« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

2次イベント『まだまだ間に合う!過去問分析のすすめ』 8月27日(土)

 
2h1
 

『まだまだ間に合う!過去問分析のすすめ』
8月27日(土)17:00~水道橋本校 実施

試験対策は、過去問に始まり過去問に終わる!

中小企業診断士の試験対策は、過去問に始まり過去問に終わると言っても決して過言ではありません。徹底的に過去問に触れることで、効率的かつ効果的に合格をめざすことが可能になります。
毎年、直前期の「過去問総ざらい講座」で圧倒的な支持を受けている金城講師が、過去問分析の重要性を説き、皆様の直前学習をサポートします。

 

実施日程8/27(土)17:00~18:00
担当講師金城 順之介 LEC専任講師

 

詳しくはLECのホームページをご覧ください

http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/2ji/pre_event/

 


 

 

 

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

平成28年度 中小企業診断士2次試験の願書が公開されています

みなさんこんにちわ。
LEC中小企業診断士です。
 
中小企業診断士協会のホームページで、2次試験の願書が公開されています。
 
「平成28年度中小企業診断士 第2次試験案内・申込書」
 
今年の2次試験の日程は10月23日(日)となっています。
また、願書の〆切は「9月20日(火)」です。
 
本年度、1次試験を突破された方は9月6日(火)の合格発表日にに合格証書と第2次試験申込書類を簡易書留郵便にて送付されます。
2次試験の申込〆切まで2週間ほどしかないので、手続きは早めにしましょう。
また、今年の第2次試験会場が発表されています。例年どうりのところもあれば、新たな会場も見受けられます。複数会場がある都市はどの会場が指定されるかわかりませんが、希望の会場で受験できると良いですね。
 
----第2次試験会場----
札 幌    札幌商工会議所
東 京    大正大学
        慶應義塾大学 三田キャンパス
        武蔵野大学 有明キャンパス
名古屋    中京大学
大 阪    近畿大学 東大阪キャンパス
広 島    広島県情報プラザ
福 岡    西南学院大学
 
「平成28年度中小企業診断士 第2次試験案内・申込書」


| | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

【LEC】おためしWeb受講対象講座 【まずは無料お試しで】

中小企業診断士とは、経営コンサルタントとして国に認められた唯一の国家資格で、

いわゆる「日本版MBA」という位置づけといえます。

企業の依頼を受けて企業の経営状態について診断を行い、経営者に診断結果の報告やアドバイスを行います。

人間に例えると健康診断の結果を患者さんに報告し、経営不振などの病にかかっている企業に対しては治療方法を提案するといった役割を果たします。

初級者向け

おためしWeb受講対象講座

【申込期限】 2017年10月31日(火)まで

【視聴期限】 ~ 2017年11月23日(木)

詳しくは、LECのホームページよりご確認ください。

http://www.lec-jp.com/kouza_trial/shindanshi.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

診断士協会から「平成28年度中小企業診断士第2次試験」についてのお知らせが発表されています。

診断士協会から「平成28年度中小企業診断士第2次試験について」の内容が公開されています。
 
今年の2次試験受験日は
 10月23日(日) となっています。
 
願書の受付期間は
 平成28年8月26日(金)~9月20日(火)
です。
 
尚、本年度の1次試験の合格者には、
  9月6日(火)
に第1次試験合格証書を簡易書留郵便で送付されます。
 
 
詳しくは「診断士協会のホームページ」でご確認ください。

| | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

『1時間で分かる2次試験・事例解法のコツ』 8月20日(土)

2h1_3

 『1時間で分かる2次試験・事例解法のコツ』
8月20日(土)17:30~水道橋本校実施 他、全国各地で同時中継

ベテラン講師が短時間で解法のコツを伝授します!

 
詳しくは、LECのホームページをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

【チャンス】奨学生試験開催!~最大80%OFFクーポン進呈!~

中上級バックアップ試験

~最大80%OFFクーポン進呈!~

2017年度の中小企業診断士試験合格に向けて前向きに挑戦を続ける受験生のためにバックアップ試験を実施いたします。
成績優秀な受験生には最大80%OFFでLECのコースをご利用していただけます。自信のある人もそうでない人も今まで培った実力を出し切って、今回のこのお得な割引をGETしましょう!

 

詳しくはLECのホームページをご覧ください。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/backup/

 

| | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

【お知らせ】今年も2次直前対策道場、開催します!(解説動画あり)

2h1_2
2次本試験まで残りわずか!2次試験対策の追い込みをかけ、総まとめを行っていただくために、人気講師の特別企画講座を開催します。
ぜひご参加いただき、合格を勝ち取ってください。
 
道場の詳細はLECのホームページをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

【受付開始!】2017年目標:中小企業診断士試験、学習経験者向け1次2次対策コース オンラインショップ受付を開始いたしました

合格に向けて選べる4つの力

2017年合格目標2次合格レギュラーコース

2017年合格目標1次2次ダブル合格コース

2017年合格目標1次科目別徹底攻略パック

2017年合格目標1次アウトプット集中コース

 
 
初めての受験の人も、1次科目合格狙いの人、2次に集中したい人のニーズに適した、お得なパッケージを発売しています。
 
詳しくは、LECのホームページをご覧ください。 

| | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

平成28年度 中小企業診断士1次試験の問題が公開されました

みなさん こんんちわ。
LEC中小企業診断士です。
 
今年の本試験は科目によって難しい試験がありました。
経営法務、経営情報システムの2科目の難度が特に高かったようです。
 
「平成28年度 中小企業診断士1次試験」の問題が公開されています。
 
以下の診断士協会のホームページより確認できますので、チェックしてみてください。

| | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

平成28年度の第1次試験に合格された方へ

みなさん、こんにちわ。
LEC 中小企業診断士課です。
 
みなさん、自己採点はお済でしょうか?まだの方は、LECホームページ上で自動採点ができるサイトを設けています。よろしければ、ご利用ください。
 
平成28年度 中小企業診断士第1次試験に合格された方、おめでとうございます!
尚、正式な合格発表は例年、9月初旬に発表されます。
 
合格者の方には、1次合格証書と第2次試験申込書類が自宅あてに簡易書留郵便で送付されてきます。
 
2次試験まで、わずか3ヶ月です。早めのスタートをきって合格を勝ち取ってください。
 
 
LECのいまから始める2次試験のオススメ講座
 
今から始める初めての2次試験対策であればこれ!

おススメ カスタマイズ例

■2次対策が初めてで、残り11週間で合格を目指す方

2次スピードマスター講座+2次直前レギュラーパック

本カスタマイズは、2次事例の解き方を学んでから、演習につなげる2次初学者の方におススメのカスタマイズです。 ある程度演習が進んでからインプット関連講座を見直すと2次の解法について深く理解できます。

詳しくはこちらからご覧ください

http://www.lec-jp.com/shindanshi/upper/kouza/2ji_chokuzen/


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

【予約制】中小企業診断士「1次試験直後」個別相談会開催! 

教材の補足・訂正

これから学習を検討されている方から診断士受験生まで、

あなたの疑問点・不安点などを専門スタッフが解消します。

1次試験直後の大事な時期、何でもお気軽にご相談ください

LEC専任講師に直接ご質問していただけるチャンスです!

学習計画や勉強方法など、どんなことでもご相談ください。他の人の前では相談しづらいような、

ご自身の試験結果を踏まえた学習相談もできます。講師が親身にご相談にお応えします。

関東

実施本校日程時間枠数講師
池袋本校 2016/8/13(土) 17:30~18:30 2 黒川 貴弘 LEC専任講師
2016/8/20(土) 16:00~17:00 2 金城 順之介 LEC専任講師
新宿エルタワー本校 2016/8/27(土) 16:00~17:00 2 大庭 聖司 LEC専任講師
新橋本校 2016/8/28(日) 16:30~17:30 2 後藤 博 LEC専任講師

関西

実施本校日程時間枠数講師
梅田駅前本校 2016/8/13(土) 16:00~17:00 2 高村 憲司 LEC専任講師
2016/8/21(日) 16:00~17:00 2 高村 憲司 LEC専任講師
2016/8/27(土) 16:00~17:00 2 高村 憲司 LEC専任講師

その他の地域

実施本校日程時間枠数講師
名古屋駅前本校 2016/8/13(土) 16:00~19:00 6 鈴木 昂司 LEC専任講師
  •    
  • 完全予約制ですので、お早めにお申込ください!
  • ご予約は、各実施本校の窓口 またはお電話にて承ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

【相談・質問できます!】中小企業診断士 じっくり受講、質問、相談!濃夏オススメ講座・ガイダンス

中小企業診断士 じっくり受講、質問、相談!濃夏オススメ講座・ガイダンス

お休みや、時間が取りやすい期間を利用して講座や無料説明会に参加して講師や専任スタッフにじっくり質問、相談したい方にオススメの講座・ガイダンスをご案内します。

知識“ゼロ”からの診断士試験合格法

対象者中小企業診断士について知りたい方
実施日2016年8月11日(木)14:00~15:30
担当講師金城順之介LEC専任講師
講座内容

中小企業診断士合格後に人生が180度激変した私の経験をもとに、たっぷりとその魅力と学習法をお伝えします。

「黒川式」2次合格答案作成術

対象者今年の中小企業診断士2次試験を目指す方
実施日2016年8月13日(土)16:00~17:00
担当講師黒川貴弘LEC専任講師
講座内容

LEC 2次対策教材の総括担当であり、多くの合格答案・不合格答案の分析もこなしている黒川講師が、受験生の再現答案を基に、「受かる」答案の作成術を伝授します。

 
詳しくはLECホームページをご覧ください
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

【速報】「平成28年度 中小企業診断士1次試験」全体講評動画

みなさん、こんにちわ。
 
本日は、8月6日(土)、8月7日(日)実施された「平成28年度 中小企業診断士1次試験」の講評動画をお送りします。
 
LEC専任講師の金城講師が、平成28年度1次本試験の結果を受けて全体総評を解説します!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

【解答発表】平成28年度 中小企業診断士1次試験の解答が診断協会から発表されました。 

【解答発表】平成28年度 中小企業診断士1次試験の解答が診断協会から発表されました。 

詳しくは、診断協会のページからご確認ください。
 
 
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

<Web限定>1次試験総評動画&解答リサーチ【8/9(月)Web上にて公開予定】

本試験情報

<Web限定>
1次試験総評動画&解答リサーチ 【8/9(月)Web上にて公開予定】

LECでは、試験後も受験生のみなさまをサポートするために、“個人成績表”がWeb上で閲覧できる「1次解答リサーチ」、LEC主力講師陣による解答速報、試験講評をご用意しました。2次試験の準備に、1次試験の復習に、ぜひお役立てください。

【1】1次試験 解答速報・講評
いちはやく今年度の1次試験の振り返りを行います。今後の学習プランを立てるのにお役立てください!
 
【2】1次試験解答リサーチ
1次試験解答リサーチにご参加いただいた方に、参加特典を進呈いたします。
本年度の試験内容とご自身の結果を振り返り、今後の学習計画にお役立てください。
 
★☆★「参加特典」 1次試験解答解説冊子(全7科目) ★☆★
(特典は9月下旬よりPDFデータにてご提供予定です)
 
 
詳しくはこちらから

| | トラックバック (0)

<特別イベント>~2次試験対策のラストスパートは今ここから!~

0807_h1

~2次試験対策のラストスパートは今ここから!~

1次本試験が終わる日は、2次試験対策の始まりの日でもあります。
いち早く2次対策を始めようという意欲のある皆さんがライバルから一歩でも二歩でもアドバンテージを得られるように、2次受験指導で絶大な支持を誇る大庭講師が、2か月半後の2次試験合格戦略をお教えします。

実施日程8月7日(日)17:00~18:00
担当講師
大庭 聖司LEC専任講師
講師写真
株式会社オージス総研および外資系企業において、製造業向け基幹システム(顧客管理、受注管理、在庫管理等)、ビジネスインテリジェンスシステム等数多くのシステム企画、開発に携わる中で、製造業の業務およびシステムの活用、業務改善等を経験。2011年4月にOHBAコンサルティングを立ち上げ、独立。
LEC専任講師としては、1次試験・2次試験に精通し、歯切れの良い講義と厳しくも温かい指導が受講生から抜群の支持を受けている。
メイン会場
(生講義)
新宿エルタワー本校
同時中継会場
(生講義を同時中継)
池袋本校/千葉本校/札幌本校/仙台本校/新潟本校/富山本校/名古屋駅前本校/梅田駅前本校/京都駅前本校/神戸本校/岡山本校/広島本校/松山本校/高松本校/山口本校/福岡本校/長崎本校/熊本本校/鹿児島本校/那覇本校


各地の学校案内・場所はこちらから
http://www.lec-jp.com/school/

| | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

【過去問通勤ドリル】第60回 平成27年 中小企業経営・政策 第17問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第60回   平成27年 中小企業経営・政策 第17問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

家具小売業を経営するA氏から、「従業員の将来の生活を考えて、安全確実な退職金制度を確立したい」との相談を受けた中小企業診断士のB氏は、「中小企業退職金共済制度」を紹介することにした。
この制度に関する、B氏のA氏への説明として、最も適切なものはどれか。

ア  掛金の一部については非課税になります。
イ  新規加入時には掛金の一部を国が助成します。
ウ  (独)中小企業基盤整備機構と退職金共済契約を結びます。
エ  納付した掛金合計額の範囲内で事業資金などの貸付けを受けることができます。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<無料講義>来年合格をめざすあなた!1次ベーシック講義【大阪8/6(土)開催】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの1次試験入門講座!生講義を肌で体験してみよう!~

LECのカンバン講師陣が、初心者・初学者のために、各人が最も自信を持つ科目のダイジ
ェスト版を60分生講義。もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

●梅田駅前本校●
 8/6(土)13:00~14:00 企業経営理論 高村 憲司 LEC専任講師

上記の他、「2017年1次ベーシック講座」の無料体験も各地で開催されます。
講義だけでなく、終了後に講師へいろいろ質問できます。お気軽にご相談ください。
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
中小企業退職金共済制度についての問題である。(独)勤労者退職金共済機構と退職金共済契約を結び、掛金を払うだけで簡単に退職金制度を設けることができる。掛金は非課税であり、新規加入時等には掛金の一部を国が助成する。

ア 適切でない。 掛金は、全額損金または必要経費となる。
イ 適切である。 新規加入時には、加入後4か月目から1年間、掛金月額の1/2(上限5,000円)を国が助成する。
ウ 適切でない。 中小企業基盤整備機構ではなく、(独)勤労者退職金共済機構である。
エ 適切でない。 従業員のための退職金制度なので、事業資金の貸付制度は存在しない。
よって、イが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

<1次本試験当日イベント>ライバルに先んじる!2次合格戦略 

0807_h1

~2次試験対策のラストスパートは今ここから!~

1次本試験が終わる日は、2次試験対策の始まりの日でもあります。
いち早く2次対策を始めようという意欲のある皆さんがライバルから一歩でも二歩でもアドバンテージを得られるように、2次受験指導で絶大な支持を誇る大庭講師が、2か月半後の2次試験合格戦略をお教えします。

実施日程8月7日(日)17:00~18:00
担当講師
大庭 聖司LEC専任講師
講師写真
株式会社オージス総研および外資系企業において、製造業向け基幹システム(顧客管理、受注管理、在庫管理等)、ビジネスインテリジェンスシステム等数多くのシステム企画、開発に携わる中で、製造業の業務およびシステムの活用、業務改善等を経験。2011年4月にOHBAコンサルティングを立ち上げ、独立。
LEC専任講師としては、1次試験・2次試験に精通し、歯切れの良い講義と厳しくも温かい指導が受講生から抜群の支持を受けている。
メイン会場
(生講義)
新宿エルタワー本校
同時中継会場
(生講義を同時中継)
池袋本校/千葉本校/札幌本校/仙台本校/新潟本校/富山本校/名古屋駅前本校/梅田駅前本校/京都駅前本校/神戸本校/岡山本校/広島本校/松山本校/高松本校/山口本校/福岡本校/長崎本校/熊本本校/鹿児島本校/那覇本校


各地の学校案内・場所はこちらから
http://www.lec-jp.com/school/

| | トラックバック (0)

明日からいよいよ一次試験。みなさんがベストを尽くし、みなさんにとって良い結果となるよう、お祈りしています。

みなさん、こんにちは。中小企業診断士の長塚です。
 
明日からいよいよ一次試験、泣いても笑ってもみなさんのこれまでの勉強のいったんの集大成の日となります。
 みなさんがベストを尽くし、みなさんにとって良い結果となるよう、お祈りしています。
 
今回は一次試験前日~試験当日~試験直後の過ごし方についてコラムを書きました。
ここまで来ると大事なのは今まで学んできたことをいかに本番環境の中で発揮できるかであり、そのための準備としてご一読頂けると幸いです。
 
 
(1) 8月5日(試験前日)
明日の持ち物の確認をしましょう。
 
① 受験票の用意、写真貼りなど、抜かりはないでしょうか?
② シャープペンと消しゴムは大丈夫でしょうか?不測の事態に備え2個以上あると良ですね。
③ テキストやノートは自分で使い込んだものを1つ2つ持って行きましょう!あれこれ持っていっても会場では読む時間がありませんし、荷物が重くなり肩こり頭痛の原因となる可能性もあります。
④ 昼ごはんの用意もあると良いです。会場によってはコンビニや飲食店が遠くにあり、暑い夏の昼盛りに長距離の移動は体力を消耗させます。できる限り事前に準備しましょう。
当日の朝、コンビニで買っていくことでも宜しいかと思います。
⑤ 服装の準備です。会場によっては、冷房が効きすぎている、逆に効かない等が考えられます。時間帯によっての室温の変化も考えられます。服装は臨機応変に対応できるように備えることが肝要です。
⑥ 電車の遅れなども考えられますので、明日は会場に1時間前くらいに着くよう計画しましょう。余裕を持った行動が、精神の落ち着きにつながります。
 
 
(2)8月6日(1日目)
① おはようございます。いつもと変わりなく朝食を頂いて会場に向かいましょう。昨日準備した持ち物は忘れずに。
② 試験までの時間に1問2問模試や過去問を解くと実践的なウオーミングアップになり、テキストを読み込むよりも有効かと思います。
③ いよいよ1時間目スタートです。自分の今までの勉強を信じ、解けそうな問題から順次解答を埋めていきましょう。
④ 試験は順調に進んでいきます。手ごたえがあればよいのですが、そうでないケースもあると思います。平均で60点を取れば合格できるテストです。上手くいかない科目があっても、他の科目で取り返せば良いのですので、一つの科目の出来を引きずらないことが大事です。各科目ともあきらめることなく、自分のできることをしっかりやっていきましょう。
⑤ 免除で空き時間がある方は、空き時間を有効に活用下さい。僕の場合は、合格した二年目は2日目の中小企業経営・政策の前が空き時間で、近くのカフェで最後の追い込みをしました。結果的には中小で高得点を確保し、総点で60%を超え合格できました。暗記科目では直前の追い込みは有効な場合があります。
⑥ 試験終了です。1日目おつかれさまでした。帰宅後リフレッシュしたら、明日の試験科目の最終確認をできると良いですね。でも、ほどほどに。1日目の疲れを2日目に引きずらないよう、早めに休みましょう。
 
 
(3)8月7日(2日目)
① おはようございます。やはり1時間前、遅くとも30分前には会場につくよう、早めに出発しましょう。
② 2日目も試験は進んでいきます。試験環境に慣れるにつれ1日目にあった緊張感も薄れ、気の緩みも発生してしまうかもしれません。泣いても笑ってもあと1日、あと数時間ですので、後悔の無いよう、最後までしっかりと問題に向き合いましょう。
③ 繰り返しになりますが、空き時間の有効活用ご検討願います。
④ 最後の中小企業経営・政策は90分の試験で早く解き終え退出する方が多いです。最後の科目なので、最後の最後まで見直しなどをやり尽くすことをお勧めします。
⑤ 試験終了です。本当にお疲れ様でした。
 
 
(4)8月8日(試験終了後)
試験翌日には協会から解答が発表されます。合格!という方はすぐに2次試験対策にかか
りましょう。2次試験まで11週間、早めのスタートに損はありません。
また、今年は科目合格で終わった方は、来年に向け作戦をたてましょう。勉強法で悩んだ
り迷ったら、ぜひLECの無料相談会やセミナーに参加してみてください。各講師とも親身になって相談に乗ってくれると思います。
ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました。繰り返しになりますが、夏の暑い時期、コンディションには十分お気を付け、一年に一度の一次試験をご堪能下さい。
それでは良い二日間をお過ごしください。
 
中小企業診断士 長塚隆行
 
 
無料相談会はこちらから
---------------------------------------------------------
この記事は本日配信のジャーナル536メルマガにも配信しています。
学習方法など、実際に試験に合格した方々の記事を掲載中です。
 
メルマガ登録はこちらから

| | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

【過去問通勤ドリル】第59回 平成27年 運営管理 第38問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第59回   平成27年 運営管理 第38問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

物流センターに関する記述として、最も適切なものはどれか。
 
ア  3PL(Third Party Logistics)は、荷主企業の物流業務を受託する企業であるが、物流センターを保有していないこともある。
イ  VMI(Vendor Managed Inventory)は、物流センターの在庫情報を卸売業者が小売業者に提供するシステムである。
ウ  WMS(Warehouse Management System)は、物流センター内の生産性向上を目的として人員最適化に用いられるシステムである。
エ  物流センターでは、利用者の求めに応じて保管の役割のほか、値付けや包装などを行うことがあり、これを荷役という。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次模試>2016年合格目標:2次ファイナル全国模試【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~LECの模試は実力判定だけじゃない!実力アップの仕組みがある!~

LECの解説冊子は、LECの学習ノウハウが凝縮されています。設問の全体構造の捉え方、事
例を解くための分析プロセス、解答のアプローチ法など、本試験レベルの問題を通じて、
LECのノウハウをぜひ、吸収してください!
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
物流センターのシステムに関する問題である。様々な用語、略号が出て来るが、その内容をそれぞれ正確に理解しておきたい。
 
ア 適切である。 3PLとは、荷主の物流機能全般を一括して受託する外部の専門業者のことである。自社の物流資産を用いるアセット型のほか、物流資産を持たないノンアセット型もある。
イ 適切でない。 VMIとは、ベンダー(卸売業者)が小売業者のために、情報の提供だけでなく、在庫管理までも提供することである。
ウ 適切でない。 WMSとは、倉庫や物流センターを効率的に運用する管理システムのことで、配車計画や保管計画、ピッキングなどの活動を情報システムで一括管理し、全体の流れをコントロールすることである。物流センター内の生産性向上のみを目的とするものではない。
エ 適切でない。 物流センターでは、要求に応じて、値付けや包装をすることもあるが、これは「荷役」ではなく、「流通加工」や「包装」という機能に該当する。物流には大きく分けて5大機能があり、「荷役」や「流通加工」、「包装」のほか、「輸送(配送)」、「保管」がある。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

【過去問通勤ドリル】第58回 平成27年 中小企業経営・政策 第14問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第58回   平成27年 中小企業経営・政策 第14問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 
小規模事業者は、地域の経済や雇用を支える極めて重要な存在であり、経済の好循環を全国津々浦々まで届けていくためには、その活力を最大限に発揮させることが必要不可欠である。
平成25年の通常国会において、「  A  」が成立したが、  B  の基本理念にのっとりつつ、小規模企業に焦点を当て、「  A  」をさらに一歩進める観点から、平成26年の通常国会において「小規模企業振興基本法(小規模基本法)」および「  C  による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律(小規模支援法)」が成立した。
   
(設問1)
文中の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
 
ア  A:小規模企業活性化法          B:中小企業基本法
イ  A:小規模企業活性化法          B:中小企業憲章
ウ  A:中小企業経営力強化支援法    B:中小企業基本法
エ  A:中小企業経営力強化支援法    B:中小企業憲章
 
(設問2)
文中の下線部に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア  この法律において「小企業者」とは、おおむね常時使用する従業員の数が5人以下の事業者をいう。
イ  この法律において「小規模企業者」とは、中小企業基本法に規定する小規模企業者をいう。
ウ  この法律において政府は、小規模企業をめぐる情勢の変化などを勘案し、おおむね5年ごとに基本計画を変更するものとした。
エ  この法律は、小規模企業の事業活動の活性化を図る観点から、中小企業基本法等の一部を改正し、「基本理念」と「施策の方針」を明確化するものである。
 
(設問3)
文中の空欄Cに入る語句として、最も適切なものはどれか。
 
ア  商工会及び商工会議所
イ  中小企業再生支援協議会
ウ  都道府県
エ  認定支援機関

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<1次・2次>おためしWeb受講講座【まずは無料で】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~まずは無料で!おためしWEB受講制度~

LECの中小企業診断士講座ってどんな感じ?
そんな、あなたの疑問を解消します!1次試験だけでなく、2次試験の講座を無料で受講
できます。
まずは、試してみて下さい!

○対象講座
 1次ベーシック講座
 2次ベーシック講座
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
(設問1)ア
(設問2)エ
(設問3)ア
 
【解説】
「小規模企業活性化法」と「小規模基本法」「小規模支援法」についての問題である。

(設問1)
平成25年の通常国会において、「小規模企業活性化法」(空欄A)が成立したが、「中小企業基本法」(空欄B)の理念にのっとりつつ、小規模企業に焦点を当て、「小規模企業活性化法」をさらに一歩進める観点から、平成26年の通常国会において「小規模基本法」と「小規模支援法」が成立した。
よって、アが正解である。

(設問2)
小規模企業振興基本法(小規模基本法)について問われている。
ア 適切である。 小規模基本法では、新たに「小企業者」が規定された。常時使用する従業員の数が5人以下の事業所をいう。
イ 適切である。 「小規模企業者」とは、従来の中小企業基本法における小規模企業の定義と同じである。
ウ 適切である。 小規模企業施策について、5年間の基本方針を定め、政策の継続性・一貫性を担保する仕組みを作っている。
エ 適切でない。 これは「小規模企業活性化法」についての説明である。小規模基本法は中小企業基本法の一部改正ではなく、新たに制定されたものである。
よって、エが正解である。

(設問3)
小規模支援法の正式名称は、「商工会及び商工会議所(空欄C)による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律」である。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

【過去問通勤ドリル】第57回 平成27年 運営管理 第35問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第57回   平成27年 運営管理 第35問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

店舗における商品の在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
  
ア  売場の棚に陳列する商品のフェイス数は、均一にした方が補充頻度を一定にしやすい。
イ  需要予測を実需が上回った場合、過剰在庫が発生しやすい。
ウ  店舗では、リードタイム期間の平均需要量を発注点とすると、欠品を起こすことがない。
エ  発注から納品までのリードタイムを短くすると、発注点を低くできる。
オ  万引き等によるロスがあると、自動発注時の発注量が増加する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<2次対策>「2次直前対策講座」 特集ページ【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~あなたを合格させる、問題・添削・講義がここにあります~

LECの2次直前対策講座は、「自分に合わせて選べるカリキュラム」がその特徴です! 2次
試験対策の学習をすでになされている方だけでなく、8月から初めて2次対策に取り組む方
のためにも、パック・オプションをご用意しております。 あなたの2次試験合格が叶うよ
う、全力でサポートいたします。

ポイント1. ココが違う!LEC 2次直前講座
 1.講義の質・・・96.3%の受講生が「わかりやすい」と講義を評価
 2.問題の質・・・本試験の論点を突く。少ない演習で大きな効果
 3.添削の質・・・個々のレベルアップに繋がる丁寧な添削

ポイント2. 自分の状況に合わせて選べる、各種カリキュラム

ポイント3. セットでさらにお得な2次対策講義☆★☆
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
店舗における在庫管理に関する問題である。思考力が問われる問題であるが、在庫管理手法や発注手法の知識が定着していれば、適切な選択肢を選ぶことは難しくなかった。
  
ア 適切でない。 売場に陳列する商品のフェイス数を均一にするよりも、商品の売れ行きによってフェイス数を変えた方が補充頻度は一定になりやすい。例えば、売行きの良い商品のフェイス数を多くし、反対に売れ行きの良くない商品のフェイス数を少なく設定した場合の方が、商品が品薄になる時点が同時期になりやすくなり、補充頻度は一定になりやすい。
イ 適切でない。 需要予測を実需が上回った場合は、欠品が生じやすいため不適切である。過剰在庫が生じるのは需要予測が実需を上回った場合である。
ウ 適切でない。 リードタイム期間の平均需要量を発注点とした場合、商品が入荷するまでに売り切れてしまう可能性が高く、欠品が生じやすい。よって発注点は安全在庫を考慮して設定することで欠品の抑制ができる。いずれにせよ消費者需要が不確実性の高いものであることから、欠品が確実に防げる手法は存在しない。
エ 適切である。 発注点は、発注点=対象期間の平均需要量×調達期間+安全在庫によって求められる。よって調達期間が短くなることで、発注点は低くなる。昨今、流通業において多頻度小口納品が求められるのも、調達期間を短縮することで在庫を少なくしつつ欠品を抑制できるためである。
オ 適切でない。 万引きなどによるロスが発生した場合、自動発注時の発注量は増加しないため不適切である。自動発注はPOSと連動させて構築されるのが一般的であり、販売データが生じた場合に売れた分だけ補充する仕組みである。よって万引きが生じた場合販売データが発生しないため自動発注は行われない。またPOS上の在庫数と実際の在庫数に乖離が生じる。
よって、エが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

【過去問通勤ドリル】第56回 平成27年 中小企業経営・政策  第13問

みなさん。こんにちわ。
LEC診断士課です。

1次本試験まで昨年度の1次試験問題(平成27年度、中小企業診断士、1次試験試験)の過去問題をピックアップして掲載していきます。
毎日の通勤・通学時に1次学習のリマインドに是非お役立てください。
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【過去問通勤ドリル】
第56回   平成27年 中小企業経営・政策  第13問
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

中小企業基本法の定義に基づく中小企業者に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
 
ア  従業員数60人で資本金が6千万円の食料品小売業は中小企業に該当し、従業員数3人で資本金100万円の食料品小売業は小規模企業に該当する。
イ  従業員数80人で資本金が2億円の化粧品卸売業は中小企業に該当し、従業員数5人で資本金が500万円の化粧品卸売業は小規模企業に該当する。
ウ  従業員数80人で資本金が3千万円の飲食業は中小企業に該当し、従業員数5人で資本金500万円の飲食業は小規模企業に該当する。
エ  従業員数500人で資本金が2億円の機械器具製造業は中小企業に該当し、従業員数20人で資本金が3千万円の機械器具製造業は小規模企業に該当する。

※答えは、お知らせのあとにあります。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆ お知らせ ☆★☆★☆★☆★☆★☆
お知らせ
<コース>2017年合格:1次2次プレミアム1年合格コース【早割&合格お祝い金!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
~合格報奨金制度あり!最短にして最も効果的に学べるプログラム~

LECの1次2次プレミアム合格コースなら、試験対策に特化した効率的な教材と段階的な
カリキュラム、1次2次融合学習であなたを試験合格まで導きます。

◎プレミアム合格コース限定!!バックアップ体制も万全です。!!
 ①合格報奨金制度
 ②弱点補強講座見放題サービス

◎期間限定キャンペーン!7/17日まで
 16年財務会計ベーシック講座(財務会計)を無料プレゼント中

☆★☆無料体験『1次ベーシック講座 60分ダイジェスト講義』実施中☆★☆
初心者・初学者のために、主要科目のダイジェスト版を60分生講義。
もちろんオリジナルレジュメも無料でご提供します。

★☆★7月末までの早期申込割引「4万円」実施中★☆★
 
    詳細はこちら↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 
【解答】
 
【解説】
中小企業基本法から、中小企業者の定義に関する問題である。毎年必ず出題される重要論点である。確実に得点したい。160801a
 
ア 適切でない。 従業者数・資本金ともに、中小企業の定義を超えており不適切である。小規模企業についての記述は正しい。
イ 適切である。 中小企業・小規模企業とも基準を満たしており正しい。
ウ 適切である。 中小企業・小規模企業とも基準を満たしており正しい。
エ 適切である。 中小企業・小規模企業とも基準を満たしており正しい。
よって、アが正解である。
 
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »