« 【過去問通勤ドリル】第37回 平成27年 経済学・経済政策 第15問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第39回 平成27年 企業経営理論 第33問 »

2016年7月14日 (木)

【過去問通勤ドリル】第38回 平成27年 経営情報システム 第18問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第38回   平成27年 経営情報システム 第18問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

近年の多様なIT機器の発達、激しいビジネス環境の変動の中で、アジャイルシステム開発が注目されている。アジャイルシステム開発の方法論であるフィーチャ駆動開発、スクラム、かんばん、XPに関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  フィーチャ駆動開発は、要求定義、設計、コーディング、テスト、実装というシステム開発プロセスを逐次的に確実に行う方法論である。
イ  スクラムは、ラウンドトリップ・エンジニアリングを取り入れたシステム開発
の方法論である。
ウ  かんばんは、ジャストインタイムの手法を応用して、システム開発の際に、ユーザと開発者との間でかんばんと呼ばれる情報伝達ツールを用いることに特徴がある。
エ  XPは、開発の基幹手法としてペアプログラミングを用いるが、それは複数のオブジェクトを複数の人々で分担して作成することで、システム開発の迅速化を図ろうとするものである。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」【予約不要・参加無料】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 7/30(土)13:00~14:00 企業経営理論 金城 順之介 LEC専任講師
●新橋本校●
 7/18(月・祝)16:30~17:30 企業経営理論 後藤 博  講師
●横浜本校●
 7/24(日)14:00~15:00 企業経営理論 黒川 貴弘 LEC専任講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 LEC専任講師
●梅田駅前本校●
 8/6(土)13:00~14:00 企業経営理論 高村 憲司 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
アジャイルシステム開発とは、状況変化にあわせて迅速かつ柔軟にソフトウェア開発する手法の総称をいう。アジャイルには「俊敏な」という意味がある。代表的なアジャイルシステム開発としてXP(エクストリームプログラミング)、Scrum(スクラム)、FDD(フィーチャ駆動開発)などがある。スクラムも含めてアジャイルシステム開発の論点は2年連続で問われたのでしっかりと内容を確認してほしい。
ア 適切でない。 フィーチャ駆動開発は顧客にとっての機能価値(フィーチャ)を短期間で繰り返し作って行く開発である。要求定義、設計、コーディング、実装を逐次的に行うのはウォータフォール型開発である。
イ 適切である。 スクラムはソフトウェアを順次作り、そのソフトウェアを発展させながら開発を進める反復的な開発アプローチ(ラウンドトリップ)を採用している。スクラムでは確約、専念、隠さない、尊敬、勇気の5つ価値を定めている。
ウ 適切でない。 リーンソフトウェア開発では目に見えない作業を可視化するために「かんばん」が使われるが、生産現場と違い前工程から後工程へ流れる。工程間の連携に「かんばん」が使われ、ユーザと開発者の情報伝達は目的としていない。
エ 適切でない。 XPではペアプログラミングが用いられるが、1つのオブジェクトを2人で作成することであり、複数のオブジェクトを複数の人々で分担して作成するのは従来からある開発手法である。XPでは、コミュニケーション、シンプルさ、フィードバック、勇気の4つの価値を定めている。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第37回 平成27年 経済学・経済政策 第15問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第39回 平成27年 企業経営理論 第33問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第38回 平成27年 経営情報システム 第18問:

« 【過去問通勤ドリル】第37回 平成27年 経済学・経済政策 第15問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第39回 平成27年 企業経営理論 第33問 »