« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

【過去問通勤ドリル】第55回 平成27年 運営管理 第34問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第55回   平成27年 運営管理 第34問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

物流センター内のエリア管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  エリアごとに作業員を決める固定ロケーション管理は、人別の業務評価がしやすい。
イ  固定ロケーション管理は、在庫量を一定に保ちやすい。
ウ  フリーロケーション管理では、保管スペースの有効活用がしやすい。
エ  フリーロケーション管理は、固定ロケーション管理よりも人によるピッキング作業の効率がよい。
オ  ロケーション管理では、物流センター内の人員配置を適切にマネジメントすることが重要である。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次科目別>2017年合格目標:1次科目別徹底攻略パック【新発売】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~不合格科目を徹底攻略!1次科目別合格を狙う!~

1次科目別徹底攻略パックは、2017年1次試験の科目合格を狙うコースです。
すでに複数の科目合格をされている方や、再チャレンジされる方、これまで独学で学習し
てきた方に最適なコースです。このコースの特長は、科目ごとのインプット講義及びアウ
トプット(演習)がセットになっている点で、知識の習得から確認までができるカリキュラ
ムです。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
物流機能の基礎知識、物流センターのロケーション管理に関する問題である。フリーロケーション管理と固定ロケーション管理の内容・違いが理解できていれば、解ける問題である。
固定ロケーション管理とは、荷物ごとに保管する場所を決めて管理する方法で、ピッキングの効率は高いが、保管効率は低い。対してフリーロケーション管理は、空いている場所に荷物を保管してゆく方法で、保管効率は高いが、ピッキングの効率は低い。

ア 適切でない。 固定ロケーション管理では、ロケーションごとに仕事量が異なるため、人別の業績評価は容易でない。
イ 適切でない。 固定ロケーション管理では、在庫量を目視で確認しやすいが、在庫量を一定に保ちやすいとまでは言えない。
ウ 適切である。 フリーロケーション管理では、固定ロケーション管理と比べて、空きスペースを有効に活用することが可能である。
エ 適切でない。 フリーロケーション管理では、保管スペースが定まった場所ではないため、固定ロケーション管理より、人によるピッキング作業の効率は低い。
オ 適切でない。 フリー、固定とも、人員配置よりも「固定ロケーションの場合のスペース配分」や、「フリーロケーションの場合の管理システム」などのロケーションのマネジメントが重要である。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

【過去問通勤ドリル】第54回 平成27年 運営管理 第36問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第54回   平成27年 運営管理 第36問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

チェーン小売業の物流に関する記述として、最も適切なものはどれか。
   
ア  DC(Distribution Center)では在庫を持たず、複数店舗へ納入する商品を一括して納入業者から受け取り、店舗別に仕分けして出荷する。
イ  カテゴリー納品は、カテゴリーごとに適切な配送スケジュールを組み、物流センターから店舗へ納品することをいう。
ウ  小売店舗への共同配送は、店舗の人時生産性向上につながる。
エ  専用物流センターを持つ小売業と納入業者の取引価格設定は、原則として物流センターまで届けることを前提に設定されている。
オ  多頻度小口配送は、車両積載効率を向上させコスト削減につながる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
Shikaku
<生ガイダンス>初学者向け・資格説明会のご案内【当日申込特典10000円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECのガイダンスは、インターネットで検索できることは話しません。~

LECは効率を度外視し、少人数制のガイダンスを貫いています。だから、“あなた”が合
格するとどんなメリットがあるのか、“あなた”にはどんな学習スタイルが向くのか、膝
を詰めてお話しできます。アナログですが、結局何事も人にきくことが一番の近道です

●池袋本校●
 7/31(日)13:00~黒川 貴弘 LEC専任講師
 生講義 「1次ベーシック講座60分ダイジェスト」
●新宿エルタワー本校●
 7/30(土)14:00~金城 順之介 LEC専任講師
 生講義 「1次ベーシック講座60分ダイジェスト」

★資格説明会 参加者特典
 ①当日成約割引・予約割引
  資格説明会当日にお申込いただくと、当日申込特典として10,000円を講座受講料から
  割引いたします。
 ②ビジネスにも役立つすぐれもの「儲ける仕組みをつくるビジネスフレームワーク集」
  無料進呈
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
一括物流システムに関する問題である。選択肢の記述は全て基礎的な内容であり、落ち着いて内容を理解すれば解ける、比較的易しい問題である。
  
ア 適切でない。 DCとは在庫型物流センターのことで、商品在庫を持ち、店舗からの発注を受けるごとに商品をピッキングして配送する形態をとる。選択肢の内容は、TC(Transfer Center)、通過型物流センターの形態である。
イ 適切でない。 カテゴリー納品とは、売場構成や商品カテゴリーに合わせ、荷を揃えて、納品する方式である。配送スケジュール組みまでは含まない。
ウ 適切である。 共同配送は、実車率や積載率の向上による物流コストの削減以外に、店舗側にも生産性向上のメリットがある。
エ 適切でない。 日本の商習慣上、小売業の持つ物流センターの運営費は、ベンダー側が負担している。
オ 適切でない。 多頻度小口配送は、そのままでは車両積載効率が低下し、物流コストアップを招く。その対策として、共同配送で荷物を混載するなどで、車両積載効率を高め、コスト削減をはかっている。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

【特別イベント】1次試験当日イベント「ライバルに先んじる、2次合格戦略」

0807_h1

~2次試験対策のラストスパートは今ここから!~

1次本試験が終わる日は、2次試験対策の始まりの日でもあります。
いち早く2次対策を始めようという意欲のある皆さんがライバルから一歩でも二歩でもアドバンテージを得られるように、2次受験指導で絶大な支持を誇る大庭講師が、2か月半後の2次試験合格戦略をお教えします。

実施日程8月7日(日)17:00~18:00
担当講師
大庭 聖司LEC専任講師
講師写真
株式会社オージス総研および外資系企業において、製造業向け基幹システム(顧客管理、受注管理、在庫管理等)、ビジネスインテリジェンスシステム等数多くのシステム企画、開発に携わる中で、製造業の業務およびシステムの活用、業務改善等を経験。2011年4月にOHBAコンサルティングを立ち上げ、独立。
LEC専任講師としては、1次試験・2次試験に精通し、歯切れの良い講義と厳しくも温かい指導が受講生から抜群の支持を受けている。
メイン会場
(生講義)
新宿エルタワー本校
同時中継会場
(生講義を同時中継)
池袋本校/千葉本校/札幌本校/仙台本校/新潟本校/富山本校/名古屋駅前本校/梅田駅前本校/京都駅前本校/神戸本校/岡山本校/広島本校/松山本校/高松本校/山口本校/福岡本校/長崎本校/熊本本校/鹿児島本校/那覇本校


各地の学校案内・場所はこちらから
http://www.lec-jp.com/school/

| | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

【過去問通勤ドリル】第53回 平成27年 経済学・経済政策 第20問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第53回   平成27年 経済学・経済政策 第20問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

いま、ある事業を独占的に提供している既存の企業Aがある。この事業には、新規参入を希望する企業Bも存在している。企業Aは、この事業で「高価格」戦略か「低価格」戦略を採用することができ、企業Bは、「参入」ないし「参入せず」を選択することができる。以下の樹形図は、このようなゲームの様子を整理したものであり、カッコ内の値は、左が企業A、右が企業Bの利得を表している。なお、政府は、この事業へ参入規制を設けて、新規企業Bが「参入」を選択できないように計らうこともできる。
このときの記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。


a  政府が参入規制を設けていない場合、企業Aが「高価格」を設定し、企業Bが「参入せず」を選択するのはナッシュ均衡である。
b  政府が参入規制を設けていない場合、企業Aが「低価格」を設定し、企業Bが「参入せず」を選択するのはナッシュ均衡である。
c  バックワード・インダクションの解では、政府が参入規制を設けていない場合、企業Bは「参入せず」を選択する。
d  バックワード・インダクションの解では、政府が参入規制を設けている場合、企業Aは「低価格」を選択する。
  
〔解答群〕
ア  aとc
イ  aとd
ウ  bとc
エ  bとd

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」【予約不要・参加無料】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 7/30(土)13:00~14:00 企業経営理論 金城 順之介 LEC専任講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 LEC専任講師
●梅田駅前本校●
 8/6(土)13:00~14:00 企業経営理論 高村 憲司 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、ゲーム理論に関する問題である。具体的には、バックワード・インダクション(後方帰納法)という内容が問われており、難易度は高い。難しければ復習しなくてもよい。

  
( )内の左の数値が企業Aの利得、右の数値が企業Bの利得である。
1.通常の展開形ゲームの場合の解(ナッシュ均衡)
手番として、最初に企業A、続いて企業Bがそれぞれ自らの利得が最大となる戦略を選択するものとする。
ここで仮に企業Aが「高価格」を選択するならば、企業Bは「参入」を選択すれば50の利得、「参入せず」ならば0の利得となる。したがって、企業Bは「参入」する。このとき、企業Aと企業Bはともに50の利得が得られる。
一方、企業Aが「低価格」を選択するならば、企業Bは「参入」を選択すれば-40の利得、「参入せず」ならば0の利得となる。したがって、企業Bは「参入せず」を選択する。このとき、企業Aは100、企業Bは0の利得が得られる。
上述のように、この場合、企業Aが先手なので、企業Aは自己にとって最適な方を選択するはずである。したがって、ナッシュ均衡は、企業Aは「低価格」を選択し、企業Bは「参入せず」を選択する。
したがって、bが妥当である。
2.バックワード・インダクションの場合の解
手番として、最初に企業A、続いて企業Bがそれぞれ自らの利得が最大となる戦略を選択するものとする。
ここで、先手である企業Aが仮に高価格戦略を採用した場合、企業Bが「参入」を選択すれば50の利得、「参入せず」を選択すれば0の利得となるので、「参入」を選択するはずである。次に、先手である企業Aが仮に低価格戦略を採用した場合、企業Bが「参入」を選択すれば-40の利得、「参入せず」を選択すれば0の利得となるので、「参入せず」を選択するはずである。
こうした企業Bの行動を先手である企業Aが把握していれば、企業Aは、低価格を採用するはずである。そうすれば、企業Bは「参入せず」を選択するので、企業Aの利得は100になり、高価格を採用するよりも利得が多くなるからである。
したがって、cが妥当である。
よって、b、cが正しく、ウが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

【過去問通勤ドリル】第52回 平成27年 運営管理 第35問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第52回   平成27年 運営管理 第35問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

店舗における商品の在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
  
ア  売場の棚に陳列する商品のフェイス数は、均一にした方が補充頻度を一定にしやすい。
イ  需要予測を実需が上回った場合、過剰在庫が発生しやすい。
ウ  店舗では、リードタイム期間の平均需要量を発注点とすると、欠品を起こすことがない。
エ  発注から納品までのリードタイムを短くすると、発注点を低くできる。
オ  万引き等によるロスがあると、自動発注時の発注量が増加する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
Ttl_1ji2ji_1y_pre
<コース>2017年合格:1次2次プレミアム1年合格コース【早割&合格お祝い金!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★7月末までの早期申込割引「4万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
店舗における在庫管理に関する問題である。思考力が問われる問題であるが、在庫管理手法や発注手法の知識が定着していれば、適切な選択肢を選ぶことは難しくなかった。

ア 適切でない。 売場に陳列する商品のフェイス数を均一にするよりも、商品の売れ行きによってフェイス数を変えた方が補充頻度は一定になりやすい。例えば、売行きの良い商品のフェイス数を多くし、反対に売れ行きの良くない商品のフェイス数を少なく設定した場合の方が、商品が品薄になる時点が同時期になりやすくなり、補充頻度は一定になりやすい。
イ 適切でない。 需要予測を実需が上回った場合は、欠品が生じやすいため不適切である。過剰在庫が生じるのは需要予測が実需を上回った場合である。
ウ 適切でない。 リードタイム期間の平均需要量を発注点とした場合、商品が入荷するまでに売り切れてしまう可能性が高く、欠品が生じやすい。よって発注点は安全在庫を考慮して設定することで欠品の抑制ができる。いずれにせよ消費者需要が不確実性の高いものであることから、欠品が確実に防げる手法は存在しない。
エ 適切である。 発注点は、発注点=対象期間の平均需要量×調達期間+安全在庫によって求められる。よって調達期間が短くなることで、発注点は低くなる。昨今、流通業において多頻度小口納品が求められるのも、調達期間を短縮することで在庫を少なくしつつ欠品を抑制できるためである。
オ 適切でない。 万引きなどによるロスが発生した場合、自動発注時の発注量は増加しないため不適切である。自動発注はPOSと連動させて構築されるのが一般的であり、販売データが生じた場合に売れた分だけ補充する仕組みである。よって万引きが生じた場合販売データが発生しないため自動発注は行われない。またPOS上の在庫数と実際の在庫数に乖離が生じる。
よって、エが正解である。 
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

LEC「平成28年度1次ファイナル全国模試」講評動画

みなさん、こんにちわ。
 
本日は、先日実施された「平成28年度1次ファイナル全国模試
の講評動画をお送りします。
 
LEC専任講師の金城講師が、平成28年度1次ファイナル全国模試の結果を受けて模試の復習方法、学習についてアドバイスをします!
 
 

模試の復習方法、学習についてアドバイス

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

【過去問通勤ドリル】第51回 平成27年 運営管理 第34問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第51回   平成27年 運営管理 第34問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

物流センター内のエリア管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  エリアごとに作業員を決める固定ロケーション管理は、人別の業務評価がしやすい。
イ  固定ロケーション管理は、在庫量を一定に保ちやすい。
ウ  フリーロケーション管理では、保管スペースの有効活用がしやすい。
エ  フリーロケーション管理は、固定ロケーション管理よりも人によるピッキング作業の効率がよい。
オ  ロケーション管理では、物流センター内の人員配置を適切にマネジメントすることが重要である。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次科目別>2017年合格目標:1次科目別徹底攻略パック【新発売】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~不合格科目を徹底攻略!1次科目別合格を狙う!~

1次科目別徹底攻略パックは、2017年1次試験の科目合格を狙うコースです。
すでに複数の科目合格をされている方や、再チャレンジされる方、これまで独学で学習し
てきた方に最適なコースです。このコースの特長は、科目ごとのインプット講義及びアウ
トプット(演習)がセットになっている点で、知識の習得から確認までができるカリキュラ
ムです。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
物流機能の基礎知識、物流センターのロケーション管理に関する問題である。フリーロケーション管理と固定ロケーション管理の内容・違いが理解できていれば、解ける問題である。
固定ロケーション管理とは、荷物ごとに保管する場所を決めて管理する方法で、ピッキングの効率は高いが、保管効率は低い。対してフリーロケーション管理は、空いている場所に荷物を保管してゆく方法で、保管効率は高いが、ピッキングの効率は低い。

ア 適切でない。 固定ロケーション管理では、ロケーションごとに仕事量が異なるため、人別の業績評価は容易でない。
イ 適切でない。 固定ロケーション管理では、在庫量を目視で確認しやすいが、在庫量を一定に保ちやすいとまでは言えない。
ウ 適切である。 フリーロケーション管理では、固定ロケーション管理と比べて、空きスペースを有効に活用することが可能である。
エ 適切でない。 フリーロケーション管理では、保管スペースが定まった場所ではないため、固定ロケーション管理より、人によるピッキング作業の効率は低い。
オ 適切でない。 フリー、固定とも、人員配置よりも「固定ロケーションの場合のスペース配分」や、「フリーロケーションの場合の管理システム」などのロケーションのマネジメントが重要である。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

平成28年度中小企業診断士第1次試験受験票

みなさん、こんにちわ。

1次試験まで残りわずかとなりましたね。
もう、お手元に受験票は届いているでしょうか?受験票について、中小企業診断協会のホームページで発表されています。受験までわずか。日頃の忙しさに惑わされず、準備万端で受験にのぞんでくださいね。
もし、受験票を紛失してしまった場合は、まだ再発行が間に合います。8/3必着です。
 
○平成28年度中小企業診断士第1次試験受験票等の発送について

| | トラックバック (0)

【過去問通勤ドリル】第50回 平成27年 運営管理 第31問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第50回   平成27年 運営管理 第31問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

インストアプロモーション(ISP)における目的とその施策に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  売れ筋商品の利益率を向上させるために、価格プロモーションを実施する。
イ  買上率を向上させるために、POPによって商品の価値を理解しやすくする。
ウ  関連商品の同時購買を促進するために、クロスMDを実施する。
エ  商品の魅力や機能を伝えるために、サンプリングを実施する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次・2次>おためしWeb受講講座【まずは無料で】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~まずは無料で!おためしWEB受講制度~

LECの中小企業診断士講座ってどんな感じ?
そんな、あなたの疑問を解消します!1次試験だけでなく、2次試験の講座を無料で受講
できます。
まずは、試してみて下さい!

○対象講座
 1次ベーシック講座
 2次ベーシック講座
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
ISP(インストアプロモーション)の目的とその施策に関する問題である。ISPを含めたISM(インストアマーチャンダイジング)に関する問題は過去10年で6度問われており、施策における目的と手法、効果を正確に理解する必要がある。
ISMは店内における販売促進施策のことであり、客単価の向上による売上と利益の最大化を目的とする。本問で問われているISPは価格主導型と非価格主導型に分類され、それぞれにおける販売促進施策を行うことで、顧客の購買意欲や非計画購買を促すことを目的としている。
ア 適切でない。 価格プロモーションとは、値引きや特売、バンドル販売などを行い消費者に割安感を訴求することで、購買意欲を促進する目的がある。よって価格プロモーションを行うことは利益率を押し下げる要因となるため不適切である。
イ 適切である。 POP活用は非価格主導型のISPであり、商品の説明や売場の装飾を行うことで視認率や買上率の向上が期待できる。
ウ 適切である。 クロスMDとは、関連するカテゴリーの商品を1箇所に陳列することで同時購買を促進する非価格主導型のISPである。例えばウイスキーの売場に、それに合うつまみやお菓子を併売することで、買上個数を高めることが期待できる。
エ 適切である。 サンプリングとは、サンプル商品を配布することによりその商品の魅力や機能を訴求することで買上率を高めることを目的とした、非価格主導型のISPである。価格主導型と混同しないよう注意されたい。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

【特別イベント】1次試験 出題テーマ徹底予想!!

0730_h1

~残り1ヶ月の学習方法、やるべきことを金城講師が伝授します!~

いよいよ1次本試験まで1ヶ月。体調管理も含めた自己管理が大事な時期になってきます。
残された期間で何をすべきか、何をするべきでないか。何百人もの受験生をサポートしてきた金城講師からのアドバイスをお届けします。
ご参加いただいた方には、『やるべきことチェックリスト』をプレゼント!計画的な学習をサポートいたします。
皆様のご来校を心よりおまち申し上げます。

実施日程7月9日(土)17:00~18:00
担当講師
金城 順之介LEC専任講師
講師写真
明治大学政治経済学部卒業後、大手サービス企業にて店舗責任者として長年営業に携わる。営業戦略立案・販売促進・顧客管理、サービスマーケティングから人材教育・管理まで、幅広く手がけてきた経験を持つ。その後はおもに販路開拓や売上アップのためのマーケティングコンサルタントとして活動する傍ら、LEC専任講師も務めている。わかりやすい講義には定評があり、受講生から圧倒的な支持を受けている人気講師である。
メイン会場
(生講義)
新宿エルタワー本校
同時中継会場
(生講義を同時中継)
池袋本校/千葉本校/仙台本校/新潟本校/富山本校/静岡本校/名古屋駅前本校/梅田駅前本校/京都駅前本校/神戸本校/岡山本校/広島本校/松山本校/高松本校/山口本校/福岡本校/長崎本校/熊本本校/鹿児島本校/那覇本校

| | トラックバック (0)

中小企業診断士試験に合格するまでの学習期間

中小企業診断士試験に合格するまでの学習期間

 

・合格までの学習期間

合格までの学習期間をみると、1年以内の合格者が27%いる一方、2~3年の学習期間の合格者が40%超ともなっており、長期の計画的な学習が必要な試験ともいえます。

 

【合格者の学習期間】

1

1年以内での短期合格を目指すとすれば、1週間当たり20時間程度の学習時間の確保が必要な計算となり、日々の相当の時間(毎日2~3時間程度)を学習に費やすことになります。また、診断士試験は、他の資格に比べて試験範囲(分野)が広範囲に及び、学習の仕方によってはさらに時間がかかってしまうこともあります。

 

・他の試験と比べてみると?

中小企業診断士資格取得までの学習時間は一般的に約8001000時間程度と言われています。合格までの学習時間を他の資格試験と比べてみると、少ない学習時間で合格も可能で、また仕事への応用範囲も広いので人気が高い資格試験の一つとなっています。

 

【合格までの学習時間】

                           
 

公認会計士

 
 

3600時間

 
 

税理士

 
 

2500時間

 
 

不動産鑑定士

 
 

1500時間

 
 

司法書士

 
 

1000時間

 
 

中小企業診断士

 
 

8001000時間

 
 

日商簿記検定1級

 
 

800時間

 
 

社会保険労務士

 
 

700時間

 

 

・日々の経験が試験に役立つ!

診断士試験の科目は広範囲ですが、その分、日々の生活や仕事で経験していることも多く、学習に必要となる時間は、個人の知識量や技能、職業などによっても大きく変わってきます。例えば、管理職やマネジメント層の方は「企業経営理論」、製造業や店舗運営に携わっている人は「運営管理」、IT系の職種の人は「経営情報システム」など、日常から多くのことを学んでいることが多く、比較的早期に合格レベルまで到達できる科目となります。このように、社会人経験が長い方や、大学の専攻科目によっては、一般的な学習時間よりも勉強時間の短縮も可能な試験とも言えます。

 

LECの教材はあらゆる方向から試験を徹底的に分析し、限られた時間の中で合格を目指すための効率的・効果的な学習方法を提供しています。

詳しくは「LECが選ばれる理由」をご覧ください。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/reason/


| | トラックバック (0)

中小企業診断士試験の合格率

中小企業診断士試験の合格率

 

【1次試験】

中小企業診断士の1次試験はマークシート方式の7科目で、合格基準は受験科目全体で60%以上の得点をとる必要があります。また、1科目60%以上の得点だと、翌年、その科目については試験を免除することができます。(詳しくは、こちらで紹介しています)

 

2

 

1次試験の近年の申込者数は約2万人程度で、やや減少傾向が続いていますが、ビジネスマンが取得したい資格の上位を占める人気が高い資格でもあり、高い申込者数で推移しています。

ここで、上図の受験者数を注意してみると、「申し込みしたのに受験する人数が非常に少ない」ということがわかります。すなわち受験率が低い試験であるということです。平成27年度の受験率は72%と約5000人が受験料を払ったにもかかわらず受験を諦めています。診断士試験は人気があり、手を付けやすい反面、実際の試験範囲の広さ、学習期間の長さなどでモチベーションを保つことが難しく、計画どおりの学習ができずに断念していると考えられます。

 

さて、気になる1次試験の合格率はというと、近年は約20%以上を推移しています。合格率を見ると20%以上でさらに科目合格もある試験ですので、きちんと学習をした人にとっては、比較的受かりやすいといえます。ただし、この合格率は受験者数に対する合格率です。前述したように、途中で断念した人数を考慮した合格率は約19%と低い数値となります。「計画的な学習」を行えるかどうかで合格率が大きく変わる試験といえるでしょう。

 

第1次試験は問われる範囲がとてもひろく、すべてをマスターするためには大変な時間がかかります。あれもこれもと手を広げると、ムダに時間が過ぎていきます。だから、限られた時間の中で合格を目指すためには、効率的・効果的な学習を常に心がける必要があります。そのためにどうしたらよいのかの答えがLECにあります。

詳しくは「LEC 1次対策ガイドライン」をご覧ください。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/reason/1ji_concept.html

 

【2次試験】

3

中小企業診断士の2次試験は筆記と面接(実技)の2回の試験があります。上図の合格率は筆記試験と面接の2回とも合格した場合の合格率を掲載していますが、面接試験での不合格者は例年、数人しかいませんので、筆記試験の合格率≒最終合格率と考えて良いでしょう。

 

2次試験の近年の申込者数は、毎年5000人程度で推移しています。ここで、先ほど説明した1次試験は科目によって合格率の波が激しかったのですが、2次試験の申込者数がほぼ一定となっています。すなわち、7科目全体で見ると1次試験の合格者数の調整がうまく行われているという結果になっています。

 

さて、気になる2次試験の合格率はというと、近年は約20%前後を一定的に推移しています。2次試験は相対評価となります。近年のこの傾向を参考にすると平成28年の本試験は20%超の合格率となることが予想されます。

 

・診断士試験の最終的な合格率

平成27年ベースでの1次、2次試験の合格率を見てみましょう。平成27年度は、1次試験合格率が22.4%2次試験合格率が17.8%という数字です。1回の受験で1次試験、2次試験ともに合格する「ストレート合格」の可能性は、

ストレート合格率   1次試験合格率:22.4% × 2次試験合格率:17.8% = 3.9%

という結果となります。

ストレート合格できる受験生はたったの3.9%となり、多くの受験生は2年以上かけて資格を取得していることになります。

また、申込者を平成27年度ベースのデータで詳しく見てみると、1次試験の合格者が3,426人、2次試験の申込者が5,130人という数字で、2次試験の再チャレンジの人数は、「5,130 - 3,426 = 1,704 人」となっています。1次試験を受けて合格した人は、1年間、2次試験に専念した人との競争となり、ストレート合格するのはさらに厳しいといえるでしょう。

 

このように、資格取得まで長い期間を必要とする試験であるからこそ、長期間モチベーションを高く保ちながら、計画的かつ効率的に学習を進めていく必要があります。長い方では45年かけて取得を目指している人もいます。

このようなことから、全てを自己管理する独学者に比べて、スクールに通う人のほうが、2次試験に合格しやすい結果になっている理由といえます。

 

また、2次筆記試験は1次試験と異なり、採点基準が明らかでありません。そのため、ナゾで難しい試験だと言われがちです。しかし、2次試験に攻略法があります。LECの2次試験の対策方法を紹介しています。

詳しくは「LEC 2次対策ガイドライン」をご覧ください。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/reason/2ji_concept.html




| | トラックバック (0)

合格者のプロファイル(性別・年齢・職業)

合格者のプロファイル(性別・年齢・職業)


○H27年度、中小企業診断士、受験者プロファイル 

以下、H27年度の中小企業診断士試験の受験者データのプロファイルを見てみましょう。

診断士1次試験の受験申込者は9割以上が男性で、2次試験も圧倒的に男性が多くなっています。しかし、合格率に目を向けてみると、1次試験では男性の合格率が高いのですが、2次試験では女性の合格率が高くなっています。 1次試験を突破した女性については2次試験においても試験に柔軟に対応して合格できていることが伺えます。

 

【性別】

1次試験「性別」

                                       
 

男女別人数

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

男 性

 
 

16,781

 
 

91.4%

 
 

3,193

 
 

19.0%

 
 

女 性

 
 

1,580

 
 

8.6%

 
 

233

 
 

14.7%

 
 

合 計

 
 

18,361

 
 

100.0%

 
 

3,426

 
 

18.7%

 

2次試験「性別」

                                       
 

男女別人数

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

男 性

 
 

4,797

 
 

93.5%

 
 

867

 
 

18.1%

 
 

女 性

 
 

333

 
 

6.5%

 
 

77

 
 

23.1%

 
 

合 計

 
 

5,130

 
 

100.0%

 
 

944

 
 

18.4%

 

 

数少ない女性受験者の中で中小企業診断士試験に見事合格し、現在LEC講師としても活躍している方もいます。

 http://www.lec-jp.com/shindanshi/reason/teacher/teacher_ohtsuki.html

 

【年齢】

次に、受験申込者を年齢別に見ると、1次2次試験ともに働き盛りの3040代が、受験者の約6割を占め、会社の経営や管理業務などのノウハウが必要な世代の受験者が多く見受けられます。

1次試験「年齢」

A


2次試験「年齢」

B


 一方、合格率に目を向けてみると少し様子が変わってきます。1次試験においては、申込者数の多いやはり3050代の合格率が約6割と過半数を占めていますが、2次試験は若い世代ほど合格率が高い傾向が見受けられ、20代から徐々に合格率が下がる傾向にあります。2次試験は長時間の集中が必要な試験でもあり、知力だけでなく、体力・スピード・柔軟な対応力など、様々な要素が絡み合ってきます。2次試験を突破するのに必要な能力に対して、若い世代のほうが柔軟に対応できているという結果になっています。

C

 

【受験地】

次に、受験地別の申込者数を見ると、大都市での受験者が圧倒的に多く、東京と大阪で8割弱の受験者数となっています。

1次試験の合格率は、受験者数が多い受験地区(東京、大阪など)ほど、合格率が高い傾向にあります。一方、2次試験の合格率を見ると、受験地別に合格率の大差はなく地方でも合格する人は合格できるという結果になっています。


1次試験受験者「受験地区別」

                                                                                                   
 

受験地区

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

札 幌

 
 

389

 
 

2.1%

 
 

48

 
 

12.3%

 
 

仙 台

 
 

682

 
 

3.7%

 
 

97

 
 

14.2%

 
 

東 京

 
 

10,246

 
 

55.8%

 
 

2,071

 
 

20.2%

 
 

名古屋

 
 

1,709

 
 

9.3%

 
 

283

 
 

16.6%

 
 

大 阪

 
 

3,395

 
 

18.5%

 
 

646

 
 

19.0%

 
 

広 島

 
 

709

 
 

3.9%

 
 

108

 
 

15.2%

 
 

福 岡

 
 

1,057

 
 

5.8%

 
 

151

 
 

14.3%

 
 

那 覇

 
 

174

 
 

0.9%

 
 

22

 
 

12.6%

 
 

合 計

 
 

18,361

 
 

100.0%

 
 

3,426

 
 

18.7%

 

 

2次試験受験者「受験地区別」

                                                                                         
 

受験地区

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

札幌

 
 

75

 
 

1.5%

 
 

16

 
 

21.3%

 
 

仙台

 
 

137

 
 

2.7%

 
 

26

 
 

19.0%

 
 

東京

 
 

3,165

 
 

61.7%

 
 

564

 
 

17.8%

 
 

名古屋

 
 

437

 
 

8.5%

 
 

99

 
 

22.7%

 
 

大阪

 
 

918

 
 

17.9%

 
 

178

 
 

19.4%

 
 

広島

 
 

163

 
 

3.2%

 
 

25

 
 

15.3%

 
 

福岡

 
 

235

 
 

4.6%

 
 

36

 
 

15.3%

 
 

合 計

 
 

5,130

 
 

100.0%

 
 

944

 
 

18.4%

 

 

 

【勤務先】

次に、勤務先別の受験者を見てみましょう。申込者が一番多いのは「民間企業勤務」の方で5割強、続いて「政府系金融機関」の1割程度となっています。資格はコンサルタント資格といわれていますが、多くの民間企業の方が受験をしており、会社の「あらゆる業務に役立つ資格」ということが認識されている結果ともいえます。

合格率を勤務先別に見ると、コンサルタント業の合格率は平均合格率を下回り、「コンサルタント業を行っているから合格できる資格ではない」ことが伺える。専門領域をもっているが故、独自ノウハウや業務・業界の特殊知識などが、1次試験の広範囲な知識領域や2次試験の合格に必要な要素とうまくマッチしない部分が出ているとも考えられます。

 

1次試験受験者「勤務先別」

                                                                                                                                                     
 

勤務先

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

経営コンサルタント自営業

 
 

234

 
 

1.3%

 
 

40

 
 

17.1%

 
 

税理士・公認会計士等自営業

 
 

453

 
 

2.5%

 
 

88

 
 

19.4%

 
 

上記以外の自営業

 
 

468

 
 

2.5%

 
 

91

 
 

19.4%

 
 

経営コンサルタント事業所等勤務

 
 

480

 
 

2.6%

 
 

82

 
 

17.1%

 
 

民間企業勤務

 
 

10,603

 
 

57.7%

 
 

2,144

 
 

20.2%

 
 

政府系金融機関勤務

 
 

329

 
 

1.8%

 
 

73

 
 

22.2%

 
 

政府系以外の金融機関勤務

 
 

1,966

 
 

10.7%

 
 

310

 
 

15.8%

 
 

中小企業支援機関

 
 

500

 
 

2.7%

 
 

47

 
 

9.4%

 
 

独立行政法人・公益法人等勤務

 
 

246

 
 

1.3%

 
 

54

 
 

22.0%

 
 

公務員

 
 

579

 
 

3.2%

 
 

122

 
 

21.1%

 
 

研究・教育

 
 

110

 
 

0.6%

 
 

25

 
 

22.7%

 
 

学生

 
 

400

 
 

2.2%

 
 

37

 
 

9.3%

 
 

その他(無職を含む)

 
 

1,993

 
 

10.9%

 
 

313

 
 

15.7%

 
 

合計

 
 

18,361

 
 

100.0%

 
 

3,426

 
 

18.7%

 

 

2次試験受験者「勤務先別」

                                                                                                                                                     
 

勤務先

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

経営コンサルタント自営業

 
 

59

 
 

1.2%

 
 

9

 
 

15.3%

 
 

税理士・公認会計士等自営業

 
 

146

 
 

2.8%

 
 

24

 
 

16.4%

 
 

上記以外の自営業

 
 

122

 
 

2.4%

 
 

23

 
 

18.9%

 
 

経営コンサルタント事業所等勤務

 
 

121

 
 

2.4%

 
 

27

 
 

22.3%

 
 

民間企業勤務

 
 

3,257

 
 

63.5%

 
 

611

 
 

18.8%

 
 

政府系金融機関勤務

 
 

95

 
 

1.9%

 
 

32

 
 

33.7%

 
 

政府系以外の金融機関勤務

 
 

429

 
 

8.4%

 
 

84

 
 

19.6%

 
 

中小企業支援機関

 
 

53

 
 

1.0%

 
 

8

 
 

15.1%

 
 

独立行政法人・公益法人等勤務

 
 

82

 
 

1.6%

 
 

11

 
 

13.4%

 
 

公務員

 
 

193

 
 

3.8%

 
 

38

 
 

19.7%

 
 

研究・教育

 
 

33

 
 

0.6%

 
 

9

 
 

27.3%

 
 

学生

 
 

48

 
 

0.9%

 
 

9

 
 

18.8%

 
 

その他(無職を含む)

 
 

492

 
 

9.6%

 
 

59

 
 

12.0%

 
 

合 計

 
 

5,130

 
 

100.0%

 
 

944

 
 

18.4%

 

 

中小企業診断士試験はとても人気の高い資格です。

社会に出てから中小企業診断士の存在や魅力を知り、学習を始める人が多いのも特徴です。
また、社会に出てもっとビジネス全般のことを知りたいと考える20代や、退職後に経験を活かしたコンサルティング活動をしたい50代以降などからも中小企業診断士は憧れの資格となっています。
経営コンサルティングというと何か特別な人の仕事のように思えますが、各年代がそれぞれの目的を持ってチャレンジしていることが特徴です。
あなたもぜひ、挑戦を始めてみませんか?



| | トラックバック (0)

【過去問通勤ドリル】第49回 平成27年 経済学・経済政策 第23問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第49回   平成27年 経済学・経済政策 第23問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

下表は、公正取引委員会「生産・出荷集中度調査」より、平成23年度と平成24年度における、液晶パネル製造業とインターネット広告代理業における累積生産集中度の値を抜き出したものである。下表の解釈として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


〔解答群〕
ア  平成23年度のインターネット広告代理業では、上位10社の企業で市場を占拠している。
イ  平成24年度のインターネット広告代理業では、平成23年度と比較して、上位5社の企業によって占拠される割合が小さくなった。
ウ  平成24年度の液晶パネル製造業では、10社を超える企業の競争状態にある。
エ  平成24年度の液晶パネル製造業では、平成23年度と比較して、上位3社の企業によって占拠される割合が大きくなった。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>最後の得点アップチャンス!:1次ヤマ当て講座 【1科目2000円】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1科目なんと2,000円!7科目まとめて受講でさらにお得!~

安いからといって内容に妥協はしていません!60分に凝縮された講義を繰り返し繰り返し
聞いて頭に叩き込んでください!

<1次ヤマ当て講座 3つのポイント>
・講義時間は60分!「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的攻略!
・スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、累積集中度に関する問題である。累積集中度の意味が理解できていなくても、問題のデータ等から正解を得られるであろう。累積集中度については、重要度はかなり低いので、用語の意味だけ簡単に覚えておけばよいであろう。
公正取引委員会「生産・出荷集中度調査」によると、累積集中度とは、上位企業の事業分野占拠率(%)の合計値のことである。たとえば上位3社の累積集中度は、1~3位までの企業の事業分野占拠率(%)を合計したものとして、CR3と表記する。
ア 不適切である。 インターネット広告代理業について、平成23年度における上位10社の累積生産集中度(CR10)は81.5となっており、上位10社が完全に市場を占拠しているとは言えないので誤りである。
イ 不適切である。 インターネット広告代理業について、平成24年度の方が平成23年度よりも上位5社による占拠される割合が大きくなっているので誤りである。具体的には、上位5社の累積生産集中度(CR5)について、平成23年度は62.4であるのに対して、平成24年度は63.7となっている。
ウ 不適切である。 液晶パネル製造業について、平成24年度においては、上位10社の累積生産集中度(CR10)は100.0となっており、上位10社に市場が占拠されている状況にあり、10社を超える企業の競争状態ということではなく、10社で占拠されている状況である。
エ 適切である。 液晶パネル製造業において、上位3社の累積生産集中度(CR3)についてみると、平成23年度に94.6であるのに対して、平成24年度には97.0となっており、平成24年度の方が平成23年度よりも上位3社により占拠される割合が大きくなっている。
よって、エが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

【過去問通勤ドリル】第48回 平成27年 運営管理 第38問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第48回   平成27年 運営管理 第38問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

物流センターに関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  3PL(Third Party Logistics)は、荷主企業の物流業務を受託する企業であるが、物流センターを保有していないこともある。
イ  VMI(Vendor Managed Inventory)は、物流センターの在庫情報を卸売業者が小売業者に提供するシステムである。
ウ  WMS(Warehouse Management System)は、物流センター内の生産性向上を目的として人員最適化に用いられるシステムである。
エ  物流センターでは、利用者の求めに応じて保管の役割のほか、値付けや包装などを行うことがあり、これを荷役という。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次模試>2016年合格目標:2次ファイナル全国模試【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの模試は実力判定だけじゃない!実力アップの仕組みがある!~

LECの解説冊子は、LECの学習ノウハウが凝縮されています。設問の全体構造の捉え方、事
例を解くための分析プロセス、解答のアプローチ法など、本試験レベルの問題を通じて、
LECのノウハウをぜひ、吸収してください!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
物流センターのシステムに関する問題である。様々な用語、略号が出て来るが、その内容をそれぞれ正確に理解しておきたい。
ア 適切である。 3PLとは、荷主の物流機能全般を一括して受託する外部の専門業者のことである。自社の物流資産を用いるアセット型のほか、物流資産を持たないノンアセット型もある。
イ 適切でない。 VMIとは、ベンダー(卸売業者)が小売業者のために、情報の提供だけでなく、在庫管理までも提供することである。
ウ 適切でない。 WMSとは、倉庫や物流センターを効率的に運用する管理システムのことで、配車計画や保管計画、ピッキングなどの活動を情報システムで一括管理し、全体の流れをコントロールすることである。物流センター内の生産性向上のみを目的とするものではない。
エ 適切でない。 物流センターでは、要求に応じて、値付けや包装をすることもあるが、これは「荷役」ではなく、「流通加工」や「包装」という機能に該当する。物流には大きく分けて5大機能があり、「荷役」や「流通加工」、「包装」のほか、「輸送(配送)」、「保管」がある。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

【過去問通勤ドリル】第47回 平成27年 運営管理 第30問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第47回   平成27年 運営管理 第30問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

小売店舗において客の動線長をのばすための施策として、最も適切なものはどれか。
 
ア  計画購買率の高い商品を店舗の奥に配置する。
イ  ゴールデンラインを複数設置する。
ウ  チラシ掲載の特売商品を店舗の入口付近に配置する。
エ  パワーカテゴリーを集中配置する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次対策>「2次直前対策講座」 特集ページ【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~あなたを合格させる、問題・添削・講義がここにあります~

LECの2次直前対策講座は、「自分に合わせて選べるカリキュラム」がその特徴です! 2次
試験対策の学習をすでになされている方だけでなく、8月から初めて2次対策に取り組む方
のためにも、パック・オプションをご用意しております。 あなたの2次試験合格が叶うよ
う、全力でサポートいたします。

ポイント1. ココが違う!LEC 2次直前講座
 1.講義の質・・・96.3%の受講生が「わかりやすい」と講義を評価
 2.問題の質・・・本試験の論点を突く。少ない演習で大きな効果
 3.添削の質・・・個々のレベルアップに繋がる丁寧な添削

ポイント2. 自分の状況に合わせて選べる、各種カリキュラム

ポイント3. セットでさらにお得な2次対策講義☆★☆
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
客動線についての基本的な問題である。客動線が長いほど、顧客は店舗の隅々まで回遊し、商品を目にする機会が多くなるため、購買機会が増え、売上の向上が期待できる。そのため、できるだけ客動線が長くなるように商品配置やレイアウトを工夫する必要がある。
客動線を長くするための施策としては、購買順序に基づくカテゴリーを配置する、店舗内に顧客を引きつける売り場を配置する、顧客がレジに直行しないよう主通路をコの字型にとるワンウェイコントロールなどがあげられる。
ア 適切である。 計画購買率の高い商品を店舗の奥に設置することで、顧客が店の奥まで回遊する可能性が高くなり、客動線が長くなることにつながる。
イ 適切でない。 ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)とは、陳列棚において顧客が見やすく手の届きやすい範囲をいう。ゴールデンラインが複数設置されていても、客動線との因果関係はない。
ウ 適切でない。 特売商品を店舗の入口付近に配置することは、買上率の向上にはつながるが、特売商品だけ手に取ってレジに向かう顧客が多くなる可能性があり、客動線を長くすることにはつながらない。
エ 適切でない。 パワーカテゴリーとは、顧客の目を引きつける商品群のことであり、集中配置するよりも、例えば店の中央と店奥に分散して配置するほうが、客動線を長くすることになる。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

【過去問通勤ドリル】第46回 平成27年 企業経営理論  第35問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第46回   平成27年 企業経営理論  第35問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

サービスのマーケティング策に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  家事代行の利用権をカードなどの形態で販売することは、当該サービス需要拡大のための有効策となりうる。
イ  ドリンクバーのように顧客自身にサービス提供者が行う活動を代替してもらうことはコスト削減につながるなどメリットもあるが、顧客満足の視点からは避けたほうがよい。
ウ  ファーストフード店においては、サービスを提供する空間が、顧客にとって居続けたいと感じる環境になるよう最大限の努力を払うべきである。
エ  旅行会社が、目的地の空を覆うオーロラの神秘性を強くアピールすることは、不確実性をともなうとしても顧客満足を高めることになる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<超直前・道場>付属統計資料+小規模企業対策 要点整理道場 【7/31(日)開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~試験1週間前の超直前講座!短時間で得点力アップ~

試験直前の1週間前、最後の中小得点アップのため、付属統計資料と小規模企業を焦点と
したピンポイント講義です。
講義後その場ですぐに確認をしていただく形式で、得点力アップを意識した3時間です。

★3時間の内容
①13:00~14:00 付属統計資料のポイント
②14:10~16:00 小規模基本法・小規模白書+小規模対象施策のポイントチェック

※本道場の内容は、「20時間で完成 中小企業経営・政策短期集中ゼミ」及び
「1次テーマ別答練」を圧縮・厳選したものです。

●日程●
新橋本校 7/31(日)
○講師○
小松 秀春 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
サービス・マーケティングに関する出題である。知識をもとにして、実例にあてはめて正誤を判断する必要がある。
ア 適切である。 家事代行サービスの利用券をカードの形態で販売することにより、提供するサービスを「目で見える形」で認知させることができるため、サービス需要の拡大につながる。
イ 適切でない。 ドリンクバーで顧客がドリンクを注ぐ作業は、自分で選ぶ楽しさなども提供できる。そのため、顧客満足の視点から避けた方が良いとする選択肢の記述は不適切である。
ウ 適切でない。 ファーストフード店では、店舗側は顧客の来店時間を短くすることで、回転率を高めることが望ましい。そのため、居続けたいと感じるような環境作りは、かえって好ましくない。
エ 適切でない。 実際に目的地に行った際、オーロラを見ることが出来なければ、事前の期待との差によって、顧客の不満を招きやすくなる。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

【過去問通勤ドリル】第45回 平成27年 経済学・経済政策 第19問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第45回   平成27年 経済学・経済政策 第19問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

企業は、供給する財の価格を決定するとき、消費者の価格弾力性を考慮に入れることがある。
いま、ある企業が2つの市場Aと市場Bにおいて同一の財を独占的に供給している。当該企業は、2つの市場において同一かつ一定の限界費用でこの財を生産しているが、2つの市場で異なる価格を設定することができる。ただし、各地域内では、消費者ごとに価格を差別することはできないものとする。
この財への需要は、市場Aと市場Bでは異なり、市場Aでの需要の価格弾力性は、市場Bでの需要の価格弾力性よりも相対的に低い(相対的に非弾力的である)。
このときの記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
 
a  合理的な独占企業は、限界収入と限界費用が一致する生産量を選択する。
b  合理的な独占企業は、需要曲線が示す価格と限界費用が一致する生産量を選択する。
c  需要の価格弾力性が高い市場Bの価格は、市場Aの価格よりも高くなる。
d  需要の価格弾力性が低い市場Aの価格は、市場Bの価格よりも高くなる。
   
〔解答群〕
ア  aとc
イ  aとd
ウ  bとc
エ  bとd

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<直前イベント>1次出題テーマ大予想&1次本試験決起会     【7/30(土)開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験直前・当日、受験生のための多数イベントを開催~


★その1.★ 7月30日(土):「1次超直前決起会×出題テーマ徹底予想」
 ~毎年恒例!テーマ予想&決起会 ~
 このイベントに足を運んで勢いをつけ、不安や焦りを吹き飛ばしましょう。

★その2.★ 8月7日(日):「ライバルに先んじる!2次合格戦略」
  ~1次本試験が終わる日は、2次試験対策の始まりの日!~
  大庭講師が、2か月半後の2次試験合格戦略伝授します。
 
[会場]  新宿エルタワー本校 、他、全国本校同時中継予定 

★その3.★ 8月8日(月): 1次試験総評動画【Web限定】
  ~試験翌日の超速報!1次本試験を振り返ってみよう!~
いちはやく今年度の1次試験の振り返りを行います。
今後の学習プランを立てるのにお役立てください!

受験生応援コンテンツも開始しています!
 講師コラム「試験直前の学習法、試験前日・当日の過ごし方」

他、イベントが盛りだくさんです! 
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、価格差別(差別独占)に関する問題である。内容は基本的なものである。
問題の条件により、市場Aでの需要の価格弾力性の方が、市場Bでの需要の価格弾力性よりも相対的に小さい(相対的に非弾力的である)ことを踏まえると、市場Aと市場Bに同一の財を独占的に供給する企業は、市場Aの方に市場Bよりも高めに価格を設定する。
また、独占市場における利潤最大化条件は、市場Aでの限界収入をMRA、市場Bでの限界収入をMRB、限界費用をMCとすると、以下のようになる。
(市場A)限界収入MRA=限界費用MC
(市場B)限界収入MRB=限界費用MC
⇒ MRA=MRB=MCが成立する。
よって、a,dが正しく、イが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

【過去問通勤ドリル】第44回 平成27年 運営管理 第29問

【過去問通勤ドリル】みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第44回   平成27年 運営管理 第29問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

小売業の販売方法に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
   
ア  慣習価格を崩さずに商品の容量を減らすことは、顧客生涯価値を高めるのに役立つ。


イ  クーポンを発行して、レジで商品の価格を割り引いて販売することは、単なる値引きと比べて消費者の内的参照価格の低下を防ぐのに役立つ。

ウ  シーズン性のある商品をそのシーズンの終わりに価格を割り引いて販売することは、商品在庫の削減に役立つ。

エ  商品の価格を変更せずに容量を増やして販売することは、割安感を演出するのに役立つ。

オ  値引き後の販売価格と値引き前の通常販売価格を二重価格表示することは、割安感を演出するのに役立つ。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次イベント特集>1次本試験特集、テーマ予想などイベント多数【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験直前・当日、受験生のための多数イベントを開催~


★その1.★ 7月30日(土):「1次超直前決起会×出題テーマ徹底予想」
 ~毎年恒例!テーマ予想&決起会 ~
 このイベントに足を運んで勢いをつけ、不安や焦りを吹き飛ばしましょう。

★その2.★ 8月7日(日):「ライバルに先んじる!2次合格戦略」
  ~1次本試験が終わる日は、2次試験対策の始まりの日!~
  大庭講師が、2か月半後の2次試験合格戦略伝授します。

 [会場]  新宿エルタワー本校 、他、全国本校同時中継予定 

受験生応援コンテンツも開始しています!
 講師コラム「試験直前の学習法、試験前日・当日の過ごし方」

他、イベントが盛りだくさんです! 
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
小売業の価格設定と販売方法からの出題である。消費者が妥当と感じる価格(参照価格)よりも実際の価格が低い場合は購買意欲が高まり、反対に高い場合は購買意欲が低下する。
参照価格には内的参照価格と外的参照価格があり、内的参照価格とは消費者の経験などから形成された価格のことである。一方、外的参照価格とは。消費者の購買環境(店内のPOPに記載されている希望小売価格など)から感じる価格のことである。
単なる値引きを行った場合消費者の内的参照価格は低下し、価格を元に戻した場合に割高感を感じてしまう。よってクーポンや増量パックといった販売手法を組み合わせて、内的参照価格の低下を防ぎながら購買意欲の促進を図っていくことが重要である。
過去問の類題として平成25年 第29問があり、併せて参照いただきたい。
  
ア 適切でない。 顧客生涯価値とは一人の顧客が現在および将来にわたって企業にもたらす利益のことである。慣習価格を崩さずに商品の容量を減らすことは内的参照価格低下の防止につながるが、顧客生涯価値を高めることにはつながらないので不適切である。
イ 適切である。 例えば、3,000円の商品を2,000円で値引き販売する場合は消費者に2,000円という内的参照価格が形成されるが、1,000円引きクーポンを発行しレジで割り引いた場合、その商品に対する内的参照価格の低下を抑制できる。
ウ 適切である。 シーズン性のある商品の場合、シーズンの終盤になると需要が低下し、死蔵在庫となる恐れがある。よってシーズンの終わりに価格を割り引いて販売することにより、消費者にとって参照価格より実際価格の方が低くなるため、購買意欲が促進され商品在庫の削減につながる。
エ 適切である。 商品の価格を変更せずに容量を増やすことで、内的参照価格の低下を防ぎながら購買意欲を促進できる。
オ 適切である。  通常販売価格という外的参照価格と比較し実際の価格の方が低いため、割安感を訴求できる。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

【過去問通勤ドリル】第43回 平成27年 企業経営理論  第34問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第43回   平成27年 企業経営理論  第34問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

サービスと、その品質評価や顧客満足に関する記述として、最も適切なものはどれか。
  
ア  SERVQUALでは、信頼性、対応性、確実性、共感性、有用性の5つの側面からサービス品質を評価する。
イ  顧客が、直接、サービスを提供される場面をサービス・スケープといい、重要性から「真実の瞬間」と称されることがある。
ウ  サービス・プロフィット・チェーンは、従業員の満足を高めることが顧客満足や顧客ロイヤルティの向上につながるという考え方を示している。
エ  提供するサービスが顧客の期待水準に達すれば、確実に顧客は高い満足を得る。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次直前>1次直前総まとめ講座 7科目重要テーマの総チェック【好評発売中】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験まであとわずか!あなたは、重要テーマを残らずチェックできていますか?~

この講座は、ズバリ「1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェックすること」で
す!LECの看板講師陣が全精力を傾けたレジュメ&講義で合格力を引き上げます!

★☆☆1次直前!総まとめ講座の3つのポイント☆☆★
1.繰り返し出題されているテーマを残さずチェックすることで足切りを防ぐ!
2.「OUTPUT&INPUT」の双方向講義で応用レベルまで引き上げる!
3.独学では学べない、「本試験で使える、解答へのアプローチ法」で得点を+α!

●開催校●
大阪・梅田駅前本校 、東京・新橋本校

●日程●
7/9(土)~7/24(日)までの土日祝日、(各科目2回、全14回)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
サービスに関する知識を問う出題である。初見の用語が問われているため、難しい設問であった。
  
ア 適切でない。 SERVQUALとは、サービスと品質を組み合わせた造語である。「信頼性」「反応性」「確実性」「共感性」「有用性」の5つの側面からサービス品質を評価する。「反応性」とは、顧客に対するサービスを提供する速さのことである。よって「対応性」という選択肢の記述は誤りである。
イ 適切でない。 顧客が直接サービスを提供する場面自体は、「コンタクト・ポイント(顧客接点)」と呼ばれる。なお、サービス・スケープとは、サービスを提供する物理的な環境(店内の内装、雰囲気など)のすべてを指す。
ウ 適切である。 選択肢の記述のとおり、「ES(従業員満足)の向上」が「CS(顧客満足)の向上」につながる考え方を「サービス・プロフィット・チェーン」と呼ぶ。
エ 適切でない。 顧客が高い満足を得るためには、提供するサービスが顧客の期待水準に達するだけでなく、さらに期待を上回る必要がある。顧客の満足は「顧客の期待水準」に対して「提供するサービスの満足度」が上回った場合に生じる。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

【過去問通勤ドリル】第42回 平成27年 経営情報システム 第19問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第42回   平成27年 経営情報システム 第19問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

多様な情報システムを開発して新規に導入したり、以前からあった情報システムを変更して利用したりすることが頻繁に行われ、情報システムの複雑性が増している。情報システムが複雑になればなるほど、ソフトウェアテストの重要性が高まる。これに関する記述として最も適切なものはどれか。
  
ア  V字モデルにおけるテストとは、システム開発の過程をさかのぼるようにして、総合テスト、受入テスト、単体テストを逐次に実施する方法である。
イ  回帰テストとは、保守によってシステムに変更が加えられたならば、変更した部分だけのテストを行う方法である。
ウ  デシジョンテーブルテストとは、ソフトウェアの利用に際してユーザが行う意思決定の内容を、デシジョンテーブルに整理してテストを行う方法である。
エ  ブラックボックステストとは、プログラムの内部構造は考慮せず、機能やインタフェースだけに着目してテストデータを作成し、テストを行う方法である。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>2016年合格目標:1次ヤマ当て講座【1科目なんと2000円!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1科目なんと2,000円!7科目まとめて受講でさらにお得!~

安いからといって内容に妥協はしていません!60分に凝縮された講義を繰り返し繰り返し
聞いて頭に叩き込んでください!

<1次ヤマ当て講座 3つのポイント>
・講義時間は60分!「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的攻略!
・スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
ソフトウェアテストの方法に関する問題である。情報システムは企業の中で重要位置付けになると同時に、新旧システムの混在、多様な技術の組み合わせによって複雑性が増している。ソフトウェアテストは、実際に企業が情報システムの運用を開始するにあたり、開発したシステムに不具合が無く、機能要件や非機能要件を満たしていることを確認する重要なプロセスである。
ア 適切でない。 V字モデルにおけるテストは、単体テスト、結合テスト、総合テスト(システムテスト)、受入テストの順に実施する。V字モデルでは、前工程での中間成果物を確定した後に、それを前提として次の工程を実施する。原則として工程をさかのぼらないことから、滝から水が落ちていくことに例えてウォータフォール型開発プロセスと呼ばれている。

 
イ 適切でない。 回帰テスト(レグレッションテスト)では、変更した部分だけではなく、変更していない部分に新たな不具合が生じていないかもテストする。機能追加などで部分的にシステムを変更した場合でも、変更した機能と別の部分で不具合が生じることや、バージョン管理ミスでデグレード(古い状態に戻ってしまうこと)が生じる場合がある。そのため、変更していない部分のテストも重要になるのである。
ウ 適切でない。 ユーザが行う意思決定の内容を、の説明が誤りである。デシジョンテーブルテストとは、情報システムに組み込まれた複数の判断条件と動作の組み合わせを整理したディシジョンテーブルを基に、それぞれの判断条件の組合せで正常な動作やふるまいをするか、網羅的にテストする方法である。
エ 適切である。 選択肢の通りである。ブラックボックステストとは、テスト対象システムの内部構造を意識せず、外部仕様からテストを行う方法である。逆に、テスト対象システムの内部構造を意識し、どのような構造であるかを踏まえてテストする方法をホワイトボックステストと呼ぶ。
よって、エが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

【過去問通勤ドリル】第41回 平成27年 経済学・経済政策 第17問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第41回   平成27年 経済学・経済政策 第17問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

いま、下図において、ある財の平均費用曲線と限界費用曲線、および当該財の価格が描かれており、価格と限界費用曲線の交点dによって利潤を最大化する生産量qが与えられている。この図に関する説明として、最も適切なものを以下の解答群から選べ。


 
〔解答群〕
ア  利潤が最大となる生産量のとき、四角形adqoによって平均可変費用の大きさが示される。
イ  利潤が最大となる生産量のとき、四角形adqoによって利潤の大きさが示される。
ウ  利潤が最大となる生産量のとき、四角形bcqoによって収入の大きさが示される。
エ  利潤が最大となる生産量のとき、四角形bcqoによって総費用の大きさが示される。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<超直前道場>付属統計資料+小規模企業対策 要点整理道場【新発売】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~試験1週間前の超直前講座!短時間で得点力アップ~

試験直前の1週間前、最後の中小得点アップのため、付属統計資料と小規模企業を焦点と
したピンポイント講義です。
講義後その場ですぐに確認をしていただく形式で、得点力アップを意識した3時間です。

★3時間の内容
①13:00~14:00 付属統計資料のポイント
②14:10~16:00 小規模基本法・小規模白書+小規模対象施策のポイントチェック

※本道場の内容は、「20時間で完成 中小企業経営・政策短期集中ゼミ」及び
「1次テーマ別答練」を圧縮・厳選したものです。

●日程●
新橋本校 7/31(日)
○講師○
小松 秀春 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、企業の利潤最大化に関する内容となっている。図をしっかりと理解しておくこと。

  
ア 不適切である。 利潤最大化条件は、価格と限界費用の一致なので、利潤が最大となる生産量はqである。このとき、四角形adq0は総収入(売上)の大きさを表す。
イ 不適切である。 利潤が最大となる生産量qのとき、四角形adq0によって表されるのは、利潤の大きさではなく総収入(売上)の大きさである。
ウ 不適切である。 利潤が最大となる生産量qのとき、平均費用がcの大きさだけ発生する。したがって、四角形bcq0によって総費用の大きさが示される。
エ 適切である。 総費用は、平均費用に生産量を乗じて求められる。
よって、エが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

【過去問通勤ドリル】第40回 平成27年 運営管理 第25問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
 店舗施設の売場を演出する照明の説明に関して、次の文中の空欄A〜Cに入る語句として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
 
照明光の性質を知る代表的なものとして、光源に照らされた明るさを表す [ A ]、光源の色みを表す[  B  ]がある。また、光で照明された物体の色の見え方を[  C  ]という。
 
〔解答群〕
ア  A:演色    B:光色    C:照度
イ  A:光色    B:演色    C:照度
ウ  A:光色    B:照度    C:演色
エ  A:照度    B:演色    C:光色
オ  A:照度    B:光色    C:演色
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第40回   平成27年 運営管理 第25問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<特別イベント>キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~【参加無料・予約不要】

簿記・FPの知識を活かして中小企業診断士資格を狙う!
日商簿記検定とファイナンシャルプランナー技能士試験は、中小企業診断士試験と密接な
かかわりがあります。ですから、簿記とFPの学習をされている方は、診断士試験受験のア
ドバンテージをお持ちであると言っても過言ではありません!診断士資格を取得し、活躍
のフィールドを広げてみませんか?

自身もFP3級の資格をもつ小松講師は、LEC診断士講座の講師として、実務家として活躍中
です。イベント後には、講師に直接質問もできますのでぜひお気軽にご来校ください!

●実施日程
7月17日(日)16:00~17:00
●担当講師
小松 秀春LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
店舗施設の売場の照明に関する問題である。問われている用語は基本的なものなので、確実に得点したい。
光源に照らされた明るさを表すのは照度である。単位面積当たりの光の量を表す単位でルクスとも呼ばれる。
光源の色みを表すのは光色である。光色が赤いほど色温度が低く、暖色系の色が強調される。逆に光色が青いほど色温度が高くなり、寒色系が鮮やかに見える。
光で照明された物体の見え方を演色という。演色性が優れているほど、ものの色が正確に見える。
以上より、「A:照度」、「B:光色」、「C:演色」となる。
よって、オが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

【過去問通勤ドリル】第39回 平成27年 企業経営理論 第33問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第39回   平成27年 企業経営理論 第33問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

プロモーションに関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  コーズリレーテッド・マーケティングは、一般的に、当該企業の事業収益と関連づけない。
イ  パブリシティについては、原則として、ニュース性の高い情報であれば、企業がコントロールすることができる。
ウ  パブリックリレーションズでは、製品、人、地域、アイデア、活動、組織、さらには国家さえも対象としてコミュニケーションを実施する。
エ  プロモーションミックスとは、広告、セールスプロモーション、パブリックリレーションズ、インベスターズリレーションズの4つの活動を、マーケティング目標に応じて適切に組み合わせることをいう。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<生ガイダンス>初学者向け・資格説明会のご案内【当日申込特典10000円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECのガイダンスは、インターネットで検索できることは話しません。~

LECは効率を度外視し、少人数制のガイダンスを貫いています。だから、“あなた”が合
格するとどんなメリットがあるのか、“あなた”にはどんな学習スタイルが向くのか、膝
を詰めてお話しできます。アナログですが、結局何事も人にきくことが一番の近道です

●新宿エルタワー本校●
 7/16(土)13:00~大庭 聖司 LEC専任講師
 生講義 「1次ベーシック講座60分ダイジェスト」
●新橋本校●
7/18(月) 16:30~ 後藤 博 LEC専任講師
  生講義 「1次ベーシック講座60分ダイジェスト」
●池袋本校●
 7/23(土)11:00~大谷 祐子 LEC専任講師
 生講義 「中小企業診断士 資格の魅力・学習法まるわかり

★資格説明会 参加者特典
 ①当日成約割引・予約割引
  資格説明会当日にお申込いただくと、当日申込特典として10,000円を講座受講料から
  割引いたします。
 ②ビジネスにも役立つすぐれもの「儲ける仕組みをつくるビジネスフレームワーク集」
  無料進呈
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
プロモーションに関する基本的な知識を問う出題である。
 
ア 適切でない。 コーズリレーテッド・マーケティングでは自社の収益の一部を、何らかの寄付や社会活動に当てるなど、自社の事業収益と関連付けることにより、「企業イメージの向上」と同時に「自社の収益向上」を図ることが多い。
イ 適切でない。 パブリシティについて、原則として企業側が各報道機関に対してコントロールすることは難しいと考えられる。とくにニュース性が高い場合は、さらにコントロールしにくくなるだろう。
ウ 適切である。 パブリックリレーションズとは「PR」のことであり、選択肢のとおり様々なコミュニケーションの対象がある。なお「国家さえも対象として」という選択肢の記述は、例えば、訪日観光客の誘致を目的とした海外へのPRなどを指すものと思われる。
エ 適切でない。 プロモーションミックスは、広告、セールスプロモーション、パブリックリレーションズ、人的販売の4つの活動から構成される。選択肢の「インベスターリレーションズ」とは「IR」のことであり、企業が投資家に対して行う情報提供などの広報活動を指す。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

【過去問通勤ドリル】第38回 平成27年 経営情報システム 第18問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第38回   平成27年 経営情報システム 第18問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

近年の多様なIT機器の発達、激しいビジネス環境の変動の中で、アジャイルシステム開発が注目されている。アジャイルシステム開発の方法論であるフィーチャ駆動開発、スクラム、かんばん、XPに関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  フィーチャ駆動開発は、要求定義、設計、コーディング、テスト、実装というシステム開発プロセスを逐次的に確実に行う方法論である。
イ  スクラムは、ラウンドトリップ・エンジニアリングを取り入れたシステム開発
の方法論である。
ウ  かんばんは、ジャストインタイムの手法を応用して、システム開発の際に、ユーザと開発者との間でかんばんと呼ばれる情報伝達ツールを用いることに特徴がある。
エ  XPは、開発の基幹手法としてペアプログラミングを用いるが、それは複数のオブジェクトを複数の人々で分担して作成することで、システム開発の迅速化を図ろうとするものである。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」【予約不要・参加無料】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 7/30(土)13:00~14:00 企業経営理論 金城 順之介 LEC専任講師
●新橋本校●
 7/18(月・祝)16:30~17:30 企業経営理論 後藤 博  講師
●横浜本校●
 7/24(日)14:00~15:00 企業経営理論 黒川 貴弘 LEC専任講師
●池袋本校●
 7/31(日)13:00~14:00 企業経営理論 黒川 貴弘 LEC専任講師
●梅田駅前本校●
 8/6(土)13:00~14:00 企業経営理論 高村 憲司 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
アジャイルシステム開発とは、状況変化にあわせて迅速かつ柔軟にソフトウェア開発する手法の総称をいう。アジャイルには「俊敏な」という意味がある。代表的なアジャイルシステム開発としてXP(エクストリームプログラミング)、Scrum(スクラム)、FDD(フィーチャ駆動開発)などがある。スクラムも含めてアジャイルシステム開発の論点は2年連続で問われたのでしっかりと内容を確認してほしい。
ア 適切でない。 フィーチャ駆動開発は顧客にとっての機能価値(フィーチャ)を短期間で繰り返し作って行く開発である。要求定義、設計、コーディング、実装を逐次的に行うのはウォータフォール型開発である。
イ 適切である。 スクラムはソフトウェアを順次作り、そのソフトウェアを発展させながら開発を進める反復的な開発アプローチ(ラウンドトリップ)を採用している。スクラムでは確約、専念、隠さない、尊敬、勇気の5つ価値を定めている。
ウ 適切でない。 リーンソフトウェア開発では目に見えない作業を可視化するために「かんばん」が使われるが、生産現場と違い前工程から後工程へ流れる。工程間の連携に「かんばん」が使われ、ユーザと開発者の情報伝達は目的としていない。
エ 適切でない。 XPではペアプログラミングが用いられるが、1つのオブジェクトを2人で作成することであり、複数のオブジェクトを複数の人々で分担して作成するのは従来からある開発手法である。XPでは、コミュニケーション、シンプルさ、フィードバック、勇気の4つの価値を定めている。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

【過去問通勤ドリル】第37回 平成27年 経済学・経済政策 第15問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第37回   平成27年 経済学・経済政策 第15問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

下図には、固定費用Fと可変費用で構成される総費用曲線が描かれている。また、原点から始まり総費用曲線と点Kで接する補助線Aと、固定費用Fから始まり総費用曲線と点Mで接する補助線Bが描かれている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


〔解答群〕
ア  生産量Q2は、平均費用が最小となる生産量である。
イ  平均可変費用と限界費用が一致する点は操業停止点といわれ、図中で点Kがこれに該当する。
ウ  平均費用と限界費用が一致する点は損益分岐点といわれ、図中で点Mがこれに該当する。
エ  平均費用と平均可変費用は、生産量Q1で一致する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格:1次2次プレミアム1年合格コース【早割&合格お祝い金!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★7月末までの早期申込割引「4万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、総費用曲線に関する内容となっている。難易度は高いが重要なのでしっかりと理解しておいてほしい。

 
ア 適切である。 補助線Aの傾きは、最小となる平均費用ACの大きさを表す。つまり、生産量Q2は、平均費用が最小となる生産量である。
イ 不適切である。 補助線Bの傾きは、最小となる平均可変費用ACの大きさを表す。また平均可変費用が最小になると限界費用も一致する。ここで、平均可変費用と限界費用が一致する点は操業停止点といわれる。つまり、図中で点Mが操業停止点となる。
ウ 不適切である。 平均費用と限界費用が一致する点は損益分岐点といわれ、図中で点Kがこれに該当する。
エ 不適切である。 平均費用と平均可変費用は、生産量Q1で一致するわけではない。
よって、アが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

【過去問通勤ドリル】第36回 平成27年 運営管理 第23問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第36回   平成27年 運営管理 第23問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

都市計画法および建築基準法による用途地域に関する説明として、最も適切なものはどれか。
  
ア  床面積が1,000m2の店舗の場合、第一種低層住居専用地域に出店することができる。
イ  床面積が2,000m2の店舗の場合、第二種中高層住居専用地域に出店することができる。
ウ  床面積が5,000m2の店舗の場合、第一種住居地域に出店することができる。
エ  床面積が12,000m2の店舗の場合、準住居地域に出店することができる。
オ  床面積が15,000m2の店舗の場合、近隣商業地域に出店することができる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<特別イベント>キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~【参加無料・予約不要】

簿記・FPの知識を活かして中小企業診断士資格を狙う!
日商簿記検定とファイナンシャルプランナー技能士試験は、中小企業診断士試験と密接な
かかわりがあります。ですから、簿記とFPの学習をされている方は、診断士試験受験のア
ドバンテージをお持ちであると言っても過言ではありません!診断士資格を取得し、活躍
のフィールドを広げてみませんか?

自身もFP3級の資格をもつ小松講師は、LEC診断士講座の講師として、実務家として活躍中
です。イベント後には、講師に直接質問もできますのでぜひお気軽にご来校ください!

●実施日程
7月17日(日)16:00~17:00
●担当講師
小松 秀春LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
都市計画法および建築基準法の用途地域に関する問題である。平成18年の改正により大規模集客施設が立地可能な用途地域が見直され、近隣商業地域・商業地域・準工業地域以外の用途地域での床面積10,000㎡を超える劇場・店舗・飲食店の建築が禁止されている。
   
図表. 用途地域における立地制限の見直し

 
※準工業地域では、特別用途地区を活用し、大規模集客施設の立地を制限している。特に地方都市においては、中心市街地活性化法の基本方針の中で、国が認定する基本計画において準工業地域を特別用途地区に指定することを条件としている。
ア 適切でない。 第一種低層住居専用地域では、50㎡を超える店舗の出店は不可である。
イ 適切でない。 第二種中高層住居専用地域では、1,500㎡を超える店舗の出店は不可である。
ウ 適切でない。 第一種住居地域では、3,000㎡を超える店舗の出店は不可である。
エ 適切でない。 準住居地域では、大規模集客施設に関して原則は出店は不可である。ただし、用途地域の変更や用途を緩和する地区計画の決定により出店可能である。
オ 適切である。 近隣商業地域では、床面積10,000㎡を超える大規模集客施設の出店が可能である。
よって、オが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

【過去問通勤ドリル】第35回 平成27年 経営情報システム 第16問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第35回   平成27年 経営情報システム 第16問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
システム設計の際に使われる図に関する以下の①〜④の記述と、図の名称の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 
①  情報システムの内外の関係するデータの流れを表す図である。
②  データを、実体、関連およびそれらの属性を要素としてモデル化する図である。
③  システムにはどのような利用者がいるのか、利用者はどのような操作をするのかを示すために使われる図である。
④  システムの物理的構成要素の依存関係に注目してシステムの構造を記述する図である。
 
〔解答群〕
ア  ①:DFD    ②:ERD    ③:アクティビティ図      ④:配置図
イ  ①:DFD    ②:ERD    ③:ユースケース図       ④:コンポーネント図
ウ  ①:ERD    ②:DFD    ③:ステートチャート図    ④:コンポーネント図
エ  ①:ERD    ②:DFD    ③:ユースケース図       ④:配置図

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>2016年合格目標:1次ヤマ当て講座【1科目なんと2000円!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1科目なんと2,000円!7科目まとめて受講でさらにお得!~

安いからといって内容に妥協はしていません!60分に凝縮された講義を繰り返し繰り返し
聞いて頭に叩き込んでください!

<1次ヤマ当て講座 3つのポイント>
・講義時間は60分!「厳選された出題されそうな問題や分野」を徹底的攻略!
・スキマ時間を効率的に使うスマホ対応講座!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
①  DFD(データフローダイヤグラム):(下図の例を参照)
情報システムの内外の関係するデータの流れを表す図である。
②  ERD(エンティティ・リレーションシップ・ダイヤグラム):(下図の例を参照)
リレーショナルデータベースなどで利用されるデータを、実体、関連およびそれらの属性を要素としてモデル化する図である。
③ ユースケース図:(下図の例を参照)
UMLの一種であり、システムにはどのような利用者がいるのか、利用者はどのような操作をするのかを示すために使われる図である。
④  コンポーネント図:(下図の例を参照)
UMLの一種であり、システムの物理的構成要素の依存関係に注目してシステムの構造を記述する図である。


ア 適切でない。 ③④の説明と合致していない。
イ 適切である。 すべての説明と合致している。
ウ 適切でない。 ①②③の説明と合致していない。
エ 適切でない。 ①②④の説明と合致していない。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

【過去問通勤ドリル】第34回 平成27年 企業経営理論 第32問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第34回   平成27年 企業経営理論 第32問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

パッケージに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  陳列棚での調和を考慮して、新商品には当該カテゴリーの連想色をパッケージに用いるべきである。
イ  パッケージデザインの変更はブランド鮮度を訴求する有効な手段であるため、イメージを一新するパッケージ変更を積極的に行うべきである。
ウ  パッケージは、触覚への訴求を重視することがあるブランド要素である。
エ  パッケージ変更は短期的な成果をもたらさないにもかかわらず、他のマーケティング・コミュニケーションの変更と比べると、一般的にコストが非常に大きい。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<超直前道場>付属統計資料+小規模企業対策 要点整理道場【新発売】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~試験1週間前の超直前講座!短時間で得点力アップ~

試験直前の1週間前、最後の中小得点アップのため、付属統計資料と小規模企業を焦点と
したピンポイント講義です。
講義後その場ですぐに確認をしていただく形式で、得点力アップを意識した3時間です。

★3時間の内容
①13:00~14:00 付属統計資料のポイント
②14:10~16:00 小規模基本法・小規模白書+小規模対象施策のポイントチェック

※本道場の内容は、「20時間で完成 中小企業経営・政策短期集中ゼミ」及び
「1次テーマ別答練」を圧縮・厳選したものです。

●日程●
新橋本校 7/31(日)
○講師○
小松 秀春 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
ブランド要素の中からパッケージに絞った出題である。事前の知識がなくとも、パッケージを連想することで、対応したい設問である。
 
ア 適切でない。 新商品はむしろ陳列棚の中で調和するのではなく、目立つように工夫した方が良い。そのため、必ずしも当該カテゴリーの連想色を用いればよいというものではない。
イ 適切でない。 選択肢前半の記述の通り、パッケージデザインの変更はブランド鮮度を訴求する有効な手段である。しかし、イメージを一新するパッケージ変更は、ブランドイメージの混乱を招くおそれがあるため、必ずしも積極的に行うべきものではない。
ウ 適切である。 パッケージは視覚だけでなく、直接触ることができるため触覚にも訴求することができるブランド要素である。
エ 適切でない。 パッケージ変更により、消費者の潜在的なニーズを掴むことで短期的な成果をもたらす可能性はある。また、他のマーケティング・コミュニケーションの変更と比べた場合、多大な費用を必要とするテレビ広告などと比べ、コストが非常に大きいとは言えない。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

【過去問通勤ドリル】第33回 平成27年 経営情報システム 第15問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第33回   平成27年 経営情報システム 第15問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

クラウドコンピューティングの実現にも使われる仮想化技術に関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  仮想サーバの規模に比例してサーバの管理オーバヘッドが次第に大きくなることを、スケールアップという。
イ  複数の物理サーバを負荷分散装置に追加して 1台の仮想サーバとする方式は、顧客データの更新処理が多量に発生する場合に効率的である。
ウ  物理サーバを追加することで仮想サーバの処理能力を増やすことを、スケールアウトという。
エ  ブレードPC方式のデスクトップ仮想化では、ブレードPCの処理余力をデスクトップで相互に有効利用することができる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<生ガイダンス>初学者向け・資格説明会のご案内【当日申込特典10000円引き】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECのガイダンスは、インターネットで検索できることは話しません。~

LECは効率を度外視し、少人数制のガイダンスを貫いています。だから、“あなた”が合
格するとどんなメリットがあるのか、“あなた”にはどんな学習スタイルが向くのか、膝
を詰めてお話しできます。アナログですが、結局何事も人にきくことが一番の近道です

●新宿エルタワー本校●
 7/5(火)19:30~ 小松 秀春 LEC専任講師
  生講義 「30分でわかる働きながら合格学習法」
 7/9(土)16:00~ 鈴木 隆之 LEC専任講師
  生講義 「通信でも挫折しない中小企業診断士学習法」
●新橋本校●
7/6(水) 19:00~ 大庭 聖司 LEC専任講師
  生講義 「知識“ゼロ”からの中小企業診断士試験合格法」
●横浜本校●
  7/10(日) 16:00~ 齋藤 尚仁 LEC専任講師
   生講義 「企業内診断士の魅力とは?」
●池袋本校●
 7/10(日) 11:00~ 金城 順之介 LEC専任講師
 生講義 「知識“ゼロ”からの中小企業診断士試験合格法」


★資格説明会 参加者特典
 ①当日成約割引・予約割引
  資格説明会当日にお申込いただくと、当日申込特典として10,000円を講座受講料から
  割引いたします。
 ②ビジネスにも役立つすぐれもの「儲ける仕組みをつくるビジネスフレームワーク集」
  無料進呈
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
近年急速に発達している仮想化技術についての設問である。仮想化とは、物理的なCPUやメモリなどの構成にとらわれず、論理的にハードウエアを構成し、1台のサーバをあたかも複数台のサーバとして活用する方法である。通常、1台のサーバのCPUやメモリなどのリソースの使用率は低いため、仮想化し1台で集約利用する事でリソースの有効活用ができる事や、サーバを追加する場合も論理的な作業だけで済むため、スピードアップを図れる事が特徴である。仮想化の情報処理性能を向上させる技術としてスケールアップとスケールアウトがある。スケールアップとは、CPUやメモリなどのハードウエアの性能を上げて処理性能を向上させる技術である。複数のサーバが必要でないため、ソフトウェア等の費用が少なくて済む等のメリットがあり、単一のサーバで使用するためデータベースサーバでの活用に向いている。スケールアウトとは、サーバの数を増やす事で処理性能を向上させる技術である。複数のサーバで運用するため、1台のサーバが停止してもサービスを止める必要がなくWebサーバの活用に向いている。その反面、分散したサーバで処理する事になるためオーバヘッドが増加する。オーバヘッドとは、ある特定の処理をした時に付随して生じる処理の事であり、オーバヘッドが増えるとサーバのパフォーマンスは低下する。
  
ア 適切でない。 サーバの台数に比例してサーバ間のオーバヘッドが増加するのは、スケールアップであるため適切でない。
イ 適切でない。 サーバ台数を増やす事で処理性能を向上させる事をスケールアウトと呼ぶが、この方式はWebサーバには向くが、データベースサーバには向いていないため適切でない。
ウ 適切である。 上記のとおり、適切である。
エ 適切でない。 デスクトップの仮想化についての問題である。デスクトップの仮想化とは、クライアントPCで稼働させるべきアプリケーションをサーバ上で稼働させる技術である。デスクトップを仮想化することにより、特定のクライアントPCに依存しない様になるので、クライアントPCの故障時の対応が素早くなることや、クライアントPCにデータを保存しないためセキュリティが高くなるというメリットがある。デスクトップの仮想化には、ターミナルサービス方式、リモートデスクトップ方式、ブレードPC方式に分かれる。ターミナルサービス方式はWindows Serverの機能を使用し、複数のユーザがログインし1台のサーバのリソースを共有して使用する方式である。ターミナルサービス方式とはサーバを仮想化し、ユーザ毎に仮想的に割り当てたサーバのリソースを使用する方式である。ブレードPC方式とはユーザ毎に独立したブレードサーバを用意し、それぞれのユーザは独立したサーバを使用する方式である。個々が独立しているため処理余力を融通する事はできない。そのため不適切である。 
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

【過去問通勤ドリル】第32回 平成27年 経済学・経済政策 第14問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第32回   平成27年 経済学・経済政策 第14問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

いま、2つの財、財X1と財X2を消費可能な個人の効用最大化行動を考える。当該の個人は、所得80を有し、財X1の価格は2、財X2の価格は4という条件のもとで、効用が最大になるよう財X1の消費量x1と財X2の消費量x2とを組み合わせることができる。この個人の効用関数はU=x1x2と与えられており、合理的な当該個人は、x1=20、x2=10という組み合わせを選択することが分かっている。下図では、縦軸の切片aと横軸の切片bとを結ぶ予算制約線と無差別曲線Uの接点として、効用最大化の行動が図示されている。
この状況を説明する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


〔解答群〕
ア  この個人は、所得80の使い道として、x1=20、x2=10以外の組み合わせを選択することで効用を一層高める余地が残されている。
イ  財X2の消費量がゼロならば、財X1を30消費することで所得80を使い切ることができる。
ウ  縦軸の切片aの値は、財X1の価格に応じて変化する。
エ  無差別曲線U上の2財の組み合わせ(x1,x2)では、いずれも効用水準が200で一定である。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格:1次2次プレミアム1年合格コース【早割&合格お祝い金!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★7月末までの早期申込割引「4万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、無差別曲線の特徴や効用最大化に関する内容となっている。一見難しそうに思われるが、正解の選択肢自体は基本的な知識で導き出すことができる。

ア 不適切である。x1=20,x2=10の組合せの点は予算制約線と無差別曲線Uが接しており効用が最大化されているため、これ以上効用を高める余地は残されていない。
イ 不適切である。x1財の消費量が30、x2財の消費量がゼロならば、消費額は、財x1の価格×財x1の消費量+財x2の価格×財x2の消費量=2×30+4×0=60となるため、所得80を使い切ることはできない。
ウ 不適切である。縦軸の切片aの値は、財x1の価格ではなく、(所得/財x2の価格)であり、所得の大きさに応じて変化する。
エ 適切である。無差別曲線上の効用水準は、U=x1x2=10×20=200で一定である。
よって,エが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

【過去問通勤ドリル】第31回 平成27年 運営管理 第22問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第31回   平成27年 運営管理 第22問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

総合衛生管理製造過程の承認制度は、HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)の概念を取り入れている。この総合衛生管理製造過程の承認制度とHACCPに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  HACCPでは、最終出荷製品の抜取検査を行った結果から重点管理すべき製品を特定して衛生管理が行われる。
イ  HACCPの7原則の中には、「危害分析」と「管理基準の設定」が含まれる。
ウ  総合衛生管理製造過程の承認対象となる食品は、乳・乳製品、食肉製品、魚肉練り製品、容器包装詰加圧加熱殺菌食品、清涼飲料水の5つである。
エ  総合衛生管理製造過程の承認を受けた施設であっても、食品衛生管理者を置くことが義務づけられる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<特別イベント>キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
キャリアアップ大作戦!~簿記・FPから中小企業診断士へ~【参加無料・予約不要】

簿記・FPの知識を活かして中小企業診断士資格を狙う!
日商簿記検定とファイナンシャルプランナー技能士試験は、中小企業診断士試験と密接な
かかわりがあります。ですから、簿記とFPの学習をされている方は、診断士試験受験のア
ドバンテージをお持ちであると言っても過言ではありません!診断士資格を取得し、活躍
のフィールドを広げてみませんか?

自身もFP3級の資格をもつ小松講師は、LEC診断士講座の講師として、実務家として活躍中
です。イベント後には、講師に直接質問もできますのでぜひお気軽にご来校ください!

●実施日程
7月17日(日)16:00~17:00
●担当講師
小松 秀春LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point:危害分析重点管理ポイント)とその概念を取り入れた総合衛生管理製造過程の承認制度に関する問題である。HACCP自体の基本的な理解があれば、正答にたどり着ける問題である。
HACCPとは、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理手法で、この方式は国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(CODEX)委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものである。HACCPは、最終製品の抜き取り検査による従来型の衛生管理の方法ではなく、製造環境の整備や衛生の確保に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測(Hazard Analysis)して、特に重点的に管理すべきポイント(Critical Control Point)を定め、そのポイントを継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決する方法のため、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムである。
 
HACCP方式の適用手順(7原則、12手順)は次の通りである。
手順1:HACCPチームを編成する
手順2:製品の特徴を確認する
手順3:製品の使用方法を確認する
手順4:製造工程一覧図、施設の図面及び標準作業書の作成
手順5:製造工程一覧図の現場での確認
手順6:危害要因を分析(HA)する  (原則1)
手順7:重要管理点(CCP)を設定する  (原則2)
手順8:管理基準を設定する   (原則3)
手順9:測定方法(モニタリング)を設定する (原則4)
手順10:改善措置を設定する   (原則5)
手順11:検証方法を設定   (原則6)
手順12:記録の維持管理   (原則7)
他方、総合衛生管理製造過程は、HACCPの概念を取り入れた食品の製造過程で、平成7年、食品衛生法の改正により事業者の任意の申請による厚生労働大臣の承認制度として創設された。この製造食品の種類は、①乳、②乳製品、③清涼飲料水、④食肉製品、⑤魚肉練り製品、⑥容器包装詰加圧加熱殺菌食品、の6種である。なお、平成15年5月の食品衛生法の改正により、総合衛生管理製造過程の承認を受けた施設であっても食品衛生管理者の設置が必要となった。
 
ア 適切でない。 上記の通り、HACCPは、最終製品の抜き取り検査による従来型の衛生管理の方法ではない。すなわち、原料の入荷から製造・出荷までの全ての工程において、あらかじめ危害を予測して、特に重点的に管理すべきポイントを定め、そのポイントを継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決する方法で、不良製品の出荷を未然に防ぐ工程管理の仕組みである。
イ 適切である。 上記の通り、HACCP方式の適用の12手順には「危害要因分析(原則1)」と「管理基準の設定(原則3)」が含まれている。
ウ 適切である。 上記の通り、総合衛生管理製造過程の承認制度上は、①乳、②乳製品、③清涼飲料水、④食肉製品、⑤魚肉練り製品、⑥容器包装詰加圧加熱殺菌食品、の6種であるが。問題文は①と②を統合して乳・乳製品としているので5つとなっている。
エ 適切である。 上記の通り、総合衛生管理製造過程の承認を受けた施設であっても、平成15年5月の食品衛生法の改正によって食品衛生管理者の設置が必要となった。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年 1次試験直前・試験日当日イベントのお知らせ

LECでは、本試験までの残りわずかな時間を有意義なものにするために、また、受験生のみなさまをサポートするために、イベントやお役立ちコンテンツを多数ご用意いたしました!コンテンツ内容は随時更新されますので、お見逃しなく!

1次試験直前・試験当日イベント

1次試験1ヶ月前の過ごし方
【予約不要・参加無料】

【7/9(土)17:00~ 新宿エルタワー本校 実施】(全国同時配信あり)

1次試験まであと1ヵ月。残された期間で何をすべきか、何をするべきでないか。何百人もの受験生をサポートしてきた金城講師からのアドバイスをお届けします。

金城講師
詳細

1次超直前決起会×出題テーマ予想
【予約不要・参加無料】

【7/30(土)17:00~ 新宿エルタワー本校 実施】(全国同時配信あり)

受験生の前日・当日の過ごし方・心得から本試験出題予想まで、金城講師が伝授します。本イベントにご参加いただき、試験当日を準備万端でむかえましょう。

金城講師
詳細

試験当日イベントライバルに先んじる!2次試験合格戦略
【予約不要・参加無料】

【8/7(日)17:00~ 新宿エルタワー本校 実施】(全国同時配信あり)

1次試験がおわる日は、2次試験対策のはじまりの日でもあります。2次受験指導で絶大な支持を誇る大庭講師と2次対策のスタートダッシュをきめましょう!

大庭講師
詳細

【Web限定】1次試験総評動画

【8/9(月)Web上にて公開予定】

いちはやく今年度の1次試験の振り返りを行います。今後の学習プランを立てるのにお役立てください!

COMINGSOON

1次試験直前お役立ちコンテンツ

『過去問』通勤ドリル

1次試験までのあいだ、昨年度の1次試験問題と解説をピックアップしてお送りします。問題は毎日更新されますので、日々の通勤・通学時のスキマ時間に1次学習の総仕上げとして是非お役立てください。

詳細

講師コラム「試験直前の学習法、試験前日・当日の過ごし方」

診断士試験を勝ち抜いた5人の合格者(現LEC講師)による、1次本試験直前の学習方法、本試験前日・当日の過ごし方についてのコラムを掲載します。

7月4日(月)から、毎週新しいコラムを掲載していきます。お見逃しなく!

詳細

1次試験直前対策講座

2016年合格目標 1次直前総まとめ講座

この講座のコンセプトは、ズバリ「1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェックすること」です!LECの看板講師陣が全精力をかたむけたレジュメ&講義で合格力を引き上げます!

詳細

2016年合格目標 1次ヤマ当て講座

本試験で出題が予想される分野・テーマのみをピックアップし、集中的にインプットする超直前講座です。出題される可能性が高い論点を最大、厳選10テーマでご提供いたします。

詳細

「あと5点!」上乗せ道場 ~企業経営理論・運営管理・中小企業経営~

【7/9(土)新宿エルタワー本校 実施】

過去問分析の第一人者金城講師が、「急所問」から厳選された重要論点を必達レベルに仕上げることで多くの受験生が苦しむ「60点のカベ」を乗り越えるチカラを伝授します。

詳細

「中小企業経営・政策」付属統計資料・小規模対策 要点整理道場

【7/31(日)新橋本校 実施】

試験直前の1週間前、最後の中小科目得点アップのため、付属統計資料と小規模企業を焦点としたピンポイント講義です。講義後その場ですぐに確認をしていただく形式で、得点力アップを意識した3時間です。

詳細

必要な講座をピンポイントで受講! 弱点補強講座

LEC弱点補強講座は、苦手な科目・テーマを克服し、得意な科目・テーマでさらに得点するための講座です。自分に必要なピースを埋めることで、合格への距離をさらに縮めることができます。

詳細

| | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

LEC「2次ステップアップ全国模試」全体講評動画

みなさん、こんにちわ。
 
本日は、先日実施された「平成28年度2次ステップアップ全国模試
の講評動画をお送りします。
 
LEC専任講師の金城講師が、平成28年度2次ステップアップ全国模試の結果を受けて模試の復習方法、学習についてアドバイスをします!
 
 

模試の復習方法、学習についてアドバイス

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

【過去問通勤ドリル】第30回 平成27年 企業経営理論 第28問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第30回   平成27年 企業経営理論 第28問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

価格政策に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  EDLPを実現するためには、メーカーとの交渉を通じて一定期間の買取り数量を決め、納入価格を引き下げ、価格を固定し、自動発注化や物流合理化などを促進する必要がある。
イ  キャプティブ(虜)・プライシングは、同時に使用される必要のある2つの商品のマージンを各々高く設定する価格政策である。
ウ  ターゲット・コスティングによる価格決定は、ある製品に要する変動費と固定費の水準をもとにして、そこにマージンを付加する方法である。
エ  日本の小売業では、チラシを用いた特売を活用したロスリーダー方式が採用される場合が多い。その主な狙いは消費者による単品大量購買を喚起することである。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>1次試験「60分ダイジェスト講義」【予約不要・参加無料】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●新宿Lタワー本校●
 7/16(土)13:00~14:00 財務・会計 大庭 聖司 講師
●新橋本校●
 7/18(月・祝)16:30~17:30 企業経営理論 後藤 博  講師
●横浜本校●
 7/24(日)14:00~15:00 企業経営理論 黒川 貴弘 LEC専任講師
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
価格政策に関する記述である。価格に関しては毎年1題程度、安定して出題されているため、過去問を通して知識をプラスしていきたい。
 
ア 適切である。 EDLP(エブリ・デイ・ロー・プライス)戦略は、継続的に同じ商品を低価格で販売する戦略である。常に低価格販売を行うため、企業側では常に低コストでの販売を行う体制作りが重要となる。選択肢に記載のとおり、納入単価の引下げ、自動発注による運営コストの削減、物流合理化による物流コストの削減などの企業努力が必要となる。
イ 適切でない。 キャプティブ・プライシングは、同時に使用される2つの商品のうち、基本となる製品を相対的に安く設定し、付随する製品を相対的に高く設定することで利益を確保する戦略である。例えば、プリンターとインク、カミソリと替刃では、プリンターやカミソリは比較的安価に設定されている。
ウ 適切でない。 ターゲット・コスティングによる価格決定では、消費者にどの程度価値や需要があるかをもとに価格を設定する。いわば「消費者中心」の価格設定法である。選択肢に記載のある変動費と固定費にマージンを付加する方法は、コスト・プラス法と呼ばれる。
エ 適切でない。 ロスリーダー方式の狙いは、消費者の単品大量購買を喚起することではなく、ロスリーダーとなる商品を目的とした来店者数の増加である。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

【過去問通勤ドリル】第29回 平成27年 経営情報システム 第12問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第29回   平成27年 経営情報システム 第12問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
情報システムの信頼性を高めることがますます重要になってきている。
高信頼化へのアプローチに関する以下の①〜④の記述と、その名称の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 
①  故障や障害が発生しないよう対処する取り組み。
②  故障や障害が発生したときも主な機能の動作が続行できるように設計すること。
③  故障や障害が発生した場合でも限定的ながらシステムの稼働を続行している状態。
④  故障や障害が発生した場合、システムの被害を最小限にとどめる動作をさせること。
 
〔解答群〕
ア  ①:フェイルセーフ      ②:フォールトアボイダンス
  ③:フェイルソフト      ④:フォールトトレランス
イ  ①:フォールトアボイダンス  ②:フェイルオーバ
  ③:フォールトトレランス   ④:フォールバック
ウ  ①:フォールトアボイダンス  ②:フォールトトレランス
  ③:フォールバック      ④:フェイルセーフ
エ  ①:フォールトトレランス   ②:フェイルセーフ
  ③:フェイルオーバ      ④:フォールトアボイダンス

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次直前>1次直前総まとめ講座 7科目重要テーマの総チェック【7月9日開講】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験まであとわずか!あなたは、重要テーマを残らずチェックできていますか?~

この講座は、ズバリ「1次本試験によく出る問題・テーマを残らずチェックすること」で
す!LECの看板講師陣が全精力を傾けたレジュメ&講義で合格力を引き上げます!

★☆☆1次直前!総まとめ講座の3つのポイント☆☆★
1.繰り返し出題されているテーマを残さずチェックすることで足切りを防ぐ!
2.「OUTPUT&INPUT」の双方向講義で応用レベルまで引き上げる!
3.独学では学べない、「本試験で使える、解答へのアプローチ法」で得点を+α!

●開催校●
大阪・梅田駅前本校 、東京・新橋本校

●日程●
7/9(土)~7/24(日)までの土日祝日、(各科目2回、全14回)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
システムの信頼性について問われている。信頼性の考え方は、故障した際にどう可用性を確保するかという考え方と、そもそも故障しにくくするという考え方の2種類に大別される。前者はフォールトトレランス、後者はフォールトアボイダンスである。この対比的な2つの考え方を含めた、選択肢にある用語はいずれも信頼性に関する頻出キーワードであり、確認しておいて欲しい。
 
① フォールトアボイダンスである。故障そのものを起こさないようにする考え方である。個々の構成要素の品質を高めたり、十分なテストを行ったりして、故障や障害の原因となる要素を極力排除することで信頼性を高めるという考え方である。
② フォールトトレランスである。故障などの障害が発生することを前提にしたシステム設計などの考え方である。例としては、コンピュータの多重化やUPS(無停電電源装置)を用いることなどがあげられる。フェールセーフやフェールソフトについてもフォールトトレランスに含まれる考え方である。
③ フォールバックである。処理性能を減衰させてシステムを運用することである。
④ フェールセーフである。故障などの障害が発生することをあらかじめ想定し、起きた際の被害を最小限にとどめるような工夫を施し、安全性を重視する設計仕様を言う。例としては、エレベータが停電すると最寄階で停止するように設計されていることなどがあげられる。UPS(無停電電源装置)はバッテリーによる瞬電対策に用い、コンピュータを安全に停止するために利用する。
よって、ウが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

平成28年度2次ステップアップ全国模試講評動画

みなさん、こんにちわ。
1次試験まであとわずかですね。
今日は、先日行われた「平成28年度2次ステップアップ全国模試」の講評動画を掲載します。
ストレート合格を目指す方は、この1次直前期が終わり次第、すぐに2次学習のエンジンがかけられるように、アイドリングしていましょう!

LEC専任講師の金城講師が、平成28年度2次ステップアップ全国模試の結果を受けて模試の復習方法、学習についてアドバイスをします。


| | トラックバック (0)

【過去問通勤ドリル】第28回 平成27年 経済学・経済政策 第13問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第28回   平成27年 経済学・経済政策 第13問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

近年では、企業の業績が上向いてきたことなどもあり賃金が上昇傾向にあるが、賃金上昇が労働者に与える影響を経済モデルで考えてみたい。
いま、ある消費財の消費量をC、その価格を1とする。個人は、賃金率wでLという時間だけ労働してwLという所得を稼ぎ、当該の消費財を消費することができる。1日24時間のうち労働以外の時間を余暇Rとすると、労働時間はL=24-Rと表すことができる。こうした仮定のもとにある個人は、C=w(24-R)という制約の中で、CとRを組み合わせることになる。ただし、労働に投じることができる時間は、最大で12時間(L≦12)であるものとする。下図は、上記の仮定を踏まえて、賃金率wの場合と賃金率w′の場合(w<w′)とに分けて、個人が直面する制約が右下がりの直線として描かれている。また、この制約線と無差別曲線Ui(i=1,2)との接点として、それぞれの場合における最適なCとRの組み合わせが与えられている。この図で、賃金率がwからw′へ上昇したものと想定した場合の記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


 
〔解答群〕
ア  この図では、賃金率の上昇に伴って生じる所得効果と代替効果を合計した効果(全効果)は、余暇時間を減少させる。
イ  この図では、賃金率の上昇に伴って生じる所得効果と代替効果を合計した効果(全効果)は、労働時間を減少させる。
ウ  この図では、賃金率の上昇に伴って生じる所得効果は、労働時間を増加させる。
エ  この図では、賃金率の上昇に伴って生じる代替効果は、余暇時間を増加させる。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次道場>超実践 2次試験合格答案作成道場【7月10日開講】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格答案を書くための決定版!あなたの解法プロセスを固めよう!~

☆☆★この道場で体得できること★☆☆
◎合格答案作成の基準を体で覚える!
◎自分だけの模範解答を作成!
◎作成答案の添削フォロー付き!各自の課題を浮き彫りにします。

●開催日程●
場所:新橋本校  講師:黒川 貴弘 LEC専任講師
2016/7/10(日) 、7/17(日)
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
本問は、最適労働供給に関する内容となっている。過去にも出題されており軽視できない論点である。図を一通り理解しようとすると難しくなるので、代替効果と所得効果の意味だけでも覚えておくようにしてほしい。

ア 不適切である。 図より、賃金率wがwからw´へと上昇すると、最適消費点はE1からE2へと変化している。このとき、余暇は増加している。つまり、賃金率の上昇に伴って生じる全効果は、余暇を上昇させる。
イ 適切である。 選択肢アの解説と同様であり、賃金率の上昇に伴って生じる全効果は、余暇を上昇させる。
ウ 不適切である。 賃金率の上昇に伴って生じる所得効果は、労働を減少させる(=余暇を増加させる。)。余暇を上級財であると仮定すると、賃金率の上昇によって所得が増加するので、所得効果で余暇が増加するのである。
エ 不適切である。 賃金率の上昇に伴って生じる代替効果は、余暇を減少させる。賃金率が上昇すると、余暇として利用することはもったいないと感じられる。その結果、代替効果では、余暇が減少するのである。
よって、イが正解となる。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

【過去問通勤ドリル】第27回 平成27年 運営管理 第20問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】第27回   平成27年 運営管理 第20問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

「動作経済の原則」に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  下図の斜線部分は、目の動きを伴わずに両手を同時に動かしやすい領域を示している。


イ  手の動作の時間・努力・疲労の程度を表す動作等級は、指・手首・前腕・上腕・肩の観点から5つに分かれている。
ウ  照明に関する指摘は、「動作経済の原則」には含まれていない。
エ  両手を同方向に同時に動かす動作は、「動作経済の原則」にかなっている。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次道場>金城順之介の「あと5点!上乗せ道場」【7/9(土)開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~「60点のカベ」をなかなか突破できないあなたを金城講師が徹底サポート~

「急所問」から厳選された重要論点を必達レベルに仕上げることで多くの受験生が苦しむ
「60点のカベ」を乗り越えるチカラを伝授します。

○開催科目○
・企業経営理論、運営管理、中小企業政策 ※科目別のお申込みもできます。
●日程●
新宿エルタワー本校 2016/7/9(土)

○講師○
金城順之介 LEC専任講師
わかりやすい講義には定評があり、受講生から圧倒的な支持を受けている人気講師です。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
「動作経済の原則」からの出題である。「動作経済の原則」とは、ある作業からムダ・ムリ・ムラを取り除き、最も経済的な動作へ改善を行うための原則である。過去問でも度々出題されている分野であるものの、本問題では細かな知識が問われ、対応が難しい問題であった。
 
ア 適切でない。 図は作業研究における作業領域に関する範囲を表している。実線で示す範囲は、左手および右手を伸ばして作業できる最大範囲を示しており、点線で示す範囲は、ひじを支点にして両手で作業できる範囲(正常作業域)を示している。そして斜線で示された範囲内では、「小さな目的物を容易につかむことができる範囲」を示している。説明文の「目の動きを伴わずに、両手を同時に動かしやすい範囲」はさらに狭い範囲となる。従って説明文は誤りである。
イ 適切である。 問題の内容の通りである。作業は、身体の一部、または全部を活用して運動を行う。身体部位の活用範囲を抑えるには、できるだけ末端の身体部位(例えば、指の動作だけ)を活用して仕事をする方が動作速度も速く、運動量も少ない作業設計となる。これに関して動作階級(Classes of Motion)という動作の分類が一般的に活用されている。これは、動作が及ぶ身体部位の範囲によって指、手首、前腕、上腕、肩の5階級にわけられており、運動範囲が広がるにつれて動作階級があがっていくこととなる。従って、できるだけ最低次の動作階級に済ませることを検討する必要がある。
ウ 適切でない。 楽な姿勢で作業ができるように作業環境を改善することは、動作経済の原則のポイントの一つである。作業域に対しての作業環境とは、物の配置や照明、換気などを指す。つまり、照明に関する指摘は動作経済の原則に含まれる。
エ 適切でない。 仕事をするときには両手を常に同時に使うことは基本原則であるが、身体部位使用の原則からは、両手の動作は同時に反対方向に、対象的経路になるようにするとしている。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

【過去問通勤ドリル】第26回 平成27年 企業経営理論 第27問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第26回   平成27年 企業経営理論 第27問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

人的販売に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  人的販売では、個人への信頼(人格信頼)が主要な役割を果たすため、企業信頼の効果は限定的である。
イ  人的販売は、営業担当者や売場担当者によって遂行され、広告と同様、説得的な情報を一方向で伝達する役割を果たしている。
ウ  人的販売は、結果統制型の管理システムを通じた費用の低減が顕著な販売促進の手段であり、企業規模の大小を問わず、他のプロモーションよりも予算規模は小さい。
エ  人的販売は、商談や営業のプロセスで顧客の新たな欲求やユーザーイノベーションを察知したり、競争動向の情報を収集したりする機能をもつ。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<特別イベント>1次試験1ヶ月前の過ごし方 7月9日(土)17:00~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~残り1ヶ月の学習方法、やるべきことを金城講師が伝授します!~

いよいよ1次本試験まで1ヶ月。残された期間で何をすべきか、何をするべきでないか。
何百人もの受験生をサポートしてきた金城講師からのアドバイスをお届けします。
・『やるべきことチェックリスト』をプレゼント!

実施日程: 7月9日(土)17:00~18:00
担当講師: 金城 順之介LEC専任講師
会場   : 新宿エルタワー本校
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
人的販売に関する出題である。人的販売はプロモーションの一手段であり、販売員が顧客へのコミュニケーションを行う活動である。
 
ア 適切でない。 人的販売では、販売員個人への信頼に加えて、販売員が所属する企業への信頼も大きな要因となる。
イ 適切でない。 人的販売は一方的なコミュニケーションツールではない。広告は一方的な情報伝達の手段であるが、人的販売は販売員と顧客が対面しているため、顧客から販売員に対して質問をするなど、双方向のコミュニケーションが可能である。
ウ 適切でない。 「人的販売は費用の低減が顕著である」という点と「予算規模は小さい」という点が誤っている。「結果統制型の管理システム」を用いても、人的販売にかかる費用を算出すること自体が困難なため、費用の低減を図ることは難しい。また、一般的に人的販売にかかるコストは販売員の人数に比例すると考えられるため、企業規模が大きくなるにつれて予算規模は大きくなる。そのため、固定費的な要素を持つ他のプロモーション手法に対して、予算規模が小さいとは言えない。
エ 適切である。 選択肢イの解説のとおり、人的販売は双方向のコミュニケーションが可能であるため、様々な情報の収集が可能である。
よって、エが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

【過去問通勤ドリル】第25回 平成27年 経営情報システム 第11問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第25回   平成27年 経営情報システム 第11問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

コンピュータの性能に関する評価尺度は複数あるが、その中のひとつであるスループットに関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  OSのマルチタスクの多重度で性能を評価する。
イ  主記憶装置のデータ書き換え速度で性能を評価する。
ウ  ターンアラウンドタイムではなく、レスポンスタイムで性能を評価する。
エ  命令の処理量や周辺機器とのやり取り等を総合的に加味した、単位時間当たりの処理件数で性能を評価する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次イベント特集>1次本試験特集、テーマ予想などイベント多数【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~1次試験直前・当日、受験生のための多数イベントを開催~

☆その1.☆7月9日(土):「1次試験1ヶ月前の過ごし方」
  ~残り1ヶ月の学習方法、やるべきことを金城講師が伝授します! ~
  『やるべきことチェックリスト』をプレゼント。

☆その2.☆7月30日(土):「1次超直前決起会×出題テーマ徹底予想」
 ~毎年恒例!テーマ予想&決起会 ~
 このイベントに足を運んで勢いをつけ、不安や焦りを吹き飛ばしましょう。

☆その3.☆ 8月7日(日):「ライバルに先んじる!2次合格戦略」
  ~1次本試験が終わる日は、2次試験対策の始まりの日!~
  大庭講師が、2か月半後の2次試験合格戦略伝授します。

 [会場]  新宿エルタワー本校 、他、全国本校同時中継予定 

他、イベントが盛りだくさんです! 
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
コンピュータの性能に関する評価尺度を問う問題であり、「スループット」の定義を問うている。スループットとは「一定時間あたりに、システム内で処理されたデータ量によるデータ処理能力の指標であり、CPU演算能力やメモリなど周辺機器のアクセスタイムなどが構成要素となる。」
 
ア 適切でない。 多重タスク処理(マルチタスク)の説明である。マルチタスクとは、CPUの処理時間を非常に短い単位に分割し、複数のアプリケーションソフトに順次割り当てることにより、複数の処理を同時に行っているようにみせる技術である。スループットでマルチタスクの多重度は評価しない。
イ 適切でない。 主記憶装置のデータ書き換え速度はメモリアクセス速度であり、早ければ早いほど評価は高い。ナノ秒(1/1,000,000,000秒)やミリ秒(1/1,000秒)などの単位で速度を表す。そのためスループットに関する記述ではない。
ウ 適切でない。 ターンアラウンド・タイムが処理要求を送信してから,すべての処理結果を受け取るまでの時間であり、レスポンス・タイムは、クライアントが処理要求を出してから最初の応答を受け取るまでの時間である。スループットに関する記述ではない。

エ 適切である。 スループットに関する記述である。
よって、エが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »