中小企業診断士試験とは?

中小企業診断士試験について説明します。

2016年7月25日 (月)

中小企業診断士試験に合格するまでの学習期間

中小企業診断士試験に合格するまでの学習期間

 

・合格までの学習期間

合格までの学習期間をみると、1年以内の合格者が27%いる一方、2~3年の学習期間の合格者が40%超ともなっており、長期の計画的な学習が必要な試験ともいえます。

 

【合格者の学習期間】

1

1年以内での短期合格を目指すとすれば、1週間当たり20時間程度の学習時間の確保が必要な計算となり、日々の相当の時間(毎日2~3時間程度)を学習に費やすことになります。また、診断士試験は、他の資格に比べて試験範囲(分野)が広範囲に及び、学習の仕方によってはさらに時間がかかってしまうこともあります。

 

・他の試験と比べてみると?

中小企業診断士資格取得までの学習時間は一般的に約8001000時間程度と言われています。合格までの学習時間を他の資格試験と比べてみると、少ない学習時間で合格も可能で、また仕事への応用範囲も広いので人気が高い資格試験の一つとなっています。

 

【合格までの学習時間】

                           
 

公認会計士

 
 

3600時間

 
 

税理士

 
 

2500時間

 
 

不動産鑑定士

 
 

1500時間

 
 

司法書士

 
 

1000時間

 
 

中小企業診断士

 
 

8001000時間

 
 

日商簿記検定1級

 
 

800時間

 
 

社会保険労務士

 
 

700時間

 

 

・日々の経験が試験に役立つ!

診断士試験の科目は広範囲ですが、その分、日々の生活や仕事で経験していることも多く、学習に必要となる時間は、個人の知識量や技能、職業などによっても大きく変わってきます。例えば、管理職やマネジメント層の方は「企業経営理論」、製造業や店舗運営に携わっている人は「運営管理」、IT系の職種の人は「経営情報システム」など、日常から多くのことを学んでいることが多く、比較的早期に合格レベルまで到達できる科目となります。このように、社会人経験が長い方や、大学の専攻科目によっては、一般的な学習時間よりも勉強時間の短縮も可能な試験とも言えます。

 

LECの教材はあらゆる方向から試験を徹底的に分析し、限られた時間の中で合格を目指すための効率的・効果的な学習方法を提供しています。

詳しくは「LECが選ばれる理由」をご覧ください。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/reason/


| | トラックバック (0)

中小企業診断士試験の合格率

中小企業診断士試験の合格率

 

【1次試験】

中小企業診断士の1次試験はマークシート方式の7科目で、合格基準は受験科目全体で60%以上の得点をとる必要があります。また、1科目60%以上の得点だと、翌年、その科目については試験を免除することができます。(詳しくは、こちらで紹介しています)

 

2

 

1次試験の近年の申込者数は約2万人程度で、やや減少傾向が続いていますが、ビジネスマンが取得したい資格の上位を占める人気が高い資格でもあり、高い申込者数で推移しています。

ここで、上図の受験者数を注意してみると、「申し込みしたのに受験する人数が非常に少ない」ということがわかります。すなわち受験率が低い試験であるということです。平成27年度の受験率は72%と約5000人が受験料を払ったにもかかわらず受験を諦めています。診断士試験は人気があり、手を付けやすい反面、実際の試験範囲の広さ、学習期間の長さなどでモチベーションを保つことが難しく、計画どおりの学習ができずに断念していると考えられます。

 

さて、気になる1次試験の合格率はというと、近年は約20%以上を推移しています。合格率を見ると20%以上でさらに科目合格もある試験ですので、きちんと学習をした人にとっては、比較的受かりやすいといえます。ただし、この合格率は受験者数に対する合格率です。前述したように、途中で断念した人数を考慮した合格率は約19%と低い数値となります。「計画的な学習」を行えるかどうかで合格率が大きく変わる試験といえるでしょう。

 

第1次試験は問われる範囲がとてもひろく、すべてをマスターするためには大変な時間がかかります。あれもこれもと手を広げると、ムダに時間が過ぎていきます。だから、限られた時間の中で合格を目指すためには、効率的・効果的な学習を常に心がける必要があります。そのためにどうしたらよいのかの答えがLECにあります。

詳しくは「LEC 1次対策ガイドライン」をご覧ください。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/reason/1ji_concept.html

 

【2次試験】

3

中小企業診断士の2次試験は筆記と面接(実技)の2回の試験があります。上図の合格率は筆記試験と面接の2回とも合格した場合の合格率を掲載していますが、面接試験での不合格者は例年、数人しかいませんので、筆記試験の合格率≒最終合格率と考えて良いでしょう。

 

2次試験の近年の申込者数は、毎年5000人程度で推移しています。ここで、先ほど説明した1次試験は科目によって合格率の波が激しかったのですが、2次試験の申込者数がほぼ一定となっています。すなわち、7科目全体で見ると1次試験の合格者数の調整がうまく行われているという結果になっています。

 

さて、気になる2次試験の合格率はというと、近年は約20%前後を一定的に推移しています。2次試験は相対評価となります。近年のこの傾向を参考にすると平成28年の本試験は20%超の合格率となることが予想されます。

 

・診断士試験の最終的な合格率

平成27年ベースでの1次、2次試験の合格率を見てみましょう。平成27年度は、1次試験合格率が22.4%2次試験合格率が17.8%という数字です。1回の受験で1次試験、2次試験ともに合格する「ストレート合格」の可能性は、

ストレート合格率   1次試験合格率:22.4% × 2次試験合格率:17.8% = 3.9%

という結果となります。

ストレート合格できる受験生はたったの3.9%となり、多くの受験生は2年以上かけて資格を取得していることになります。

また、申込者を平成27年度ベースのデータで詳しく見てみると、1次試験の合格者が3,426人、2次試験の申込者が5,130人という数字で、2次試験の再チャレンジの人数は、「5,130 - 3,426 = 1,704 人」となっています。1次試験を受けて合格した人は、1年間、2次試験に専念した人との競争となり、ストレート合格するのはさらに厳しいといえるでしょう。

 

このように、資格取得まで長い期間を必要とする試験であるからこそ、長期間モチベーションを高く保ちながら、計画的かつ効率的に学習を進めていく必要があります。長い方では45年かけて取得を目指している人もいます。

このようなことから、全てを自己管理する独学者に比べて、スクールに通う人のほうが、2次試験に合格しやすい結果になっている理由といえます。

 

また、2次筆記試験は1次試験と異なり、採点基準が明らかでありません。そのため、ナゾで難しい試験だと言われがちです。しかし、2次試験に攻略法があります。LECの2次試験の対策方法を紹介しています。

詳しくは「LEC 2次対策ガイドライン」をご覧ください。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/reason/2ji_concept.html




| | トラックバック (0)

合格者のプロファイル(性別・年齢・職業)

合格者のプロファイル(性別・年齢・職業)


○H27年度、中小企業診断士、受験者プロファイル 

以下、H27年度の中小企業診断士試験の受験者データのプロファイルを見てみましょう。

診断士1次試験の受験申込者は9割以上が男性で、2次試験も圧倒的に男性が多くなっています。しかし、合格率に目を向けてみると、1次試験では男性の合格率が高いのですが、2次試験では女性の合格率が高くなっています。 1次試験を突破した女性については2次試験においても試験に柔軟に対応して合格できていることが伺えます。

 

【性別】

1次試験「性別」

                                       
 

男女別人数

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

男 性

 
 

16,781

 
 

91.4%

 
 

3,193

 
 

19.0%

 
 

女 性

 
 

1,580

 
 

8.6%

 
 

233

 
 

14.7%

 
 

合 計

 
 

18,361

 
 

100.0%

 
 

3,426

 
 

18.7%

 

2次試験「性別」

                                       
 

男女別人数

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

男 性

 
 

4,797

 
 

93.5%

 
 

867

 
 

18.1%

 
 

女 性

 
 

333

 
 

6.5%

 
 

77

 
 

23.1%

 
 

合 計

 
 

5,130

 
 

100.0%

 
 

944

 
 

18.4%

 

 

数少ない女性受験者の中で中小企業診断士試験に見事合格し、現在LEC講師としても活躍している方もいます。

 http://www.lec-jp.com/shindanshi/reason/teacher/teacher_ohtsuki.html

 

【年齢】

次に、受験申込者を年齢別に見ると、1次2次試験ともに働き盛りの3040代が、受験者の約6割を占め、会社の経営や管理業務などのノウハウが必要な世代の受験者が多く見受けられます。

1次試験「年齢」

A


2次試験「年齢」

B


 一方、合格率に目を向けてみると少し様子が変わってきます。1次試験においては、申込者数の多いやはり3050代の合格率が約6割と過半数を占めていますが、2次試験は若い世代ほど合格率が高い傾向が見受けられ、20代から徐々に合格率が下がる傾向にあります。2次試験は長時間の集中が必要な試験でもあり、知力だけでなく、体力・スピード・柔軟な対応力など、様々な要素が絡み合ってきます。2次試験を突破するのに必要な能力に対して、若い世代のほうが柔軟に対応できているという結果になっています。

C

 

【受験地】

次に、受験地別の申込者数を見ると、大都市での受験者が圧倒的に多く、東京と大阪で8割弱の受験者数となっています。

1次試験の合格率は、受験者数が多い受験地区(東京、大阪など)ほど、合格率が高い傾向にあります。一方、2次試験の合格率を見ると、受験地別に合格率の大差はなく地方でも合格する人は合格できるという結果になっています。


1次試験受験者「受験地区別」

                                                                                                   
 

受験地区

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

札 幌

 
 

389

 
 

2.1%

 
 

48

 
 

12.3%

 
 

仙 台

 
 

682

 
 

3.7%

 
 

97

 
 

14.2%

 
 

東 京

 
 

10,246

 
 

55.8%

 
 

2,071

 
 

20.2%

 
 

名古屋

 
 

1,709

 
 

9.3%

 
 

283

 
 

16.6%

 
 

大 阪

 
 

3,395

 
 

18.5%

 
 

646

 
 

19.0%

 
 

広 島

 
 

709

 
 

3.9%

 
 

108

 
 

15.2%

 
 

福 岡

 
 

1,057

 
 

5.8%

 
 

151

 
 

14.3%

 
 

那 覇

 
 

174

 
 

0.9%

 
 

22

 
 

12.6%

 
 

合 計

 
 

18,361

 
 

100.0%

 
 

3,426

 
 

18.7%

 

 

2次試験受験者「受験地区別」

                                                                                         
 

受験地区

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

札幌

 
 

75

 
 

1.5%

 
 

16

 
 

21.3%

 
 

仙台

 
 

137

 
 

2.7%

 
 

26

 
 

19.0%

 
 

東京

 
 

3,165

 
 

61.7%

 
 

564

 
 

17.8%

 
 

名古屋

 
 

437

 
 

8.5%

 
 

99

 
 

22.7%

 
 

大阪

 
 

918

 
 

17.9%

 
 

178

 
 

19.4%

 
 

広島

 
 

163

 
 

3.2%

 
 

25

 
 

15.3%

 
 

福岡

 
 

235

 
 

4.6%

 
 

36

 
 

15.3%

 
 

合 計

 
 

5,130

 
 

100.0%

 
 

944

 
 

18.4%

 

 

 

【勤務先】

次に、勤務先別の受験者を見てみましょう。申込者が一番多いのは「民間企業勤務」の方で5割強、続いて「政府系金融機関」の1割程度となっています。資格はコンサルタント資格といわれていますが、多くの民間企業の方が受験をしており、会社の「あらゆる業務に役立つ資格」ということが認識されている結果ともいえます。

合格率を勤務先別に見ると、コンサルタント業の合格率は平均合格率を下回り、「コンサルタント業を行っているから合格できる資格ではない」ことが伺える。専門領域をもっているが故、独自ノウハウや業務・業界の特殊知識などが、1次試験の広範囲な知識領域や2次試験の合格に必要な要素とうまくマッチしない部分が出ているとも考えられます。

 

1次試験受験者「勤務先別」

                                                                                                                                                     
 

勤務先

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

経営コンサルタント自営業

 
 

234

 
 

1.3%

 
 

40

 
 

17.1%

 
 

税理士・公認会計士等自営業

 
 

453

 
 

2.5%

 
 

88

 
 

19.4%

 
 

上記以外の自営業

 
 

468

 
 

2.5%

 
 

91

 
 

19.4%

 
 

経営コンサルタント事業所等勤務

 
 

480

 
 

2.6%

 
 

82

 
 

17.1%

 
 

民間企業勤務

 
 

10,603

 
 

57.7%

 
 

2,144

 
 

20.2%

 
 

政府系金融機関勤務

 
 

329

 
 

1.8%

 
 

73

 
 

22.2%

 
 

政府系以外の金融機関勤務

 
 

1,966

 
 

10.7%

 
 

310

 
 

15.8%

 
 

中小企業支援機関

 
 

500

 
 

2.7%

 
 

47

 
 

9.4%

 
 

独立行政法人・公益法人等勤務

 
 

246

 
 

1.3%

 
 

54

 
 

22.0%

 
 

公務員

 
 

579

 
 

3.2%

 
 

122

 
 

21.1%

 
 

研究・教育

 
 

110

 
 

0.6%

 
 

25

 
 

22.7%

 
 

学生

 
 

400

 
 

2.2%

 
 

37

 
 

9.3%

 
 

その他(無職を含む)

 
 

1,993

 
 

10.9%

 
 

313

 
 

15.7%

 
 

合計

 
 

18,361

 
 

100.0%

 
 

3,426

 
 

18.7%

 

 

2次試験受験者「勤務先別」

                                                                                                                                                     
 

勤務先

 
 

申込者数

 
 

構成比

 
 

試験合格者数

 
 

合格率

 
 

経営コンサルタント自営業

 
 

59

 
 

1.2%

 
 

9

 
 

15.3%

 
 

税理士・公認会計士等自営業

 
 

146

 
 

2.8%

 
 

24

 
 

16.4%

 
 

上記以外の自営業

 
 

122

 
 

2.4%

 
 

23

 
 

18.9%

 
 

経営コンサルタント事業所等勤務

 
 

121

 
 

2.4%

 
 

27

 
 

22.3%

 
 

民間企業勤務

 
 

3,257

 
 

63.5%

 
 

611

 
 

18.8%

 
 

政府系金融機関勤務

 
 

95

 
 

1.9%

 
 

32

 
 

33.7%

 
 

政府系以外の金融機関勤務

 
 

429

 
 

8.4%

 
 

84

 
 

19.6%

 
 

中小企業支援機関

 
 

53

 
 

1.0%

 
 

8

 
 

15.1%

 
 

独立行政法人・公益法人等勤務

 
 

82

 
 

1.6%

 
 

11

 
 

13.4%

 
 

公務員

 
 

193

 
 

3.8%

 
 

38

 
 

19.7%

 
 

研究・教育

 
 

33

 
 

0.6%

 
 

9

 
 

27.3%

 
 

学生

 
 

48

 
 

0.9%

 
 

9

 
 

18.8%

 
 

その他(無職を含む)

 
 

492

 
 

9.6%

 
 

59

 
 

12.0%

 
 

合 計

 
 

5,130

 
 

100.0%

 
 

944

 
 

18.4%

 

 

中小企業診断士試験はとても人気の高い資格です。

社会に出てから中小企業診断士の存在や魅力を知り、学習を始める人が多いのも特徴です。
また、社会に出てもっとビジネス全般のことを知りたいと考える20代や、退職後に経験を活かしたコンサルティング活動をしたい50代以降などからも中小企業診断士は憧れの資格となっています。
経営コンサルティングというと何か特別な人の仕事のように思えますが、各年代がそれぞれの目的を持ってチャレンジしていることが特徴です。
あなたもぜひ、挑戦を始めてみませんか?



| | トラックバック (0)