« 中小企業診断士事件簿~2年目診断士奮戦記~Part1 | トップページ | 中小企業診断士事件簿~2年目診断士奮戦記~Part3 »

2021年3月 1日 (月)

中小企業診断士事件簿~2年目診断士奮戦記~Part2

みなさまこんにちは!

本日は前回に引きつづき、白川淳一講師の独立2年目のエピソード満載のコラムをお届けいたします。

 

===========

Part2“『経営革新等認定支援機関』取得”奮戦記

===========

みなさんこんにちは。LEC専任講師の白川です。

 

みなさんは「経営革新等認定支援機関」(以下、「認定支援機関」)という経済産業局と財務局から受けられる認定があるのはご存知でしょうか?

 

認定支援機関は、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

 

具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、中小企業診断士、税理士、公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

 

これを取得すると、単なるコンサル領域だけではなく

「補助金申請の支援の時の確認機関としてワンストップで支援ができる」

「経営改善計画という国の制度を利用して、業績が悪化している事業者の再生支援ができる」

など、より深い支援ができるために取っておいたほうが良い認定です。

 

これを取る方法にはいくつかあるのですが、私は「中小企業大学校」の2日間の研修&試験を受ける方法で取得しました。

 

この研修の内容はというと、債務超過になって当座資金も尽きているが借入の返済が間近に迫った事例企業の財務諸表や定性的な情報を元に、5人一組のチームで分析をして、金融機関に対して「リスケ(返済の延期)」を依頼する書類を作るというものでした。

 

私のチームには「診断士が2名、税理士が1名、社労士が1名、行政書士が1名」という構成だったのですが、ここで「士業によってここまで見る視点が違うのか・・・」と実感する出来事が起こったのです。

 

「診断士&税理士チーム」は、まずはリスケをしてもらうためにも「身を削る改革」が必要と考えて、「役員報酬の削減」をシミュレーションしました。

 

そのシミュレーションをまとめて話したときに、社労士の先生がすかさず血相を変えて、「そんなことしたら、経営者のモチベーションが下がるでしょうよ!そうなったら誰がかじ取りをするんだよ!」と怒り心頭・・・。


私が「でも、お金を貸している側からすると何百万も給料もらっておいて貸した金は返せないは言い訳つきませんよ?」と説明すると、今度は行政書士の先生から「その給料で外車を買って、会社の資産にして、それを担保に他の金融機関から借入すればいいんだよ」と、私も想定外の奇想天外なご提案が・・・。

 

びっくりしすぎて、何をどう説明しようか困惑をしていると、税理士の先生から「あのね、会社に金がなくて困っているって泣きついてきているのに、個人で余裕ぶっているんじゃ話にならないでしょ?まずは経費削減、そのためには役員報酬、次に会社の不要な経費の削減、それが終わったら次の事業計画、以上!」と一蹴でした。

 

ここで言いたいことは決して「社労士や行政書士が言っていることは間違っている」ということではありません。

もちろん「士業といっても、いろいろな人がいますよね」ということを言いたいわけでもありません。

 

今回の件は、社労士からすると「人事的側面」からの助言、行政書士からすると「動産の担保要件」という日ごろの自分のフィールドでの話をした、ということでしょう。

 

対して、税理士は「資金調達」という観点での金融機関の説得材料、診断士は「管理会計」という観点での改善を考えたということに過ぎません。

 

「報酬を削減する」ことで本当に役員のモチベーションが下がる可能性はもちろんあり、「どれが正解か」はさておきにしても、「プロ」というのは自分の仕事に「誇り」を持つことが大事なんだなと思いました。

 

いい体験でした。

 

私の個人の結果は・・・もちろん合格!今に至るわけです。

 

みなさんも、診断士だけではなくて他の士業の方とも交流を深めることで様々な知見や連携をすることをお勧めします。

 

次回は、行政とのやり取りに関しての「珍事」についてお話ししたいと思います。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

 

===========

コラムではお伝えしきれなかったお話のつづきは、講演会で!

▼若手中小企業診断士 奮戦記
合格、開業、そして3年・・・『社長、事件ですよ!』

3/20(土)16:00~17:30
LEC池袋本校から全国配信!Zoomでもご参加いただけます!

Zoom参加ご希望の方は事前エントリーのお手続をお願いいたします。

リターンメール内で、参加に必要なID,パスコードをお知らせいたします(^^)

事前エントリーはこちらから(無料登録が必要です)

|

« 中小企業診断士事件簿~2年目診断士奮戦記~Part1 | トップページ | 中小企業診断士事件簿~2年目診断士奮戦記~Part3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中小企業診断士事件簿~2年目診断士奮戦記~Part1 | トップページ | 中小企業診断士事件簿~2年目診断士奮戦記~Part3 »