« 【過去問通勤ドリル】第52回 平成27年 運営管理 第35問 | トップページ | 【特別イベント】1次試験当日イベント「ライバルに先んじる、2次合格戦略」 »

2016年7月29日 (金)

【過去問通勤ドリル】第53回 平成27年 経済学・経済政策 第20問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第53回   平成27年 経済学・経済政策 第20問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

いま、ある事業を独占的に提供している既存の企業Aがある。この事業には、新規参入を希望する企業Bも存在している。企業Aは、この事業で「高価格」戦略か「低価格」戦略を採用することができ、企業Bは、「参入」ないし「参入せず」を選択することができる。以下の樹形図は、このようなゲームの様子を整理したものであり、カッコ内の値は、左が企業A、右が企業Bの利得を表している。なお、政府は、この事業へ参入規制を設けて、新規企業Bが「参入」を選択できないように計らうこともできる。
このときの記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。


a  政府が参入規制を設けていない場合、企業Aが「高価格」を設定し、企業Bが「参入せず」を選択するのはナッシュ均衡である。
b  政府が参入規制を設けていない場合、企業Aが「低価格」を設定し、企業Bが「参入せず」を選択するのはナッシュ均衡である。
c  バックワード・インダクションの解では、政府が参入規制を設けていない場合、企業Bは「参入せず」を選択する。
d  バックワード・インダクションの解では、政府が参入規制を設けている場合、企業Aは「低価格」を選択する。
  
〔解答群〕
ア  aとc
イ  aとd
ウ  bとc
エ  bとd

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」【予約不要・参加無料】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 7/30(土)13:00~14:00 企業経営理論 金城 順之介 LEC専任講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 LEC専任講師
●梅田駅前本校●
 8/6(土)13:00~14:00 企業経営理論 高村 憲司 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、ゲーム理論に関する問題である。具体的には、バックワード・インダクション(後方帰納法)という内容が問われており、難易度は高い。難しければ復習しなくてもよい。

  
( )内の左の数値が企業Aの利得、右の数値が企業Bの利得である。
1.通常の展開形ゲームの場合の解(ナッシュ均衡)
手番として、最初に企業A、続いて企業Bがそれぞれ自らの利得が最大となる戦略を選択するものとする。
ここで仮に企業Aが「高価格」を選択するならば、企業Bは「参入」を選択すれば50の利得、「参入せず」ならば0の利得となる。したがって、企業Bは「参入」する。このとき、企業Aと企業Bはともに50の利得が得られる。
一方、企業Aが「低価格」を選択するならば、企業Bは「参入」を選択すれば-40の利得、「参入せず」ならば0の利得となる。したがって、企業Bは「参入せず」を選択する。このとき、企業Aは100、企業Bは0の利得が得られる。
上述のように、この場合、企業Aが先手なので、企業Aは自己にとって最適な方を選択するはずである。したがって、ナッシュ均衡は、企業Aは「低価格」を選択し、企業Bは「参入せず」を選択する。
したがって、bが妥当である。
2.バックワード・インダクションの場合の解
手番として、最初に企業A、続いて企業Bがそれぞれ自らの利得が最大となる戦略を選択するものとする。
ここで、先手である企業Aが仮に高価格戦略を採用した場合、企業Bが「参入」を選択すれば50の利得、「参入せず」を選択すれば0の利得となるので、「参入」を選択するはずである。次に、先手である企業Aが仮に低価格戦略を採用した場合、企業Bが「参入」を選択すれば-40の利得、「参入せず」を選択すれば0の利得となるので、「参入せず」を選択するはずである。
こうした企業Bの行動を先手である企業Aが把握していれば、企業Aは、低価格を採用するはずである。そうすれば、企業Bは「参入せず」を選択するので、企業Aの利得は100になり、高価格を採用するよりも利得が多くなるからである。
したがって、cが妥当である。
よって、b、cが正しく、ウが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第52回 平成27年 運営管理 第35問 | トップページ | 【特別イベント】1次試験当日イベント「ライバルに先んじる、2次合格戦略」 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第53回 平成27年 経済学・経済政策 第20問:

« 【過去問通勤ドリル】第52回 平成27年 運営管理 第35問 | トップページ | 【特別イベント】1次試験当日イベント「ライバルに先んじる、2次合格戦略」 »