« 【過去問通勤ドリル】第41回 平成27年 経済学・経済政策 第17問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第43回 平成27年 企業経営理論  第34問 »

2016年7月18日 (月)

【過去問通勤ドリル】第42回 平成27年 経営情報システム 第19問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第42回   平成27年 経営情報システム 第19問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

多様な情報システムを開発して新規に導入したり、以前からあった情報システムを変更して利用したりすることが頻繁に行われ、情報システムの複雑性が増している。情報システムが複雑になればなるほど、ソフトウェアテストの重要性が高まる。これに関する記述として最も適切なものはどれか。
  
ア  V字モデルにおけるテストとは、システム開発の過程をさかのぼるようにして、総合テスト、受入テスト、単体テストを逐次に実施する方法である。
イ  回帰テストとは、保守によってシステムに変更が加えられたならば、変更した部分だけのテストを行う方法である。
ウ  デシジョンテーブルテストとは、ソフトウェアの利用に際してユーザが行う意思決定の内容を、デシジョンテーブルに整理してテストを行う方法である。
エ  ブラックボックステストとは、プログラムの内部構造は考慮せず、機能やインタフェースだけに着目してテストデータを作成し、テストを行う方法である。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>2016年合格目標:1次ヤマ当て講座【1科目なんと2000円!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1科目なんと2,000円!7科目まとめて受講でさらにお得!~

安いからといって内容に妥協はしていません!60分に凝縮された講義を繰り返し繰り返し
聞いて頭に叩き込んでください!

<1次ヤマ当て講座 3つのポイント>
・講義時間は60分!「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的攻略!
・スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
ソフトウェアテストの方法に関する問題である。情報システムは企業の中で重要位置付けになると同時に、新旧システムの混在、多様な技術の組み合わせによって複雑性が増している。ソフトウェアテストは、実際に企業が情報システムの運用を開始するにあたり、開発したシステムに不具合が無く、機能要件や非機能要件を満たしていることを確認する重要なプロセスである。
ア 適切でない。 V字モデルにおけるテストは、単体テスト、結合テスト、総合テスト(システムテスト)、受入テストの順に実施する。V字モデルでは、前工程での中間成果物を確定した後に、それを前提として次の工程を実施する。原則として工程をさかのぼらないことから、滝から水が落ちていくことに例えてウォータフォール型開発プロセスと呼ばれている。

 
イ 適切でない。 回帰テスト(レグレッションテスト)では、変更した部分だけではなく、変更していない部分に新たな不具合が生じていないかもテストする。機能追加などで部分的にシステムを変更した場合でも、変更した機能と別の部分で不具合が生じることや、バージョン管理ミスでデグレード(古い状態に戻ってしまうこと)が生じる場合がある。そのため、変更していない部分のテストも重要になるのである。
ウ 適切でない。 ユーザが行う意思決定の内容を、の説明が誤りである。デシジョンテーブルテストとは、情報システムに組み込まれた複数の判断条件と動作の組み合わせを整理したディシジョンテーブルを基に、それぞれの判断条件の組合せで正常な動作やふるまいをするか、網羅的にテストする方法である。
エ 適切である。 選択肢の通りである。ブラックボックステストとは、テスト対象システムの内部構造を意識せず、外部仕様からテストを行う方法である。逆に、テスト対象システムの内部構造を意識し、どのような構造であるかを踏まえてテストする方法をホワイトボックステストと呼ぶ。
よって、エが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第41回 平成27年 経済学・経済政策 第17問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第43回 平成27年 企業経営理論  第34問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第42回 平成27年 経営情報システム 第19問:

« 【過去問通勤ドリル】第41回 平成27年 経済学・経済政策 第17問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第43回 平成27年 企業経営理論  第34問 »