« 2016年 1次試験直前・試験日当日イベントのお知らせ | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第32回 平成27年 経済学・経済政策 第14問 »

2016年7月 7日 (木)

【過去問通勤ドリル】第31回 平成27年 運営管理 第22問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第31回   平成27年 運営管理 第22問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

総合衛生管理製造過程の承認制度は、HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)の概念を取り入れている。この総合衛生管理製造過程の承認制度とHACCPに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  HACCPでは、最終出荷製品の抜取検査を行った結果から重点管理すべき製品を特定して衛生管理が行われる。
イ  HACCPの7原則の中には、「危害分析」と「管理基準の設定」が含まれる。
ウ  総合衛生管理製造過程の承認対象となる食品は、乳・乳製品、食肉製品、魚肉練り製品、容器包装詰加圧加熱殺菌食品、清涼飲料水の5つである。
エ  総合衛生管理製造過程の承認を受けた施設であっても、食品衛生管理者を置くことが義務づけられる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<特別イベント>キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~【参加無料・予約不要】

簿記・FPの知識を活かして中小企業診断士資格を狙う!
日商簿記検定とファイナンシャルプランナー技能士試験は、中小企業診断士試験と密接な
かかわりがあります。ですから、簿記とFPの学習をされている方は、診断士試験受験のア
ドバンテージをお持ちであると言っても過言ではありません!診断士資格を取得し、活躍
のフィールドを広げてみませんか?

自身もFP3級の資格をもつ小松講師は、LEC診断士講座の講師として、実務家として活躍中
です。イベント後には、講師に直接質問もできますのでぜひお気軽にご来校ください!

●実施日程
7月17日(日)16:00~17:00
●担当講師
小松 秀春LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point:危害分析重点管理ポイント)とその概念を取り入れた総合衛生管理製造過程の承認制度に関する問題である。HACCP自体の基本的な理解があれば、正答にたどり着ける問題である。
HACCPとは、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理手法で、この方式は国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(CODEX)委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものである。HACCPは、最終製品の抜き取り検査による従来型の衛生管理の方法ではなく、製造環境の整備や衛生の確保に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測(Hazard Analysis)して、特に重点的に管理すべきポイント(Critical Control Point)を定め、そのポイントを継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決する方法のため、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムである。
 
HACCP方式の適用手順(7原則、12手順)は次の通りである。
手順1:HACCPチームを編成する
手順2:製品の特徴を確認する
手順3:製品の使用方法を確認する
手順4:製造工程一覧図、施設の図面及び標準作業書の作成
手順5:製造工程一覧図の現場での確認
手順6:危害要因を分析(HA)する  (原則1)
手順7:重要管理点(CCP)を設定する  (原則2)
手順8:管理基準を設定する   (原則3)
手順9:測定方法(モニタリング)を設定する (原則4)
手順10:改善措置を設定する   (原則5)
手順11:検証方法を設定   (原則6)
手順12:記録の維持管理   (原則7)
他方、総合衛生管理製造過程は、HACCPの概念を取り入れた食品の製造過程で、平成7年、食品衛生法の改正により事業者の任意の申請による厚生労働大臣の承認制度として創設された。この製造食品の種類は、①乳、②乳製品、③清涼飲料水、④食肉製品、⑤魚肉練り製品、⑥容器包装詰加圧加熱殺菌食品、の6種である。なお、平成15年5月の食品衛生法の改正により、総合衛生管理製造過程の承認を受けた施設であっても食品衛生管理者の設置が必要となった。
 
ア 適切でない。 上記の通り、HACCPは、最終製品の抜き取り検査による従来型の衛生管理の方法ではない。すなわち、原料の入荷から製造・出荷までの全ての工程において、あらかじめ危害を予測して、特に重点的に管理すべきポイントを定め、そのポイントを継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決する方法で、不良製品の出荷を未然に防ぐ工程管理の仕組みである。
イ 適切である。 上記の通り、HACCP方式の適用の12手順には「危害要因分析(原則1)」と「管理基準の設定(原則3)」が含まれている。
ウ 適切である。 上記の通り、総合衛生管理製造過程の承認制度上は、①乳、②乳製品、③清涼飲料水、④食肉製品、⑤魚肉練り製品、⑥容器包装詰加圧加熱殺菌食品、の6種であるが。問題文は①と②を統合して乳・乳製品としているので5つとなっている。
エ 適切である。 上記の通り、総合衛生管理製造過程の承認を受けた施設であっても、平成15年5月の食品衛生法の改正によって食品衛生管理者の設置が必要となった。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 2016年 1次試験直前・試験日当日イベントのお知らせ | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第32回 平成27年 経済学・経済政策 第14問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第31回 平成27年 運営管理 第22問:

« 2016年 1次試験直前・試験日当日イベントのお知らせ | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第32回 平成27年 経済学・経済政策 第14問 »