、国民所得(GDP)はY2-Y0だけ増加する。
よって、a,cが正しく、アが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

【過去問通勤ドリル】第10回 平成27年 経営情報システム 第4問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
第10回   平成27年 経営情報システム 第4問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ソフトウェアの開発には多様なプログラミング言語が使われるが、それぞれ特徴がある。下記の記述のうち最も適切なものはどれか。

ア  Cは、OSも開発できる言語であるが、メモリ解放の指示を忘れるとメモリリークバグが発生することがある。
イ  C#は、日本人が開発したオブジェクト指向型言語であるが、Perlを参考にして開発された。
ウ  Javaは、インタプリタ言語なので、初心者にも習得がしやすい。
エ  Perlは、HTMLとともに記述することができるサーバサイドスクリプト言語で、Webページ作成に特化している。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<生ガイダンス>初学者向け・資格説明会のご案内【当日申込特典10000円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECのガイダンスは、インターネットで検索できることは話しません。~

LECは効率を度外視し、少人数制のガイダンスを貫いています。だから、“あなた”が合
格するとどんなメリットがあるのか、“あなた”にはどんな学習スタイルが向くのか、膝
を詰めてお話しできます。アナログですが、結局何事も人にきくことが一番の近道です

●新宿エルタワー本校●
 6/19(日)16:00~ 金城 順之介 LEC専任講師
  生講義 「1次ベーシック講座60分ダイジェスト」
●横浜本校●
 6/19(日) 12:30~  小林 祐介 LEC専任講師
  個別相談会…予約制ですので横浜本校にお問い合わせ下さい。
●池袋本校●
 6/18(土) 11:00~ 若林 和哉 LEC専任講師
 生講義 「知識“ゼロ”からの中小企業診断士試験合格法」
●新橋本校●
 6/23(木) 19:00~ 後藤 博 LEC専任講師
 生講義 「1次ベーシック講座60分ダイジェスト」

★資格説明会 参加者特典
 ①当日成約割引・予約割引
  資格説明会当日にお申込いただくと、当日申込特典として10,000円を講座受講料から
  割引いたします。
 ②ビジネスにも役立つすぐれもの「儲ける仕組みをつくるビジネスフレームワーク集」
  無料進呈
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
プログラミング言語に関する問題である。各プログラミング言語の概要を押さえていれば、対応できる問題である。
ア 適切である。 Cはサーバ用OSで代表的なUNIXを開発するために作られた言語である。高速で細かな処理が記述でき、広く利用されている。また、メモリリークとは、プログラムが確保した主記憶装置(メインメモリ)領域の一部、または全部を解放できずに、データが残ったままになってしまうことを言う。メモリリークにより利用可能なメモリ領域が減少すると、システムの性能が低下したり、動作が不安定になったりする。プログラミング言語によっては、メモリ解放をコンピュータが自動で行うガベージコレクションが取り入れられており、メモリリークが起きにくくなっている。しかし、Cはガベージコレクションが組み込まれていないプログラミング言語である。ガベージコレクションを言語組込みの機能として持つ言語には、Java、C#(VB.NETなどの.NET言語はすべて該当)、PHPなどがある。一方でCのようなガベージコレクションが組み込まれていないプログラミング言語では、メモリリークが起きないように注意深くプログラムを設計する必要がある。
イ 適切でない。 「C#」ではなく「Ruby」の誤りである。それ以外は正しい。
ウ 適切でない。 Javaはインタープリタ言語とコンパイラ言語、両方の側面を持っている。実行形式で分類すると、 インタープリタ言語であるが、純粋なインタープリタ言語ではなく、中間言語方式などと呼ばれる。一旦コンパイラでバイトコードと呼ばれる中間言語に変換してから、それを JavaVM (Java Virtual Machine) と呼ばれる処理系でインタープリタ型言語として実行する。
エ 適切でない。 「Perl」ではなく「PHP」の誤りである。それ以外は正しい。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

【過去問通勤ドリル】第9回 平成27年 運営管理 第6問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】   平成27年 運営管理 第6問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

VEには、現場の基本的なVE活動手順と7つのVE質問を組み合わせて、その問いにひとつずつ答えていく方法がある。
VE活動手順とVE質問の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

ア  改善案の作成  -  他に同じ働きをするものはないか。
イ  機能の定義    -  それは何か。
ウ  機能の評価    -  それは必要な機能を果たすか。
エ  対象の選定    -  それは何をするためのものか。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<全国模試>2016年合格目標:1次ファイナル全国模試【6月&7月 W開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~本番レベルの完全予想問題を厳選出題!!~

出題傾向を徹底的に分析し、学習効果の高い本番レベルの問題を出題!模試で、”自分の
実力、弱点、課題、習熟度合い”を知り、LEC診断士講座専任講師陣が本試験を徹底的に
分析し、つくりこんだ厳選問題と解説で本試験傾向や難易度を体感すれば、合格がより一
層近づけます。

今年度は、A・Bの2日程で実施いたします。ご都合にあわせてお選びください。
【A日程】2016/7/2(土)・7/3(日)
【B日程】2016/6/25(土)・6/26(日)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
VE(Value Engineering)の活動手順に関する問題である。VEは価値工学とも呼ばれるものである。製品またはサービスの価値を機能(F:Function)とコスト(C:Cost)の関係で捉え、必要な機能を最低のコストで得ることによって、製品やサービスの価値を高める目的で活用される管理手法である。VEでは、価値(V:Value)を以下の式で定義しており、①同じ機能のままコストを下げる、②同じコストで機能を高める、③コストを下げると同時に機能を高める、④コスト上昇に見合った以上に機能を高める、ことで価値を高めための改善案を検討する。
     
問題では、VE活動手順と7つのVE質問の正しい組合せが問われている。7つのVE質問とは、VE活動実施手順を平易な問いかけ形式で表した質問のことで、VE活動手順とVE質問との関係は下表の通りである。
【VE活動手順とVE質問の対応】


ア 適切である。 選択肢の通りである。VE質問の「他に同じ働きをするものはないか」は、代替案作成におけるアイデア発想に対応するため、選択肢の文中にある「改善案の作成」は同じ意味と考えて妥当である。
イ 適切でない。 機能の定義に対応する質問は、「その働きは何か」(選択肢の「それは何をするためのものか」にあたる)である。
ウ 適切でない。 機能の評価に対応する質問は、「その価値はどうか」である。
エ 適切でない。 対象の選定(対象分野の選定)に対応する質問は、「その価値はどうか」である。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

【過去問通勤ドリル】第8回 平成27年 企業経営理論 第12問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】    平成27年 企業経営理論 第12問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

組織を情報処理システムとしてみた場合、組織デザインの手段は、情報処理の必要性と情報処理能力の観点から評価できる。組織デザインに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  横断的組織の導入は、情報処理の必要性を高くするとともに、組織の情報処理能力を高くする。
イ   階層組織は、情報処理の必要性を高くするとともに、組織の情報処理能力を高くする。
ウ  規則の使用は、情報処理の必要性を減らすが、組織の情報処理能力を低くする。
エ  自己完結的組織は、情報処理の必要性を高くするとともに、組織の情報処理能力を高くする。
オ  垂直的情報処理システムの導入は、情報処理の必要性を高くするが、組織の情報処理能力を低くする。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次道場>超実践 2次試験合格答案作成道場【30名限定、動画あり】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格答案を書くための決定版!あなたの解法プロセスを固めよう!~

☆☆★この道場で体得できること★☆☆
◎合格答案作成の基準を体で覚える!
◎自分だけの模範解答を作成!
◎作成答案の添削フォロー付き!各自の課題を浮き彫りにします。

●開催日程●
場所:新橋本校  講師:黒川 貴弘 LEC専任講師
2016/7/10(日) 、7/17(日)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
ガルブレイスの情報処理モデルの問題である。組織における情報処理とは、標準化ではムリな例外的な事態の発生のことをいう。まずは事前の規則により例外処理を減らし、階層による、より上位が情報を処理する仕組みを作り、さらには目標設定による管理を導入する。ここまでが機械的な処理モデルである。しかし、それで対応できない場合には代替的組織設計戦略を導入する。「情報処理の能力を上げる」ためには水平的関係の設置、縦系列の情報処理システムの改善が効果的であり、「情報処理の必要性」を減らすにはスラック資源(調整を可能にする余裕資源)の創設や自己充足的(下位組織に課題を達成するために必要な資源を全て持たせる)単位の創出が有効である。
ア 適切である。 横断的組織は、組織が水平的に展開することから、関連する部門間で直接的に調整し、階層構造の下部で意思決定を進めることにより、階層上部がボトルネックにならないことから、「情報処理能力」は高くなる。一方、幅広い分野から例外的情報も入るので、「情報を処理する必要性」も高くなる。
イ 適切でない。 階層構造は規則等で処理しえない例外事項が発生した場合、より上位の階層が処理する仕組みなので、特に階層下位においては「情報処理の必要性」は低くなる。一方、規則では処理できない例外事項処理を行う階層上位においては「情報処理能力」を高くする必要がある。
ウ 適切でない。 「情報処理能力を低くする」が間違いである。規則の使用は、想定内の出来事において調整を不要にするので「情報処理の必要性」を減らすが、「情報処理能力」は変わらない。
エ 適切でない。 自己完結型組織では各部門が関わるアウトプットの多様性が減り、職務の細分化も一定範囲に抑えることができるため部門間調整が減り「情報処理の必要性」が低くなる。
オ 適切でない。 垂直型情報処理システムは、新しい情報処理技術の導入で、意思決定者の情報処理能力を上げることができるので「情報処理能力」は高くなる。「情報処理の必要性」は計画段階では増えるが、導入後には例外事項が減っていく。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

【過去問通勤ドリル】第7回 平成27年 経済学経済政策 第4問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】   平成27年 経済学経済政策 第4問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ライフサイクルモデルの消費と貯蓄に関する記述として、最も適切なものはどれか。なお、生涯所得を一定とし、選択肢中にある貯蓄率とは所得に対する貯蓄の割合をさす。

ア 個人の各期の消費は、個人の年功所得にあわせて変化する。
イ 個人の各期の貯蓄は、生涯を通じて一定である。
ウ 労働から引退した高齢者の、人口全体に占める割合が大きくなれば、貯蓄率が低くなる。
エ 労働しない若年者の、人口全体に占める割合が大きくなれば、貯蓄率が高くなる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格目標:1次ストレート合格コース【7月開講・早割3万円】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~基礎から段階的に学習し、1次試験合格を目指す超効率的カリキュラム~

長年の過去問分析から導きだされた「頻出テーマにだけにしぼったカリキュラム」と「3
ステップカリキュラム」で合格までご案内します!
過去問を中心にすえた学習カリキュラム、LECの3ステップカリキュラムで、インプット講
義後、演習講座を実施し、講義の内容が理解できたかどうかをチェックします。理解度が
わかってから次のレベルに進めるので、知識を曖昧にさせません。

★☆★6月末までの早期申込割引「3万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、消費のライフサイクルモデルに関する問題である。基本的な内容であり、確実に正解できなければならない。
ア 不適切である。 ライフサイクルモデル(ライフサイクル仮説)では、各期の消費は一定であるとされる。各期の消費は、個人の年功所得にあわせて変化するわけではない。
イ 不適切である。 各期の貯蓄ではなく消費が一定なのである。例えば、毎期300万円の消費を行うなどである。
ウ 適切である。 ライフサイクルモデルでは、各期の消費は一定であるので、現役世代に所得を稼ぎ一部を貯蓄し、それを高齢者になってから取り崩すと考えるのである。つまり、高齢者は、現役世代に蓄えてきた貯蓄を取り崩す世代である。したがって、高齢者の人口全体に占める割合が大きくなればなるほど、貯蓄率が低下する。
エ 不適切である。 労働しなければ、基本的に所得はないので、貯蓄を行うことができない。こうした労働しない若年者の、人口全体の占める割合が大きくなれば、貯蓄率は低下すると考えられる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

【過去問通勤ドリル】第6回 平成27年 経営情報システム 第1問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】   平成27年 経営情報システム 第1問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 コンピュータは、業務に必要な各種の周辺装置を直接あるいはネットワーク経由等で接続して利用する。周辺装置を選択する場合は、各装置の特性を理解した上で、業務に適した装置を選択する必要がある。
周辺装置の特性に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア  外部記憶装置として利用される磁気ディスクは製造後にフォーマッ トを行わなければ利用できないが、SSDはフォーマットが不要でホットスワップ機能のもとでのディスク交換に向いている。
イ  カラープリンタで画像を印刷する場合は、画像のベクターデータとともに、XGA,WXGA等の解像度に関する情報がプリンタへと指示されるので、パラレルインタフェースが使用されている。
ウ  業務用のハンディターミナルに搭載されることの多い抵抗膜方式のタッチパネルは、スマートフォンに搭載されている静電容量方式のパネルと比べ、ペンや手袋等をしていても反応し、耐久性能や耐衝撃性能が優れている。
エ  有機ELディスプレイは有機EL素子自体が発光する特性を利用し、高輝度でコントラストが高く鮮明な表示が可能で、バックライトが不要なので消費電力も少ない。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」財務、企業経営【予約不要】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 6/19(日)16:00~17:00 企業経営理論 金城 順之介 講師
 7/16(土)13:00~14:00 財務・会計 大庭 聖司 講師
 7/30(土)14:00~15:00 企業経営理論  金城 順之介 講師
●新橋本校●
 6/23(木)19:00~20:00 企業経営理論 後藤 博  講師 
 7/18(月・祝)16:30~17:30 企業経営理論 後藤 博  講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 講師
●横浜本校●
 7/24(日)14:00~15:00 企業経営理論 黒川 貴弘 講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
コンピュータの周辺機器に関する問題である。選択肢に登場するキーワードは全て知識として押さえる必要はないが、少なくともSSD、有機ELに関する知識は押さえて欲しい。
ア 適切でない。 SSD(Solid State Drive)をパソコンに接続しただけでは、OS(オペレーティングシステム)の制限により認識されない。SSDをフォーマットして認識させる必要がある。SSD(Solid State Drive)とは、ROMの系統に分類されるフラッシュメモリを用いたドライブ装置であり、HDD(Hard Disk Drive)の代替として登場してきている。モーターやヘッドの機械駆動部品がないため、メディアの回転やヘッドのシーク待ちの必要がなく高速かつ静かで衝撃にも強く、消費電力も少ない。HDDに比べ高額ではあるが、ノートPCなどを対象に今後急速に普及していくと見られている。なお、ホットスワップ(ホットプラグ)機能とは、電源を切ることなく、接続(プラグ)を抜き差しできる機能のことである。
イ 適切でない。ベクターデータとは、点の座標とそれを結ぶ線(ベクター、ベクトル)などの数値データをもとにして演算によって再現する画像形式である。一方、画像を色のついたドットと呼ばれる点の羅列・集合として表現する画像形式をビットマップデータと言う(ビットマップデータの例としては、PNG、JPEG、GIF、BMP、TIFFなどがある)。画像印刷の際は、ベクターデータではなくビットマップデータがプリンタに指示される。また、プリンタとの接続のインターフェースは、現状、USB等のシリアルインタフェースが主流である。
ウ 適切でない。 抵抗膜方式のタッチパネルは、静電容量方式に比べ耐久性能や耐衝撃性能に優れてはいない。それ以外の記載は正しい。抵抗膜方式は、指やペンなどで押した画面の位置を電圧変化の測定によって検知する方式であり、静電容量方式は、画面に指で触れると発生する微弱な電流、つまり静電容量の変化をセンサーで感知し、タッチした位置を把握する方式である。抵抗膜方式は、問題文中にある業務用のハンディターミナルの他、ニンテンドーDSなどのゲーム機などで利用されている。一方、静電容量方式は、スマートフォンに多く採用されている。
エ 適切である。 有機ELは、電圧をかけると発光するディスプレイである。発行体をガラス基板に蒸着し、5~10Vの直流電圧をかけて表示を行う。発行体にはジアミン類などの輝度を得ることができ、視認性、応答速度、寿命、消費電力の点で優れている。さらにバックライトが必要な液晶よりも薄くできる点が特長である。
よって、エが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

【過去問通勤ドリル】第5回 平成27年 運営管理 第4問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】   平成27年 運営管理 第4問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

SLP(Systematic Layout Planning)に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  SLPでは、P(製品)、Q(量)、R(経路)、S(補助サービス)、T(時間)の5つは、「レイアウト問題を解く鍵」と呼ばれている。
イ  SLPでは、最初にアクティビティの位置関係をスペース相互関連ダイアグラムに表してレイアウトを作成する。
ウ  SLPにおけるアクティビティとは、レイアウト計画に関連する構成要素の総称で、面積を持つものも持たないものも両方含まれる。
エ  アクティビティ相互関連ダイアグラムとは、アクティビティ間の近接性評価に基づき作成された線図である。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<新発売>2016年合格目標:1次ヤマ当て講座【1科目なんと2000円!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1科目なんと2,000円!7科目まとめて受講でさらにお得!~

安いからといって内容に妥協はしていません!60分に凝縮された講義を繰り返し繰り返し聞いて頭に叩き込んでください!

<1次ヤマ当て講座 3つのポイント>
・講義時間は60分!「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的攻略!
・スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
SLP(Systematic Layout Planning)の知識を問う問題である。SLPとは、物の動きとアクティビティ(構成要素)を考察することで、適切な設備の配置と効率的なものの流れを計画する、レイアウト計画法のひとつである。昨年度に引き続きSLPに関連したテーマが出題されているため、十分に理解を深めてほしい。選択肢アに、「レイアウト問題を解く鍵」という表現があり、聞きなれない受験生は戸惑ったかもしれないが、「不適切」さが明確な選択肢を探し出せば容易に解ける問題である。

ア 適切である。 選択肢の通りである。SLPの分析対象として、P-Q分析でP(製品)とQ(量)の関係の分析、各アクティビティ間の物の流れや作業者の動きの分析、アクティビティ相互関連の分析がある。これらの分析結果からスペース相互関係ダイアグラムを作成し、R(生産経路)、S(補助サービス:設備保全など)やT(生産する時間など)を考慮に入れ、複数の代替案を比較検討してレイアウトを決定していく。
イ 適切でない。 スペース相互関連ダイアグラムは、最初に作成するものではない。各アクティビティの相互関係を明確にした後に、アクティビティ毎に必要となるスペースを考慮して作成されるダイアグラム(図表)である。
ウ 適切である。 選択肢の通りである。SLPにおけるアクティビティ(構成要素)には、面積を持つものと持たないものがある。面積を持つアクティビティには、機械設備、倉庫、通路などがある。面積を持たないアクティビティには、出入口、採光窓、換気口などがある。
エ 適切である。 選択肢の通りである。アクティビティ相互関連ダイアグラムは、生産に関わる様々なアクティビティの相互関係を分析するため、近接性評価(近接して配置するか、離して配置するか)に基づいて作成する。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

【過去問通勤ドリル】第4回 平成27年 企業経営理論 第3問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】    平成27年 企業経営理論 第3問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

企業の経営資源と持続的な競争優位に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  ある市場において、競合企業が業界のリーダーのもつ経営資源を複製する能力をもっていても、市場規模が限られていて複製を行わないような経済的抑止力のある状況では模倣しない傾向がある。
イ  競合企業に対する持続可能な競争優位の源泉となるためには、代替可能な経営資源の希少性が長期にわたって持続する必要がある。
ウ  時間の経過とともに形成され、その形成のスピードを速めることが難しく、時間をかけなければ獲得できない経営資源には経路依存性があり、模倣を遅らせることで先発者を保護する。
エ  代替製品の脅威は事業の収益性に影響を与えるが、競合企業は代替資源で同様の顧客ニーズを満たす製品を提供できる。
オ  独自能力の概念では、競争戦略の実行に不可欠な経営資源であっても、自社製品や事業のオペレーションを特徴づける独自なものでなければ、その資源は競争優位の源泉とはならない。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次直前>2016年合格目標:1次直前総まとめ講座【重要テーマ総チェック・7月開講】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験まであとわずか!あなたは、重要テーマを残らずチェックできていますか?~

この講座は、ズバリ「1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェックすること」で
す!LECの看板講師陣が全精力を傾けたレジュメ&講義で合格力を引き上げます!

★☆☆1次直前!総まとめ講座の3つのポイント☆☆★
1.繰り返し出題されているテーマを残さずチェックすることで足切りを防ぐ!
2.「OUTPUT&INPUT」の双方向講義で応用レベルまで引き上げる!
3.独学では学べない、「本試験で使える、解答へのアプローチ法」で得点を+α!

●開催校●
大阪・梅田駅前本校 、東京・新橋本校
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
持続的な競争優位性を構築するために、企業の持つ独自の経営資源を活用できる組織的な能力(ケイパビリティ)に着目した戦略(リソース・ベースド・ビュー)に関する問題である。経営資源をバリューチェーンやVRIOフレームワーク等の視点から整理し、コアコンピタンス:「他社に提供できないような利益を顧客にもたらすことのできる、企業内部に秘められた独自のスキルや技術の集合体」を形成し、競争優位の源泉とする考え方である。なお、コアコンピタンスには、以下の3つの条件を持った経営資源である必要がある。
① 顧客に認知される価値
② 競合企業とは違いのある競争能力
③ 多様な仕様へのアクセスが可能
ア 適切である。 その市場のリーダーの持つ経営資源を複製しても独自能力として競争優位性の構築にならず、さらに市場規模が小さいという経済的抑止力が働けばフォロワーとして利益を得るというインセンティブも生じないので、競合企業は模倣しない傾向になる。
イ 適切でない。 VRIOフレームワーク※では、競争優位性が持続可能な固有のコンピタンスとなる経営資源は、稀少性だけでなく模倣困難性があり、その経営資源を活用できる組織体制となっていることが必須である。したがって、この「代替可能な経営資源」が競争優位性において持続可能な固有のコンピタンスになるためには、模倣困難性を有し、かつ、経営資源を活用できる組織体制が必要である。
      ※VRIOフレームワーク=V:価値があるか、R:稀少性があるか、I:模倣困難か、O:組織体制は適切か~により経営資源やケイパビリティを判断する手法
ウ 適切である。 経路依存性はパス依存性やロックインとも呼ばれ、歴史的経験に依存する経営資源は、模倣困難性を持つため先発者の保護につながる。
エ 適切である。 代替資源が稀少性のない模倣可能な資源であれば、競合企業も模倣による代替製品の供給が可能であり、顧客ニーズを満たす製品を提供できる。
オ 適切である。 独自能力(コアコンピタンス)となる条件の一つに「競合企業とは違いのある競争能力」がある。自社製品や事業のオペレーションを特徴づける独自性のない経営資源では、競争優位の源泉とならない。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

【過去問通勤ドリル】第3回 平成27年 経済学経済政策 第3問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】   平成27年 経済学経済政策 第3問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

国民経済計算の概念として、最も適切なものはどれか。

ア  国内純生産=国内総生産+固定資本減耗
イ  国内総生産=雇用者報酬+営業余剰・混合所得+生産・輸入品に課される税-補助金
ウ  国内総生産=民間最終消費支出+政府最終消費支出+総固定資本形成+在庫品増加+財貨・サービスの純輸出
エ  国民総所得=雇用者報酬+海外からの所得の純受取

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格目標:1次2次プレミアム1年合格コース【今なら5万円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★6月末までの早期申込割引「5万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、国民経済計算に関する問題である。基本的な内容であり、確実に正解できなければならない。
ア 不適切である。 国内純生産=国内総生産-固定資本減耗
イ 不適切である。 分配面から見た国内総生産(国内総所得)は、以下の式で示される。
* 国内総生産(国内総所得)=雇用者所得(賃金など)+営業余剰(利益など)
+固定資本減耗(減価償却費)+間接税-補助金
  なお混合所得とは、個人企業の場合、個人事業主労働費用をも包含した事業所得を意味する。
ウ 適切である。 支出面から見た国内総生産(国内総支出)は、以下の式で示される。
* 国内総生産(国内総支出)=民間最終消費支出+政府最終消費支出+総固定資本形成
+在庫品増加+財貨・サービスの純輸出
エ 不適切である。 国民総所得=国内総生産(国内総所得)+海外からの所得純受取
よって、ウが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

【過去問通勤ドリル】第2回 平成27年 運営管理 第3問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
          平成27年 運営管理 第3問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

製造プロセスのデジタル化に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  CADを導入することで複数台のNC工作機がコンピュータで結ばれ、効率的な設備の運用が可能となった。
イ  CAEを導入することで樹脂や金属製の立体物が造形され、開発コストの低減と開発期間の短縮が可能となった。
ウ  CAMを導入することでCADと連携したマシニングセンタへの指示プログラムが作成され、熟練工の高度な加工技術を再現することが可能となった。
エ  3次元CADと3Dプリンタを連携させることで構造解析・流体解析等のシミュレーションがコンピュータ上で可能となり、開発コストの低減と開発期間の短縮につながった。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>金城順之介の「あと5点!上乗せ道場 3科目集中」【大阪、東京W開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~「60点のカベ」をなかなか突破できないあなたを金城講師が徹底サポート~

「急所問」から厳選された重要論点を必達レベルに仕上げることで多くの受験生が苦しむ
「60点のカベ」を乗り越えるチカラを伝授します。

○開催科目○
・企業経営理論、運営管理、中小企業政策
●日程●
梅田駅前本校 2016/6/26(日)
新橋本校    2016/7/9(土)

○講師○
金城順之介 LEC専任講師
わかりやすい講義には定評があり、受講生から圧倒的な支持を受けている人気講師です。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
設計・製造支援システムからの出題である。生産情報システムでは頻出の分野であり、テキストをしっかり読んで用語を理解している受験生であれば、容易に答えが導き出せる問題であった。
ア 適切でない。 DNC(Distributed Numerical Control)に関しての記述である。NCとは、数値制御のことで、NCを組み込んだものがNC工作機械であり、内臓のソフトウェアによって加工指示情報に変換することで、旋盤やボール盤などの加工を実現している。それが発展し、コンピュータを内蔵したCNC(Computer Numerical Control)やネットワーク接続したDNCなどが登場してきた。CADに関してはイの解説を見てほしい。
イ 適切でない。 CAD(Computer Aided Design)に関しての記述である。CADとは、コンピュータ支援による設計のことで、2次元及び3次元の形状モデルを作成できる。CADは価格帯によって実現できる機能も大きく違いがあり、中から高価格帯の3次元CADでは、パラメトリックといった設計を自動化する多機能なCADもある。CAD利用により、設計情報をデータ化することで、簡単に再利用を行う事ができ、開発コストの低減や、期間の短縮に貢献することが可能である。CAEに関してはエの解説を見てほしい。
ウ 適切である。 問題の内容の通りである。CAM(Computer Aided Manufacturing)とは、3次元CADで作成した製品形状データをもとに、NC工具の経路計算を行い、加工データを作成するものである。さらにCAMは、加工データを作るだけでなく、切削シミュレーションを行い、切削工具やホルダーの干渉や切削時間のチェックをすることも可能である。このように、事前シミュレーションを行うことにより、トラブルを未然に防止することが可能となる。
エ 適切でない。 CAE(Computer Aided Engineering)に関しての記述である。3次元CADの普及により、CAEの活用も増えてきている。CAEとは、コンピュータによる設計解析のことで、CADデータを用いたシミュレーション機能により、構造解析や応力解析などを行うことである。これにより、品質の作り込みに貢献するとともに、試作の回数を減らし、開発コストの削減に繋げることが期待できる。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

【過去問通勤ドリル】第1回 平成27年度1次試験 企業経営理論 第1問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。
 
さて、本試験まであと2ヶ月となりました。本日から1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
       平成27年 企業経営理論 第1
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

市場の成熟期を迎えた製造業の企業は、これまでの経営戦略を見直し、成熟段階にふさわしい戦略をとることが重要になる。成熟期の戦略に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 

 買い慣れた顧客が増えて、市場シェアを巡る競争は緩和するので、ブランド戦略を追求する。

 市場での競争が緩和するので、市場シェアの拡大のために生産や販売の分野に積極的な追加投資をすることが効果的になる。

 市場や技術はほぼ安定するので、競争の重点をコストとサービスに置くようにする。

 通常、成熟期に向かうにつれて流通業者のマージンが減少し、撤退する流通業者が増えるので、製造業企業は強くなった交渉力を活かして流通支配力の強化を図る戦略を狙う。

 転用のきかない経営資産は、帳簿価格が清算価値を上回っていれば売却してキャッシュフローの増大を図る。

 
※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
<全国模試>2016年合格目標:1次ファイナル全国模試【6月&7月 W開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~本番レベルの完全予想問題を厳選出題!!~
 
出題傾向を徹底的に分析し、学習効果の高い本番レベルの問題を出題!模試で、”自分の実力、弱点、課題、習熟度合い”を知り、LEC診断士講座専任講師陣が本試験を徹底的に分析し、つくりこんだ厳選問題と解説で本試験傾向や難易度を体感すれば、合格がより一層近づけます。
 
今年度は、A・Bの2日程で実施いたします。ご都合にあわせてお選びください。
【A日程】2016/7/2(土)・7/3(日)
【B日程】2016/6/25(土)・6/26(日)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)における、基本的な考え方と4つに分けた各事業の特色に関する問題である。「経営戦略」(大滝精一・金井一賴・山田英夫・岩田智、有斐閣アルマ、p84~89)をベースに解説する。
PPMは市場の成長率と自社の相対的マーケットシェア比率の組み合せから4つの領域(セル)に自社が有する事業をマッピングすることで、自社内での資金の回収と投資に関して、どの事業から資金を回収し、どの事業に資金を投資するのかを明確にすることができる。
 
一方、PPMには限界や問題点も指摘されており、代表的なものを以下に示す。
① 経験曲線が働かない製品や複数の製品が統合されて多くの経験曲線が働く場合は適用できない
② 負け犬でも高収益な事業や、相対マーケットシェアが低くても大きなキャッシュフローが得られる事業もある
③ 事業間のシナジーを考慮していない
ア 適切である。 解説の図で示したように、「負け犬」事業は撤退、「問題児」事業はどの事業に資金投入し相対的マーケットシェアを上げて成長市場での競争優位を持つ「花形商品」事業にするか、の検討が必要である。
イ 適切でない。 「花形商品」事業は資金回収も大きいが先行投資も必要となるため、短期的なキャッシュフローは必ずしもプラスとならず、資金供給源になるとは言えない。
ウ 適切でない。 「花形商品」事業の基本戦略は、現在のシェア維持かさらなるシェア拡大であり、撤退の選択肢はない。
エ 適切でない。 PPMの考え方は市場の成長率と相対マーケットシェア比率で決まり、自社事業の成長率とは関係がない。
オ 適切でない。 PPMでは、事業間のマーケティングや技術に関するシナジーは考慮されていない。
よって、アが正解である。
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

<新発売>2017年合格目標、1次2次プレミアム合格コース

<新発売>2017年合格目標、1次2次プレミアム合格コースがリリースされました!

今なら、無料体験講義も実施中! まずはお試しください。

Ttl_1ji2ji_1y_pre_2

http://www.lec-jp.com/shindanshi/start/kouza/1ji2ji_1y_pre/

| | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

LEC看板講師来阪!「財務会計マスター道場」プレイベント 大庭道場前日祭!

LEC看板講師来阪!「財務会計マスター道場」プレイベント
大庭道場前日祭!

6月11日(土)14:00~15:00 梅田駅前本校 実施

【参加無料・予約不要】

翌日に財務会計マスター道場開催を控えた大庭講師が、その一部をプレ公開!

のみならず、学習法や実務についても時間の許す限りお話します。
歯切れの良い理詰めの講義が関東で絶大な支持を得ている大庭講師の生イベント、お聴き逃しなく!

※本イベントにご参加いただいた方は、LECご利用が初めてでも、翌日の道場をLEC受講生価格でご受講できます。

実施日程6月11日(土)14:00~15:00
担当講師
大庭 聖司 LEC専任講師
講師写真
担当クラスで合格者を多数輩出。また、2次ファイナル模試の事例Ⅳの添削通数は数百に及ぶ。歯切れの良い講義と厳しくも温かい指導が抜群の支持を受けている、LECの看板講師である。。
実施校梅田駅前本校

翌日開催! 『財務・会計マスター道場』

6/12(日)10:00~17:00(3時間×2コマ)

講座内容

今年度難化が予想される財務・会計。それでも確実に6割を取るために、本講座では財務会計の主要ポイントを、演習しながら、また、人に説明しながらの双方向講義によって、深くマスターしていきます。
受講料:\20,000- (LEC受講生価格:\10,000-)

財務会計マスター道場の詳細を見る

| | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »