« 【過去問通勤ドリル】第32回 平成27年 経済学・経済政策 第14問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第34回 平成27年 企業経営理論 第32問 »

2016年7月 9日 (土)

【過去問通勤ドリル】第33回 平成27年 経営情報システム 第15問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第33回   平成27年 経営情報システム 第15問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

クラウドコンピューティングの実現にも使われる仮想化技術に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  仮想サーバの規模に比例してサーバの管理オーバヘッドが次第に大きくなることを、スケールアップという。
イ  複数の物理サーバを負荷分散装置に追加して 1台の仮想サーバとする方式は、顧客データの更新処理が多量に発生する場合に効率的である。
ウ  物理サーバを追加することで仮想サーバの処理能力を増やすことを、スケールアウトという。
エ  ブレードPC方式のデスクトップ仮想化では、ブレードPCの処理余力をデスクトップで相互に有効利用することができる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<生ガイダンス>初学者向け・資格説明会のご案内【当日申込特典10000円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECのガイダンスは、インターネットで検索できることは話しません。~

LECは効率を度外視し、少人数制のガイダンスを貫いています。だから、“あなた”が合
格するとどんなメリットがあるのか、“あなた”にはどんな学習スタイルが向くのか、膝
を詰めてお話しできます。アナログですが、結局何事も人にきくことが一番の近道です

●新宿エルタワー本校●
 7/5(火)19:30~ 小松 秀春 LEC専任講師
  生講義 「30分でわかる働きながら合格学習法」
 7/9(土)16:00~ 鈴木 隆之 LEC専任講師
  生講義 「通信でも挫折しない中小企業診断士学習法」
●新橋本校●
7/6(水) 19:00~ 大庭 聖司 LEC専任講師
  生講義 「知識“ゼロ”からの中小企業診断士試験合格法」
●横浜本校●
  7/10(日) 16:00~ 齋藤 尚仁 LEC専任講師
   生講義 「企業内診断士の魅力とは?」
●池袋本校●
 7/10(日) 11:00~ 金城 順之介 LEC専任講師
 生講義 「知識“ゼロ”からの中小企業診断士試験合格法」


★資格説明会 参加者特典
 ①当日成約割引・予約割引
  資格説明会当日にお申込いただくと、当日申込特典として10,000円を講座受講料から
  割引いたします。
 ②ビジネスにも役立つすぐれもの「儲ける仕組みをつくるビジネスフレームワーク集」
  無料進呈
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
近年急速に発達している仮想化技術についての設問である。仮想化とは、物理的なCPUやメモリなどの構成にとらわれず、論理的にハードウエアを構成し、1台のサーバをあたかも複数台のサーバとして活用する方法である。通常、1台のサーバのCPUやメモリなどのリソースの使用率は低いため、仮想化し1台で集約利用する事でリソースの有効活用ができる事や、サーバを追加する場合も論理的な作業だけで済むため、スピードアップを図れる事が特徴である。仮想化の情報処理性能を向上させる技術としてスケールアップとスケールアウトがある。スケールアップとは、CPUやメモリなどのハードウエアの性能を上げて処理性能を向上させる技術である。複数のサーバが必要でないため、ソフトウェア等の費用が少なくて済む等のメリットがあり、単一のサーバで使用するためデータベースサーバでの活用に向いている。スケールアウトとは、サーバの数を増やす事で処理性能を向上させる技術である。複数のサーバで運用するため、1台のサーバが停止してもサービスを止める必要がなくWebサーバの活用に向いている。その反面、分散したサーバで処理する事になるためオーバヘッドが増加する。オーバヘッドとは、ある特定の処理をした時に付随して生じる処理の事であり、オーバヘッドが増えるとサーバのパフォーマンスは低下する。
  
ア 適切でない。 サーバの台数に比例してサーバ間のオーバヘッドが増加するのは、スケールアップであるため適切でない。
イ 適切でない。 サーバ台数を増やす事で処理性能を向上させる事をスケールアウトと呼ぶが、この方式はWebサーバには向くが、データベースサーバには向いていないため適切でない。
ウ 適切である。 上記のとおり、適切である。
エ 適切でない。 デスクトップの仮想化についての問題である。デスクトップの仮想化とは、クライアントPCで稼働させるべきアプリケーションをサーバ上で稼働させる技術である。デスクトップを仮想化することにより、特定のクライアントPCに依存しない様になるので、クライアントPCの故障時の対応が素早くなることや、クライアントPCにデータを保存しないためセキュリティが高くなるというメリットがある。デスクトップの仮想化には、ターミナルサービス方式、リモートデスクトップ方式、ブレードPC方式に分かれる。ターミナルサービス方式はWindows Serverの機能を使用し、複数のユーザがログインし1台のサーバのリソースを共有して使用する方式である。ターミナルサービス方式とはサーバを仮想化し、ユーザ毎に仮想的に割り当てたサーバのリソースを使用する方式である。ブレードPC方式とはユーザ毎に独立したブレードサーバを用意し、それぞれのユーザは独立したサーバを使用する方式である。個々が独立しているため処理余力を融通する事はできない。そのため不適切である。 
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第32回 平成27年 経済学・経済政策 第14問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第34回 平成27年 企業経営理論 第32問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第33回 平成27年 経営情報システム 第15問:

« 【過去問通勤ドリル】第32回 平成27年 経済学・経済政策 第14問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第34回 平成27年 企業経営理論 第32問 »