« 【過去問通勤ドリル】第57回 平成27年 運営管理 第35問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第59回 平成27年 運営管理 第38問 »

2016年8月 3日 (水)

【過去問通勤ドリル】第58回 平成27年 中小企業経営・政策 第14問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第58回   平成27年 中小企業経営・政策 第14問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 
小規模事業者は、地域の経済や雇用を支える極めて重要な存在であり、経済の好循環を全国津々浦々まで届けていくためには、その活力を最大限に発揮させることが必要不可欠である。
平成25年の通常国会において、「  A  」が成立したが、  B  の基本理念にのっとりつつ、小規模企業に焦点を当て、「  A  」をさらに一歩進める観点から、平成26年の通常国会において「小規模企業振興基本法(小規模基本法)」および「  C  による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律(小規模支援法)」が成立した。
   
(設問1)
文中の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
 
ア  A:小規模企業活性化法          B:中小企業基本法
イ  A:小規模企業活性化法          B:中小企業憲章
ウ  A:中小企業経営力強化支援法    B:中小企業基本法
エ  A:中小企業経営力強化支援法    B:中小企業憲章
 
(設問2)
文中の下線部に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  この法律において「小企業者」とは、おおむね常時使用する従業員の数が5人以下の事業者をいう。
イ  この法律において「小規模企業者」とは、中小企業基本法に規定する小規模企業者をいう。
ウ  この法律において政府は、小規模企業をめぐる情勢の変化などを勘案し、おおむね5年ごとに基本計画を変更するものとした。
エ  この法律は、小規模企業の事業活動の活性化を図る観点から、中小企業基本法等の一部を改正し、「基本理念」と「施策の方針」を明確化するものである。
 
(設問3)
文中の空欄Cに入る語句として、最も適切なものはどれか。
 
ア  商工会及び商工会議所
イ  中小企業再生支援協議会
ウ  都道府県
エ  認定支援機関

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次・2次>おためしWeb受講講座【まずは無料で】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~まずは無料で!おためしWEB受講制度~

LECの中小企業診断士講座ってどんな感じ?
そんな、あなたの疑問を解消します!1次試験だけでなく、2次試験の講座を無料で受講
できます。
まずは、試してみて下さい!

○対象講座
 1次ベーシック講座
 2次ベーシック講座
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
(設問1)ア
(設問2)エ
(設問3)ア
 
【解説】
「小規模企業活性化法」と「小規模基本法」「小規模支援法」についての問題である。

(設問1)
平成25年の通常国会において、「小規模企業活性化法」(空欄A)が成立したが、「中小企業基本法」(空欄B)の理念にのっとりつつ、小規模企業に焦点を当て、「小規模企業活性化法」をさらに一歩進める観点から、平成26年の通常国会において「小規模基本法」と「小規模支援法」が成立した。
よって、アが正解である。

(設問2)
小規模企業振興基本法(小規模基本法)について問われている。
ア 適切である。 小規模基本法では、新たに「小企業者」が規定された。常時使用する従業員の数が5人以下の事業所をいう。
イ 適切である。 「小規模企業者」とは、従来の中小企業基本法における小規模企業の定義と同じである。
ウ 適切である。 小規模企業施策について、5年間の基本方針を定め、政策の継続性・一貫性を担保する仕組みを作っている。
エ 適切でない。 これは「小規模企業活性化法」についての説明である。小規模基本法は中小企業基本法の一部改正ではなく、新たに制定されたものである。
よって、エが正解である。

(設問3)
小規模支援法の正式名称は、「商工会及び商工会議所(空欄C)による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律」である。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

|

« 【過去問通勤ドリル】第57回 平成27年 運営管理 第35問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第59回 平成27年 運営管理 第38問 »

【過去問通勤ドリル】平成27年度1次試験」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【過去問通勤ドリル】第58回 平成27年 中小企業経営・政策 第14問:

« 【過去問通勤ドリル】第57回 平成27年 運営管理 第35問 | トップページ | 【過去問通勤ドリル】第59回 平成27年 運営管理 第38問 »